★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
12/12
11/27-12/1
東証M 9266
一家ダイニングプロジェクト
2,250円
2,250-2,450円
C
12/12
11/27-12/1
東証1部 8919
カチタス
1,640円
1,500-1,640円
D
12/13
11/27-12/1
東証1部 9143
SGホールディングス
1,580円
1,540-1,620円
D
12/13
11/27-12/1
東証M 6698
ヴィスコ・テクノロジーズ
4,820円
4,720-4,920円
C
12/13
11/27-12/1
東証1部 3611
マツオカコーポレーション
2,420円
2,420-2,600円
D
12/13
11/28-12/4
東証M 3486
グローバル・リンク・マネジメント
2,320円
2,320-2,620円
C
12/14
11/28-12/4
東証1部 7198
アルヒ
1,340円
1,150-1,340円
D
12/14
11/29-12/5
東証M 6560
エル・ティー・エス
630円
630-680円
A
12/15
11/29-12/5
東証M 6561
HANATOUR JAPAN
2,580円
1,900-2,000円
D
12/15
11/29-12/5
東証M 2334
イオレ
1,780円
1,750-1,890円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 6562
ジーニー
1,220円
1,220-1,350円
B
12/18
11/30-12/6
東証M 3999
ナレッジスイート
2,000円
1,800-2,000円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 3998
すららネット
2,040円
1,900-2,040円
B
12/18
12/1-12/7
JQS 3540
歯愛メディカル
3,210円
3,210-3,300円
D
12/19
12/1-12/7
東証M 6563
みらいワークス
1,590円
1,700-1,840円
A
12/20
12/4-12/8
東証 4249
森六ホールディングス
2,610円
2,610-2,700円
D
12/20
12/5-12/11
東証 6235
オプトラン
1,460円
1,420-1,460円
D
12/21
12/5-12/11
東証2部 7199
プレミアグループ
2,260円
2,260-2,320円
D
12/22
12/5-12/11
名証2部 6564
ミダック
1,250円
1,200-1,300円
C
12/25
12/7-12/13
東証2部 6566
要興業
700円
700-750円
D
12/25
12/8-12/14
JQS
名証2部
6565
ABホテル
1,400円
1,400-1,500円
C
12/26
12/8-12/14
東証2部 9268
オプティマスグループ
1,710円
1,710-1,800円
D

イオレ(2334)とみらいワークス(6563)のIPOにSBI証券のIPOチャレンジポイントを使うかどうか!?

待ちに待ったSBI証券IPO主幹事案件のイオレ(2334)とみらいワークス
(6563)ですが、早くもIPO愛好家の方たちの間ではSBI証券IPOチャレ
ンジポイントを使うかどうかの話題で盛り上がっているようです。

sbiscecp2017.11.30

先日以下のイオレ(2334)とみらいワークス(6563)それぞれのIPO新規
上場承認記事のときに書きました通り、この問題は100株配分となるか200
株配分となるかで、IPOチャレンジポイントを使用するか止めておくかの
判断がかなり変わってきます。

イオレ(2334)IPO新規上場承認
みらいワークス(6563)IPO新規上場承認

イオレ(2334)にしてもみらいワークス(6563)にしても東証マザーズ
市場への上場の小型案件ということで人気化は必至と思われ、どちらも
堅調発進しそうな銘柄なので本当に悩ましいところですね。

せっかく数年かけて貯めたIPOチャレンジポイントなので悩むのも無理は
ありません。実際管理人もかなり悩んでいますので^^;

そして両社の記事のときにも書きました直近IPOIPOチャレンジポイン
を使用した際のSBI証券のIPO配分傾向を参考までに再度掲載させて頂
きたいと思います。

SBI証券のIPO株配分傾向

IPO銘柄 IPO株数 IPO配分数
エルテス 2,485枚 100株
キャリアインデックス 4,968枚 200株
シンシア 5,000枚 300株
リネットジャパングループ 2,875枚 200株
ピーバンドットコム 8,600枚 300株
No.1 5,060枚 200株
ネットマーケティング 11,040枚 300株
アセンテック 4,510枚 200株
ビーブレイクシステムズ 3,432枚 200株
ディーエムソリューションズ 2,260枚 100株
イオレ 2,932枚 ?
みらいワークス 2,396枚 ?

※上記表のIPO株数はOAを含めた数字となります。

もし上記表の傾向となればイオレ(2334)は200株配分みらいワークス
(6563)は100株配分となりそうです。もちろん何度も申し上げますが、
IPOチャレンジポイントを使用した際のIPO配分数の明確なルールは公開
されておりませんので、最終的にはSBI証券次第となるため、あくまでも
傾向と予測となりますことをあらかじめご理解及びご了承下さい。

そしてこれはあくまでもウワサレベルですが、IPOチャレンジポイント
ポイントボーダーラインは300ポイント前後とのことです。
もちろんこれも根拠はなく、あくまでもウワサレベルです。

個人的にはこのIPOチャレンジポイントの1ポイントの価値は2,000円程度
と考えているため、仮に300ポイント使用でイオレ(2334)で200株配分
だとすれば初値は2.7倍程度行かないといけません。

みらいワークス(6563)に関しては100株配分だとすれば、初値は4.8倍
程度
行く必要があります。2.7倍はまだ可能性がありますが、4.8倍となる
とさすがにやや厳しいでしょうかね。

現実的に考えて上記傾向がもし当てはまるとすればやはりIPOチャレンジ
ポイント
を使うのであれば200株配分の可能性が高いイオレ(2334)に使
うのが妥当なところでしょうか。

もちろん今回が最後というわけではありませんので、まだ使わないという
選択肢もありますが。本当に悩ましいところですね。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbiscecp2017.11.30

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.12.31

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2017.12.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

2 Responses to “イオレ(2334)とみらいワークス(6563)のIPOにSBI証券のIPOチャレンジポイントを使うかどうか!?”

  1. モモパンダ より:

    いつも詳しい分析ありがとうございます。
    私もそろそろポイントを使いたいと思っていたので、とても参考になります。
    本当にこの2つは悩ましいところですね。この分析を読んで、イオレ200株の賭ける方がいいのでは?と思いました。
    ただし私の場合は持ち点が300ptには遠く及ばないので、ポイントでの当選はまだ無理だというのも分かりました。あと2年ほど頑張って貯めます!

    • 西 和仁 より:

      こんにちは、モモパンダさん。

      少しでも参考になって良かったです。
      私もIPOチャレンジポイントを使うかどうかは
      別として使うのであればイオレ(2334)かと
      思っています。

      どうするか決めたのですが再考しています^^;

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

コインチェック


IPO投資に必要な証券会社

sbisec






立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten








このページの先頭へ