★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
4/25
4/7-4/13
東証M 3565
アセンテック
1,720円
1,840-2,000円
A

苦節9年!IPO利益が1,300万円を超えました!

一昨年(2014年)の10月以降更新していなかった個人的なIPO利益
ですが、タイトル通り2016年1月13日現在、苦節9年で1,300万円
超えることができました。正確には13,233,900円です。

13,233,900円

この利益はIPO当選し、すべて初値にて売却した数字でIPOセカン
ダリや、税金手数料その他の損益は一切含んでおりません。
純粋なIPO初値売却益です。

今年でIPO暦10年目となり、当IPOブログも10年目へ突入となり、
10年という一つの大きな節目を迎えようとしています。

当初IPOを始めた頃は数百万円しか手元になく、資金移動を繰り返す
日々でしたが、ようやく資金移動はそこそこでほぼすべての証券会社
からIPO申し込みができるまでになりました。

まだまだ裁量配分(店頭配分)でIPO株をもらえるような金額では
ありませんが、それなりに貯金も増えました。ごくわずかですが^^;

もちろん裏技的に見せ金で1~2回程度であれば裁量でIPO株を頂く
ことができるかもしれませんが、そこまでして・・・
というのが正直な所であります。

貪欲さが足りないと言われればそれまでですが、今の調子で利益が
増えてくれれば、それほど文句はありません。逆に贅沢ですね。

しかしながらやはり小資金裁量配分(店頭配分)無し完全抽選
のみで勝負するのであれば、証券口座の数が勝負の分かれ道です。
これはもうIPO投資を行う上では絶対条件であると思います。

これまでもあらゆる記事で何度も申し上げていますが、IPO投資
本当に利益を出したいとお考えの方は、まずは証券口座の数を多く
作られることを最優先でオススメ致します。

IPOは主幹事でないと当たらないと思われがちですが、決してその
ようなことはありません。もちろん主幹事での当選が一番確率が高い
ことは否定できませんが、根気強くIPO申し込みをしていれば、必ず
平幹事でも当選の2文字を見ることができます。

実際に私自身これまでに何度も主幹事でなく平幹事からIPOの当選
完全抽選枠で頂いた経験がありますので。

今年でIPO暦10年を迎え、これまでのIPO利益1,300万円を少ないと
思われるか多いと思われるかは人それぞれの価値観だと思いますが、
これだけ素人同然の私でも利益を出すことができたのですから、他の
方ができないわけがありません。

今年(2016年)昨年(2015年)世間を賑わし、IPOの名を広めた
日本郵政グループ3社(日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行)
上場以降、証券口座の数が右肩上がりに増えていると聞きます。

その分、当選は困難になってくるかもしれませんが、それでも諦めず
チャレンジし続ければ、抽選なので必ず当選する日がやってきます。

主幹事だから、平幹事だからということで分け隔てなく面倒くさがら
ずに申し込んでいくのがIPO投資の最大の秘訣であると思います。

中でも管理人の個人的にオススメする証券会社をランキング形式で
掲載しているページがありますので、ぜひ参考にされてみて下さい。
特に当選回数は参考になると思います。

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2016.1.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp7.31

マネックス証券公式サイト
マネックス証券IPO

burogumura1
⇒ ブログ村 IPO 新規公開株

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の自動取引 ウェルスナビ

当ブログ一押しキャンペーン

IPO投資に必要な証券会社

sbisec







立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ