★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
3/7
2/17-2/23
東証M 3558
ロコンド
1,660円
1,660-1,850円
D
3/9
2/21-2/27
東証M 3559
ピーバンドットコム
1,550円
1,530-1,650円
C
3/15
2/28-3/6
東証M 9325
ファイズ
1,200円
1,200-1,250円
A
3/16
2/28-3/6
JQS 3560
ほぼ日
2,300円
2,250-2,350円
C
3/16
2/28-3/6
東証M 3979
うるる
2,840円
-円
D
3/17
3/1-3/7
東証M 6544
ジャパンエレベーターサービスHD
530円
-円
C
3/17
3/2-3/8
東証M 3981
ビーグリー
1,820円
-円
D
3/21
3/2-3/8
東証M 6545
インターネットインフィニティー
1,240円
-円
A
3/21
3/2-3/8
東証M 3561
力の源ホールディングス
540円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証M 3982
エスキュービズム
1,250円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証2部 6546
フルテック
540円
-円
D
3/22
3/6-3/10
東証 3978
マクロミル
2,050円
-円
D
3/23
3/6-3/10
東証2部 6547
グリーンズ
1,350円
-円
D
3/24
3/7-3/13
東証M 3983
オロ
1,930円
-円
D
3/24
3/7-3/13
東証M 4597
ソレイジア・ファーマ
180円
-円
D
3/27
3/8-3/14
東証M 3479
ティーケーピー
5,890円
-円
D
3/28
3/9-3/15
JQS 3562
No.1
1,470円
-円
B
3/28
3/9-3/15
JQS 6694
ズーム
1,460円
-円
C
3/29
3/10-3/16
東証 3964
オークネット
1,070円
-円
D
3/30
3/14-3/21
東証M 3984
ユーザーローカル
2,860円
-円
A
3/30
3/14-3/17
東証 3563
スシローグローバルHD
3,900円
-円
D
3/31
3/13-3/17
JQS 6175
ネットマーケティング
1,010円
-円
C

2016年のIPO総括とランキングと雑感と年末のご挨拶!

2016年も残すところあと12時間となりました。
年初に東証の社長さんは今年のIPO件数は100社超えをとおっしゃって
いましたが、残念ながら惜しくも100社には届かずで、今年のIPO件数
83社となりました。来年は100社超えしてほしいですね^^

2016年IPO83社

リートIPO及び上場中止及び延期となったオークネットZMPの2社は
除いています。ZMPは本当に残念でしたね><

そして例年する架空の話ですが^^;
もし今年(2016年)のすべてのIPOに当選してすべて初値にて売却した
場合の利益は11,096,300円とIPO件数の割には少なかったようです。

ちなみに2016年のIPO総件数は83社
公募価格を上回ったIPOは67社
公募価格と同値のIPOはわずか1社
公募価格を下回ったIPOは15社
となっております。

下記に過去統計も記載させて頂いておりますので合わせてご覧下さい。

直近3年の上記のIPO件数と架空利益
2015年のIPO件数は92社で架空利益は14,931,200円
2014年のIPO件数は77社で架空利益は14,326,500円
2013年のIPO件数は54社で架空利益は11,311,800円

そして次にこれまた例年のどうでもいいようなランキングですが^^;
一応個人的には毎年恒例なので以下に記載させて頂きます。

騰落率トップ3
1位:グローバルウェイ 373.0%
2位:はてな 278.1%
3位:エルテス 263.7%

騰落率ワースト3
1位:ユー・エム・シー・エレクトロニクス -17.3%
2位:アイドママーケティングコミュニケーション -14.6%
3位:ウイルプラスホールディングス -8.0%

利益額トップ3
1位:グローバルウェイ +1,104,000円
2位:アトラエ +732,000円
3位:イノベーション +593,000円

損益額ワースト3
1位:ユー・エム・シー・エレクトロニクス -52,000円
2位:アイドママーケティングコミュニケーション -21,000円
3位:アカツキ -15,500円

個人的には唯一エルテスだけが絡んでいます^^;

とまあなんだかんだとデータを書き出してみましたが、やはりIPO投資
ローリスクハイリターンな投資法であると個人的には思います。

もちろん根気と労力はそれなりに必要ですが、ある程度の軍資金があれ
ば本当に誰でもできる唯一の比較的簡単な投資法ではないでしょうか。

もちろん管理人は来年以降も引き続きこのIPO投資にチカラを入れて、
少しでも資産を増やしていきたいと思っています。

最後になりましたが
読者の皆様、今年も1年閲覧下さいまして誠にありがとうございました。
来年も皆様にとって良き年になりますように!
そして引き続き当ブログをご愛顧下さいます様よろしくお願い致します。

結局今年の収支表を作ろうと思いましたが間に合いませんでした^^;
良いお年をお迎え下さいませ。

IPO投資用オススメ証券会社

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.1.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

当ブログ一押しキャンペーン

IPO投資に必要な証券会社

sbisec








立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ