★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
12/15
11/29-12/5
東証M 2334
イオレ
1,780円
1,750-1,890円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 6562
ジーニー
1,220円
1,220-1,350円
B
12/18
11/30-12/6
東証M 3999
ナレッジスイート
2,000円
1,800-2,000円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 3998
すららネット
2,040円
1,900-2,040円
B
12/18
12/1-12/7
JQS 3540
歯愛メディカル
3,210円
3,210-3,300円
D
12/19
12/1-12/7
東証M 6563
みらいワークス
1,590円
1,700-1,840円
A
12/20
12/4-12/8
東証1部 4249
森六ホールディングス
2,610円
2,610-2,700円
D
12/20
12/5-12/11
東証1部 6235
オプトラン
1,460円
1,420-1,460円
D→C
12/21
12/5-12/11
東証2部 7199
プレミアグループ
2,260円
2,260-2,320円
D
12/22
12/5-12/11
名証2部 6564
ミダック
1,250円
1,200-1,300円
C→B
12/25
12/7-12/13
東証2部 6566
要興業
700円
700-750円
D
12/25
12/8-12/14
JQS
名証2部
6565
ABホテル
1,400円
1,400-1,500円
C→B
12/26
12/8-12/14
東証2部 9268
オプティマスグループ
1,710円
1,710-1,800円
D

2017年4月IPO5社のIPO参加スタンス!

いよいよ4月新年度に入っております。
3月のIPOラッシュがウソのように4月は静かなスタートとなっています。
残念ながらもう時期的に4月上場5社で打ち止めですね。

今後はゴールデンウィークも入ってくるので益々IPO市場は閑散期となる
ため、昨日(4月3日)現在で今のことろ5社IPO(新規上場)が発表さ
れており、すでに2銘柄の抽選が終了していますが、残る銘柄でなんとか
当選を引き当てたいところです。

ということで管理人の4月IPO5社のIPO参加スタンスを下記に掲載したい
と思います。すでに抽選が終了している銘柄もあります。

2017年4月IPO参加スタンス

テモナ(3985) 4月6日上場

上場市場:東証マザーズ
IPO申し込み期間:3月22日~3月28日すでに終了
初値予想:A級評価
IPO主幹事:SMBC日興証券
管理人申し込みスタンス:全力申し込みすでに全滅

ウェーブロックホールディングス(7940) 4月10日上場

上場市場:東証二部
IPO申し込み期間:3月23日~3月28日すでに終了
初値予想:D級評価
IPO主幹事:みずほ証券
管理人申し込みスタンス:SBI証券のみ申し込み(すでに落選
備考:IPO仮条件IPO想定価格に対して引き下げられました。

LIXILビバ(3564) 4月12日上場

上場市場:東証一部
IPO申し込み期間:3月28日~3月31日すでに終了
初値予想:D級評価
IPO主幹事:野村證券・SMBC日興証券(2社共同主幹事)
管理人申し込みスタンス:SBI証券のみ申し込み(すでに落選
備考:IPO公募価格IPO仮条件の上限で決まらずでした。

旅工房(6548) 4月18日上場

上場市場:東証マザーズ
IPO申し込み期間:4月3日~4月7日申し込み期間中
初値予想:A級評価
IPO主幹事:大和証券
管理人申し込みスタンス:全力申し込み

アセンテック(3565) 4月25日上場

上場市場:東証マザーズ
IPO申し込み期間:4月7日~4月13日申し込み期間前
初値予想:A級評価
IPO主幹事:SBI証券
管理人申し込みスタンス:全力申し込み

管理人の4月のIPO5社のIPO参加スタンスは上記の通りとなっております
が、中でもやはり悩ましいのが最後のアセンテック(3565)ですね。

SBI証券主幹事案件ということでIPOチャレンジポイントを使うかどうか
がかなり悩ましいです。IPO株数的に予想では200株1セット配分となる
と思われますが、万が一100株配分だった場合は1ポイントあたりの評価
価格がかなり下がってしまいます。

ゴールデンウィーク明けまでIPOが無い空白期間と考えると人気化必至
な銘柄となりそうなので、余計に悩ましいですね。

そしておそらくこれも個人的な勝手な見解ですが、必要なIPOチャンジ
ポイント数は250ポイント~300ポイント程度ではないかと思われます。
これだけ使って100株配分だとさすがに評価価格が落ちそうですが。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.5.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.6.30

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

2 Responses to “2017年4月IPO5社のIPO参加スタンス!”

  1. のんびり より:

    もう、SBIは億りひとじゃないと金額ベースでは当選無理ですね。ひたすら、ポイントためて3年に一度当選を狙う感じでしょうか。

    • 西 和仁 より:

      おはようございます、のんびりさん。

      そうでもないと思いますよ。
      私なんて全然億り人ではありませんが
      たまに資金枠で当選しますし。

      100万ぐらいの資金でA級銘柄に当選した
      経験もありますから^^

      IPOチャレンジポイントを200ポイント~
      300ポイント貯めてA級銘柄に使うという
      やり方が堅いでしょうけどね^^

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

コインチェック


IPO投資に必要な証券会社

sbisec






立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten








このページの先頭へ