★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
12/15
11/29-12/5
東証M 2334
イオレ
1,780円
1,750-1,890円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 6562
ジーニー
1,220円
1,220-1,350円
B
12/18
11/30-12/6
東証M 3999
ナレッジスイート
2,000円
1,800-2,000円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 3998
すららネット
2,040円
1,900-2,040円
B
12/18
12/1-12/7
JQS 3540
歯愛メディカル
3,210円
3,210-3,300円
D
12/19
12/1-12/7
東証M 6563
みらいワークス
1,590円
1,700-1,840円
A
12/20
12/4-12/8
東証1部 4249
森六ホールディングス
2,610円
2,610-2,700円
D
12/20
12/5-12/11
東証1部 6235
オプトラン
1,460円
1,420-1,460円
D→C
12/21
12/5-12/11
東証2部 7199
プレミアグループ
2,260円
2,260-2,320円
D
12/22
12/5-12/11
名証2部 6564
ミダック
1,250円
1,200-1,300円
C→B
12/25
12/7-12/13
東証2部 6566
要興業
700円
700-750円
D
12/25
12/8-12/14
JQS
名証2部
6565
ABホテル
1,400円
1,400-1,500円
C→B
12/26
12/8-12/14
東証2部 9268
オプティマスグループ
1,710円
1,710-1,800円
D

3月IPO(新規上場)の公募価格及び初値価格まとめ!

3月は昨年に引き続きIPOラッシュとなり、上場延期という番狂わせも
ありましたが、全21社ものIPO新規上場がありました。本当に忙しい月
となりましたね。リートインフラファンドは除いています。

しかも稀に見るIPOバブルとなり、吸収金額が大きいものや不人気市場
となる東証2部案件なども予想外に健闘したので、果敢に突撃された方
は大きく利益を伸ばすことができたのではないでしょうか。

私は相変わらずのチキンぶりで上記のような怪しそうな銘柄はおおむね
スルーしてしまっているので、少々残念な感じです。

まあただ3月前半IPO歴10年の中でも初の6銘柄連続当選という経験も
でき、おかげで早々にIPO利益が100万円をギリギリですが超えること
ができたので、個人的には満足しています。

2017年3月IPO

IPO銘柄 IPO公募価格 IPO初値価格 IPO売却損益
ロコンド 1,850円 2,625円 +77,500円
ピーバンドットコム 1,650円 3,530円 +188,000円
ファイズ 1,250円 4,010円 +276,000円
うるる 3,000円 3,330円 +33,000円
ほぼ日 2,350円 5,360円 +301,000円
ジャパンエレベーターサービスHD 550円 890円 +34,000円
ビーグリー 1,880円 1,881円 +100円
インターネットインフィニティー 1,320円 5,040円 +372,000円
力の源HD 600円 2,230円 +163,000円
フルテック 600円 1,230円 +63,000円
マクロミル 1,950円 1,867円 -8,300円
グリーンズ 1,400円 1,521円 +12,100円
ソレイジア・ファーマ 185円 234円 +4,900円
オロ 2,070円 4,750円 +268,000円
ティーケーピー 6,060円 10,560円 +450,000円
ズーム 1,520円 2,278円 +75,800円
No.1 1,570円 3,460円 +189,000円
オークネット 1,100円 1,300円 +20,000円
ユーザーローカル 2,940円 12,500円 +956,000円
スシローグローバルHD 3,600円 3,430円 -14,000円
ネットマーケティング 1,140円 1,552円 +41,200円

そして上記をご覧の通り全21社の上場に対して公募割れした銘柄は
わずかに2社のみとなっております。素晴らしい成績ですね。

完全にタラレバですが、仮にすべてのIPOに当選して初値で売却して
いれば3,502,300円の利益が出せたということになります。
さすがにそのような猛者はいらっしゃらないと思いますが^^;

このIPOバブルがいつまで続くかわかりませんが、4月以降もこの
IPO好地合が続くと良いのですが。
と、その前にIPOに当選しないといけませんけどね^^;

日経ヴェリタス(第479号)2017年4月2日~4月8日分のIPO特集記事
に掲載されました。ありがとうございます。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.5.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.6.30

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

コインチェック


IPO投資に必要な証券会社

sbisec






立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten








このページの先頭へ