★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

松井証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2018年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
6/26
6/7-6/13
東証1部 9274
国際紙パルプ商事
344円
314-344円
C
6/27
6/11-6/15
東証M 4388
エーアイ
800円
900-1,000円
A
6/27
6/11-6/15
東証M 4389
プロパティデータバンク
1,660円
1,660-1,780円
A
6/27
6/11-6/15
東証M 4390
アイ・ピー・エス(IPS)
3,730円
3,730-3,900円
B
6/29
6/12-6/18
東証 7030
スプリックス
2,180円
2,180-2,400円
D
7/4
6/18-6/22
東証M 4391
ロジザード
770円
800-900円
A
7/5
6/19-6/25
東証M 1446
キャンディル
1,160円
1,160-1,180円
A
7/10
6/22-6/28
東証M 7806
MTG
5,290円
5,290-5,800円
C
7/23
7/4-7/10
東証M 7033
MSOL
2,010円
-円
A
7/24
7/6-7/12
東証M 4393
BOI
870円
-円
A
7/25
7/6-7/12
東証M 3491
GA technologies
2,130円
-円
A
7/26
7/9-7/13
東証M 4394
エクスモーション
3,200円
-円
B
7/26
7/10-7/17
東証M 4395
アクリート
690円
-円
A
7/27
7/10-7/17
東証M 7034
プロレド・パートナーズ
4,100円
-円
C

SBI証券のIPOチャレンジポイントの謎!?

先日SBI証券IPO主幹事案件でIPOチャレンジポイントで話題となった2社
イオレ(2334)とみらいワークス(6563)ですが、おおよその1ポイント
あたりのIPOチャレンジポイント単価が判明しました。

sbiseccp2018.1.31

真実に近い数字ではあると思われますが、もちろんあくまでもネット上の
ウワサレベルであって真実かどうか100%完全回答とは言えません。
読者様情報や人様のブログを色々徘徊して集めた数字です。

イオレ(2334) 12月15日(金)東証マザーズ上場

公募価格:1,890円
初値価格:5,100円(2日目の初値形成)
初値売却益:+321,000円
IPOチャレンジポイント使用時のIPO配分株数:100株
IPOチャレンジポイントボーダーライン:296ポイント
IPOチャレンジポイント1ポイントあたりの単価:1,084円

みらいワークス(6563) 12月19日(火)東証マザーズ上場

公募価格:1,840円
初値価格:6,080円(2日目の初値形成)
初値売却益:+424,000円
IPOチャレンジポイント使用時のIPO配分株数:100株
IPOチャレンジポイントボーダーライン:286ポイント
IPOチャレンジポイント1ポイントあたりの単価:1,482円

上記IPOチャレンジポイントボーダーラインはあくまでもボーダーライン
なので、もちろん上記数字以上に投入している方もたくさん見掛けました
ので、1ポイントあたりの単価がさらに少ない方もいらっしゃいます。

特に今回のイオレ(2334)の方は過去統計から見ると200株配分が濃厚
だったにも関わらず100株配分となり、特に300ポイント以上投入された
方は本当に残念な思いをされたことと思います。私も過去に200ポイント
以上を丸々無駄遣いした経験があるのでよくわかります^^;

この2社の結果を見るとイオレ(2334)よりもみらいワークス(6563)に
IPOチャレンジポイントを入れた方が正解だったと言えますが、これまで
の過去統計的に見れば残念ながらどちらも失敗です^^;

今年(2017年)は特にIPOバブルな1年だったのでIPOチャレンジポイント
の1ポイントあたりの単価が多いときで4,000円以上の価値がありました。

4,000円はさすがに欲張りかもしれないので、個人的には2,000円が妥当
な価値だと考えているため、私自身も今回のみらいワークス(6563)で
IPOチャレンジポイント使用もまたもや失敗となりました><

なかなかIPOチャレンジポイントで自分の求める単価を得るのは難しい
です。わすか数ポイント届かなかったり、無駄なポイントを使ってしまっ
たりと、これまでに色々と残念な経験をしています^^;

ただ今回イオレ(2334)のSBI証券IPOチャレンジポイントの配分数が
過去統計的に見れば200株配分が濃厚でした。これがいざフタを開ければ
100株配分となると来年(2018年)以降はIPOチャレンジポイントの使用
戦略を考えなおさなければいけないかもしれませんね。

とりあえずこの2社と似たIPOが登場した際はまずは飛び付かずに落ち着
いて様子を見るということが正解となりそうですね。
とにかく複数配分廃止ということだけは避けてほしいと願います。

ちなみにみらいワークス(6563)は2日連続ストップ高となっています。
上場初日のどなたかの下手くそな売りはなんだったのでしょうか^^;

みらいワークス(6563)IPO日足・売買高チャート(2017年12月22日)
みらいワークス(6563)IPO日足・売買高チャート

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.12.31

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2017.12.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SBI証券

sbisec

70%を完全抽選
30%をチャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

SMBC日興証券

10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

カブドットコム証券

・平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!


岡三オンライン証券

100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

ライブスター証券

100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

10%以上を完全抽選

東洋証券

10%以上を完全抽選

松井証券

70%完全抽選

丸三証券

10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

当ブログ一押しFXキャンペーン

インヴァスト証券ETF


インヴァスト証券


FXトレーディングシステムズ

QRコード

スマートフォンや携帯でも当ブログをご覧頂けるようにQRコードを設置しました。

このページの先頭へ