★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
12/15
11/29-12/5
東証M 2334
イオレ
1,780円
1,750-1,890円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 6562
ジーニー
1,220円
1,220-1,350円
B
12/18
11/30-12/6
東証M 3999
ナレッジスイート
2,000円
1,800-2,000円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 3998
すららネット
2,040円
1,900-2,040円
B
12/18
12/1-12/7
JQS 3540
歯愛メディカル
3,210円
3,210-3,300円
D
12/19
12/1-12/7
東証M 6563
みらいワークス
1,590円
1,700-1,840円
A
12/20
12/4-12/8
東証1部 4249
森六ホールディングス
2,610円
2,610-2,700円
D
12/20
12/5-12/11
東証1部 6235
オプトラン
1,460円
1,420-1,460円
D→C
12/21
12/5-12/11
東証2部 7199
プレミアグループ
2,260円
2,260-2,320円
D
12/22
12/5-12/11
名証2部 6564
ミダック
1,250円
1,200-1,300円
C→B
12/25
12/7-12/13
東証2部 6566
要興業
700円
700-750円
D
12/25
12/8-12/14
JQS
名証2部
6565
ABホテル
1,400円
1,400-1,500円
C→B
12/26
12/8-12/14
東証2部 9268
オプティマスグループ
1,710円
1,710-1,800円
D

ビーブレイクシステムズ(3986)のIPO(新規上場)初値結果とIPOセカンダリ参戦、そしてIPOチャレンジポイントの価値!

ビーブレイクシステムズ(3986)IPO(新規上場)の初値が2日目
して公募価格1,670円に対して7,700円約4.6倍上回る形での初値形成
となりました。朝の寄り前気配は7,100円程度だったのでIPO株保有の
方はさらに嬉しい結果となりましたね。

さすがおよそ2か月間IPO空白期間明けのIPOですね。予想以上の大
健闘です。ご当選された方おめでとうございます。

ビーブレイクシステムズ(3986)
公募価格:1,670円
初値価格:7,700円
初値売却益:+603,000円
昨日終値:8,200円

一撃603,000円の利益となっていますがSBI証券IPOチャレンジポイ
ントを使用してIPO株を取得された方は200株配分のはずなので、単純
2倍1,206,000円の利益となっているはずです。ほぼ私の今年半期
のIPO利益(1,395,000円)ですね^^;

一撃100万円を超えるとさすがに羨ましいです。
さらにもしNISA口座での取得であれば、本来支払わなければいけない
約24万円の税金が非課税となりますので、これもラッキーですね^^

ビーブレイクシステムズ(3986)IPO日中足・5分足チャート
ビーブレイクシステムズ(3986)IPO日中足・5分足チャート2017.6.16

そして昨日は時間があったのでビーブレイクシステムズ(3986)の
IPOセカンダリ100株のみのチキンですが参戦しました。

ストップ高を期待したのですが高値は8,300円止まりで失速となり、
上記チャート画像をご覧の通り終始ヒヤヒヤさせられる乱高下が続き
ましたが、予想外に出来高も少なく少々ノンビリした展開だったよう
に思います。さすがに引け間際は一気に動きましたが。

7,300円逆指値を入れていたのでギリギリセーフでしたが、欲を出
してしまい、結果的に売らずの持ち越しとなってしまいました^^;

ビーブレイクシステムズ(3986)IPOセカンダリ
ビーブレイクシステムズ(3986)IPOセカンダリ

週末リスクを背負う形となってしまいましたが週明けの即金規制解除
の恩恵に授かれることに期待したいところです。

そして今回のこのビーブレイクシステムズ(3986)のSBI証券IPO
チャレンジポイント当選ボーダーライン300ポイント手前と聞い
ております。

計算しやすいように300ポイントでIPOチャレンジポイント1ポイント
あたりの価値を計算してみると4,020円となります。
個人的には2,000円を超えれば十分と考えていますので、倍の価値
なりました。十二分過ぎる結果となったのではないでしょうか。
IPO投資をされている方はSBI証券に口座が無いだけで機会損失

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.7.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.6.30

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2017.6.30

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

3 Responses to “ビーブレイクシステムズ(3986)のIPO(新規上場)初値結果とIPOセカンダリ参戦、そしてIPOチャレンジポイントの価値!”

  1. まりん より:

    はじめまして
    チャレンジポイントについて質問です。
    当方、ipoチャレンジポイントを70使用して100株当選しました。
    チャレンジポイントのボーダラインが300ポイント、ということは
    今回、たまたま当選しただけで、中途半端にチャレンジポイントを使ってもあまり当選に効果はないということなのでしょうか?

    • 西 和仁 より:

      おはようございます、まりんさん。

      おっしゃる通り資金枠の完全抽選枠で当選した
      ということになり、IPOチャレンジポイント70
      ポイントの効果はありません。

      私も経験ありますが、結果的には無駄遣いと
      なっています。

      でも初値が高騰したのでポイント価値は十分
      あるので、それはそれで良かったと思いますよ^^
      おめでとうございます。

  2. まりん より:

    お返事ありがとうございます。

    今まで、何度も何度も抽選枠で落ちまくっていたので、とにかく当選したい!と思って有望なIPOにはチャレンジポイントを毎回つっこんでいました(笑)
    ありがとうございます。
    勉強になりました。

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

コインチェック


IPO投資に必要な証券会社

sbisec






立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten








このページの先頭へ