★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
12/12
11/27-12/1
東証M 9266
一家ダイニングプロジェクト
2,250円
2,250-2,450円
C
12/12
11/27-12/1
東証1部 8919
カチタス
1,640円
1,500-1,640円
D
12/13
11/27-12/1
東証1部 9143
SGホールディングス
1,580円
1,540-1,620円
D
12/13
11/27-12/1
東証M 6698
ヴィスコ・テクノロジーズ
4,820円
4,720-4,920円
C
12/13
11/27-12/1
東証1部 3611
マツオカコーポレーション
2,420円
2,420-2,600円
D
12/13
11/28-12/4
東証M 3486
グローバル・リンク・マネジメント
2,320円
2,320-2,620円
C
12/14
11/28-12/4
東証1部 7198
アルヒ
1,340円
1,150-1,340円
D
12/14
11/29-12/5
東証M 6560
エル・ティー・エス
630円
630-680円
A
12/15
11/29-12/5
東証M 6561
HANATOUR JAPAN
2,580円
1,900-2,000円
D
12/15
11/29-12/5
東証M 2334
イオレ
1,780円
1,750-1,890円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 6562
ジーニー
1,220円
1,220-1,350円
B
12/18
11/30-12/6
東証M 3999
ナレッジスイート
2,000円
1,800-2,000円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 3998
すららネット
2,040円
1,900-2,040円
B
12/18
12/1-12/7
JQS 3540
歯愛メディカル
3,210円
3,210-3,300円
D
12/19
12/1-12/7
東証M 6563
みらいワークス
1,590円
1,700-1,840円
A
12/20
12/4-12/8
東証 4249
森六ホールディングス
2,610円
2,610-2,700円
D
12/20
12/5-12/11
東証 6235
オプトラン
1,460円
1,420-1,460円
D
12/21
12/5-12/11
東証2部 7199
プレミアグループ
2,260円
2,260-2,320円
D
12/22
12/5-12/11
名証2部 6564
ミダック
1,250円
1,200-1,300円
C
12/25
12/7-12/13
東証2部 6566
要興業
700円
700-750円
D
12/25
12/8-12/14
JQS
名証2部
6565
ABホテル
1,400円
1,400-1,500円
C
12/26
12/8-12/14
東証2部 9268
オプティマスグループ
1,710円
1,710-1,800円
D

イオレ(2334)のIPO(新規上場)初値予想!IPOチャレンジポイントアンケートあり!

イオレ(2334)のIPO(新規上場)第一弾初値予想がIPO想定価格ベー
ス(1,780円)ですが大手初値予想会社より発表されたようです。

イオレ(2334)のIPO(新規上場)初値予想
イオレ(2334)IPO初値予想

イオレ(2334)IPO新規上場承認(過去記事)

イオレ(2334)のIPO想定価格は1,780円となっているため、現時点では
公募価格の2.1倍~2.4倍程度の初値形成になるのではないかとの、強めの
初値予想となっており、それに伴って評価も5段階中の最上級クラスのA
級評価
となっているようです。
このイオレ(2334)も数多い12月IPOの中でも数少ないA級銘柄です。

このイオレ(2334)のIPO仮条件は明日(11月27日)に決定する予定と
なっており、IPO仮条件決定情報及び変更初値予想などについては追加
情報が入り次第、当記事の最下部に追記致します。

イオレ(2334)の主な事業内容はIPO新規上場承認記事のときにも書き
ました通りグループコミュニケーション支援サービス及びプライベート
DMPサービス事業ということでIPO的には人気化しやすいドストライク
ネット関連銘柄となります。

ロックアップの掛かっていないベンチャーキャピタルの保有株もあり、
上場日は12月15日(金)10社上場する怒涛の12月第三週IPOラッシュ
の終盤戦、そして同じく東証マザーズ市場への上場で吸収金額75億円
超えのHANATOUR JAPAN(6561)2社同日上場となっております。

とは言うもののこのイオレ(2334)はネット関連銘柄で、吸収金額は
IPO想定価格ベース(1,780円)で5.2億円と小型サイズです。さすがに
12月15日(金)はこのイオレ(2334)に軍配が上がるでしょう。

イオレ(2334)のIPO申し込み期間は11月29日(水)~12月5日(火)
までとなっているため、そろそろIPO主幹事であるSBI証券IPOチャレ
ンジポイント
を使うかどうかを決めなくてはいけません。

sbiscecp2017.11.30

下記の先日の記事でも書きました通り個人的なIPOチャレンジポイント
の1ポイントの価値は2,000円程度と考えています。問題は100株配分
なるか200株配分となるかで大きく変わってきますが、過去の傾向から
素直に推測すれば200株配分となる見込みです。
イオレ(2334)とみらいワークス(6563)のIPOにSBI証券のIPO
チャレンジポイントを使うかどうか

そしてポイントボーダーラインもウワサ通り素直に300ポイントと考え
て、上記条件を当てはめると200株で60万円の利益が必要となります。
となると初値価格は公募価格の2.7倍まで高騰しなければ目標ポイント
には到達しません。IPO想定価格(1,780円)ベースの計算です。

IPO閑散期であれば可能性は十分ありますが、イオレ(2334)の上場日
IPO繁忙期で、しかもド真ん中です。微妙なところかと思います。
本当に悩ましいですね^^;

当選欲しさに今回IPOチャレンジポイントを使ってしまうか、それとも
来年のSBI証券主幹事のA級IPOの登場を待つか、こればかりは結果を
見ないとどちらが正解かは難しいです。

個人的にはまだどうするかを決めていませんが、そろそろ使うか使わな
いかを決めようと思います。他のIPO愛好家の皆さんはどうされるのか
参考までに下記アンケートにご協力頂けますと幸いです。


↑かなりいい勝負となっています。
たくさんのご回答、そしてご協力ありがとうございました。

ちなみにこのイオレ(2334)のIPO引き受け幹事団は以下の通りとな
っております。

<IPO主幹事証券>
SBI証券

<IPO引受幹事証券>
・みずほ証券
SMBC日興証券
マネックス証券
・藍澤證券
岩井コスモ証券
・極東証券
東洋証券
・むさし証券

<追記>
イオレ(2334)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:1,780円
IPO仮条件:1,750円~1,890円

IPO想定価格がほぼ最下限となる強気なIPO仮条件設定となりました。
なぜか完全な強気設定ではありませんでした。

<追記>
イオレ(2334)のIPO仮条件決定後の初値予想が発表されたようです。

3,800円~4,300円

IPO仮条件は強気な設定となりましたが、IPO初値予想第二弾はIPO
想定価格時点と同値初値予想となっているようです。
評価も変わらずA級評価のままとなっているようです。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbiscecp2017.11.30

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.12.31

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2017.12.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

コインチェック


IPO投資に必要な証券会社

sbisec






立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten








このページの先頭へ