★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
11/21
11/2-11/9
東証M 3996
サインポスト
2,200円
2,000-2,200円
A
11/28
11/9-11/15
JQS 9264
ポエック
670円
670-750円
B
11/28
11/10-11/16
JQS 7807
幸和製作所
3,220円
3,220-3,520円
B
11/28
11/10-11/16
東証M 6558
クックビズ
2,070円
2,070-2,250円
A
11/29
11/9-11/15
JQS 3997
トレードワークス
2,000円
2,000-2,200円
A
12/7
11/17-11/24
名セ 6559
アトリエはるか
1,400円
1,250-1,400円
B
12/12
11/27-12/1
東証M 9266
一家ダイニングプロジェクト
2,250円
-円
C
12/12
11/27-12/1
東証 8919
カチタス
1,640円
-円
D
12/13
11/27-12/1
東証 9143
SGホールディングス
1,580円
-円
D
12/13
11/27-12/1
東証M 6698
ヴィスコ・テクノロジーズ
4,820円
-円
C
12/13
11/27-12/1
東証 3611
マツオカコーポレーション
2,420円
-円
D
12/13
11/28-12/4
東証M 3486
グローバル・リンク・マネジメント
2,320円
-円
C
12/14
11/28-12/4
東証 7198
アルヒ
1,340円
-円
D
12/14
11/29-12/5
東証M 6560
エル・ティー・エス
630円
-円
A
12/15
11/29-12/5
東証M 6561
HANATOUR JAPAN
2,580円
-円
D
12/15
11/29-12/5
東証M 2334
イオレ
1,780円
-円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 6562
ジーニー
1,220円
-円
B
12/18
11/30-12/6
東証M 3999
ナレッジスイート
2,000円
-円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 3998
すららネット
2,040円
-円
A
12/18
12/1-12/7
JQS 3540
歯愛メディカル
3,210円
-円
D
12/19
12/1-12/7
東証M 6563
みらいワークス
1,590円
-円
A
12/20
12/4-12/8
東証 4249
森六ホールディングス
2,610円
-円
D
12/20
12/5-12/11
東証 6235
オプトラン
1,460円
-円
D
12/21
12/5-12/11
東証2部 7199
プレミアグループ
2,260円
-円
D
12/22
12/5-12/11
名証2部 6564
ミダック
1,250円
-円
D

ネットマーケティング(6175)のIPO(新規上場)初値予想!

ネットマーケティング(6175)IPO(新規上場)の第一弾初値予想
IPO想定価格ベース(1,010円)ですが大手初値予想会社より発表された
ようです。

ネットマーケティング(6175)のIPO(新規上場)初値予想
ネットマーケティング(6175)IPO初値予想

ネットマーケティング(6175)IPO新規上場承認(過去記事)

ネットマーケティング(6175)のIPO想定価格は1,010円となっている
ため、現時点では公募価格の1.5倍~1.7倍程度の初値形成になるのでは
ないかとの初値予想となっており、それに伴い評価は5段階中の上から
2番目のB級評価
となっているようです。

そしてこのネットマーケティング(6175)のIPO仮条件はすでにIPO想定
価格1,010円に対して1,040円~1,140円SBI証券らしい、やや中途半端な
上ブレ設定で決まっております。SBI証券はなぜかいつも中途半端なIPO
仮条件設定にしてきますが、何かしら戦略的なものなのでしょうか。

当ブログ限定!新規口座開設タイアップキャンペーン開催中!
sbicp2017.3.31

上記のネットマーケティング(6175)のIPO新規上場承認記事のときに
も書きましたように、2015年9月上場予定だったのが上場延期で今回
改めての上場となったIPOです。

上場規模はIPO株数吸収金額2015年時と比べると半分程度となって
おり、IPO仮条件上限(1,140円)決定で12.5億円と中型サイズながらも
それほど荷もたれ感はなく、業種的にもネット広告関連ということで考
えると、かなり手は出しやすい設定になっていると思われます。

ただロックアップは掛かっているもののベンチャーキャピタルの保有株
がそれなりに多くあり、1.5倍で解除されるため、まず1.5倍の1,700円
目指す展開となりそうな雰囲気ですね。

あとは3月のIPOラッシュのラストを飾るIPOということと単独上場
手伝って、どこまでプレミア感が生まれるかと言ったところでしょうか。
逆に買い疲れが出ている可能性もおおいにありますが。

そして問題は今回のこのネットマーケティング(6175)のIPO主幹事が
SBI証券ということでIPOチャレンジポイントを使うかどうかも焦点と
なりそうです。

管理人の個人的なこのネットマーケティング(6175)のIPO参加スタン
スは当初の予定通り全力申し込みでいく予定ですが、IPOチャレンジ
ポイントを使うかどうかは直前のIPO地合によってといった感じです。

ただ個人的には昨年(2016年)も相性が良く、今年(2017年)もすで
2銘柄頂いているので、それなりに期待はしています。
2016年のIPOはSBI証券からの当選がダントツで多かった
ピーバンドットコム(3559)のIPO(新規上場)当選
ジャパンエレベーターサービスホールディングス(6544)のIPO(新規上場)当選

ちなみにこのネットマーケティング(6175)のIPO引き受け幹事団
以下の通りとなっております。

<IPO主幹事証券>
SBI証券

<IPO引受幹事証券>
SMBC日興証券
東洋証券
・エース証券
・藍澤證券
・水戸証券
岩井コスモ証券
・SMBCフレンド証券
・極東証券

<追記>
ネットマーケティング(6175)のIPO仮条件決定後の初値予想が発表
されたようです。

1,500円~1,700円

IPO仮条件はやや中途半端に強気な設定となりましたが、IPO初値予想
第二弾
はIPO想定価格時点と同値初値予想となっているようです。
評価も変わらずのB級評価のままのようです。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.3.31

SMBC日興証券公式サイト
smbcnikkocp2016.3.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.3.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

コインチェック

IPO投資に必要な証券会社

sbisec






立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten








このページの先頭へ