★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
1/27
1/11-1/17
東証M 3976
シャノン
1,400円
1,300-1,500円
A
2/10
1/25-1/31
JQS
名証2部
1439
安江工務店
1,130円
-円
D
2/16
2/1-2/7
JQS 6543
日宣
1,540円
-円
C
2/23
2/6-2/10
札ア 3977
フュージョン
1,000円
-円
B
2/23
2/8-2/14
東証M 9519
レノバ
660円
-円
C
2/23
2/8-2/14
東証M 3557
ユナイテッド&コレクティブ
1,400円
-円
C

2007年IPO個人当選データ

私がIPO投資を始めるために証券会社の口座を作り

始めたのが2006年8月頃。

その頃はまだ口座数も5~6社位でした。

 

そして証券会社の口座数もある程度揃って本格的に

IPO投資を始めたのが2006年12月頃。

 

という事で2007年が私にとってIPO投資元年なのです。

そしてそのIPO投資元年(2007年)の成績を下記に記載します。

 

【成績】

59317576敗 勝率2.8

 

【IPO当選銘柄】

・免疫生物研究所×2(1つは辞退)

・ゴルフパートナー

・エーアイテイー×2

・タケエイ

・カービュー

・きちり

・ナインユー(上場延期)

・チャイナボーチー・・・×2

・インターメスティック(上場延期)

・ニックス×2

・エー・ディー・ワークス

・ウェブマネー

・リンクアンドモチベーション

 

【IPO損益】

+1,340,400円 (手数料や税金は含まず)

 

こうしてあらためて見てみると、我ながらスゴい申込み数です。

雨の日も風の日もひたすら申込み続けたなぁと思わず

過去を振返ってしまいました。

 

そんな2007年度の振返りをいずれは記事にしていこうと思います。

来年も当然申込み続けますが、今後IPOが衰退していくのは

避けられない現実なのでしょうね。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

当ブログ一押しキャンペーン

IPO投資に必要な証券会社

sbisec








立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ