★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
4/25
4/7-4/13
東証M 3565
アセンテック
1,720円
1,840-2,000円
A

2015年IPO個人当選データ(今年は完全抽選のみでした)

今年も昨年に続きIPOバブルとなりました。
特に11月に上場した日本郵政グループ3社(日本郵政、かんぽ生命保険、
ゆうちょ銀行)が1987年のNTT以来の大型上場ということで、予想以上
に注目を集め、しかもそれが大成功という良い結果になりました。

個人的に今年(2015年)はこの日本郵政グループ3社(日本郵政、かんぽ
生命保険、ゆうちょ銀行)のIPOに助けられた年でもありました^^;

某証券会社さん(証券会社の投資営業担当者ではありません)に聞いた
ところ、この上場を機に株式投資はもちろんのこと、私のようにIPO投資
に特化する方もたくさん増えたようです。
もちろんその分ライバルも増えたということになりますね。

そんな中、今年は裁量配分(店頭配分)一切無し完全抽選のみで個人
的にはかなり苦労した年でした。昨年の約半分程度の利益しか出せない
というIPOゲッターと名乗ってる割には不甲斐ない結果だと思います><

2015年度IPO当選銘柄

銘柄 公募価格 初値価格 売却利益
KeePer技研 2,120円 3,160円 104,000円
ヒューマンウェブ 1,800円 2,010円 21,000円
Aiming 920円 1,032円 11,200円
プラッツ 3,260円 5,550円 229,000円
Gunosy 1,520円 1,520円 0円
マーケットエンタープライズ 1,500円 4,005円 250,500円
メニコン 1,700円 2,950円 125,000円
ファンデリー 765円 1,546円 78,100円
サムティ・レジデンシャル投資法人×2 102,000円 99,000円 -6,000円
イトクロ 1,930円 2,010円 8,000円
土木管理総合試験所 1,250円 1,220円 -3,000円
かんぽ生命保険×5 2,200円 2,929円 364,500円
ゆうちょ銀行×16 1,450円 1,680円 368,000円
日本郵政×12 1,400円 1,631円 277,200円
鎌倉新書 1,000円 2,806円 180,600円
ビジョン×2 2,000円 2,213円 42,600円
ケイアイスター不動産 1,200円 1,282円 8,200円

合計2,058,900円の利益(手数料及び税金は考慮せず)

ということで、上記をご覧の通りとりあえずギリギリで200万円は超えた
ものの昨年(2014年)と比べると約半分の利益となり、利益は出ている
ものの、やはり下回るというのは悔しいものですね^^;

昨年(2014年)のIPO個人当選データ(過去記事)

失敗を言い出すとキリがないですが、とりあえずしっかりと記憶に残っ
ていることは6月上場のメニコン(7780)と11月上場の日本郵政(6178)
3社の親会社を全力で取りにいかなかったことでしょうか。

まあすべてタラレバになってしまうので、今さらどうしようもないこと
なのですけどね。

今年は第一号IPOKeePer技研(6036)をIPO主幹事東海東京証券
から当選を頂けたことで幸先良いスタートと思っていたのですが、結果
的には伸び悩んでしまいました^^;

KeePer技研(6036)IPO(新規上場)当選(過去記事)

来年こそは第一号も当選を頂いて、コンスタントに当選を引けることを
強く願いながら、コツコツとIPO投資を続けていきたいと思います。

ちなみに今年のIPO申し込み回数は1,290回です^^;
これを多いと見るか少ないと見るかは読者の皆様の見解にお任せします
が、資金移動を繰り返し、ひたすらIPOに申し込んでいくという、ある
意味流れ作業の繰り返しで年間200万もの利益が出せる投資法は他には
ないのではないでしょうか。

毎年というかしょっちゅう申し上げていますが、IPOは1億円以上などの
余程の資金力が無い限り、証券口座の数勝負の分かれ道になると思い
ます。来年もIPO投資をされようと考えられている方は今一度、ご自分の
証券口座を見直し、この年末年始を利用し、次のIPO登場までに足りない
証券口座を増やされることをオススメ致します^^

個人的にIPO投資にオススメの証券口座は下記ページでご紹介させて頂
いておりますので、是非ご参考にされてみて下さい。

IPO投資用オススメ証券口座

 

6 Responses to “2015年IPO個人当選データ(今年は完全抽選のみでした)”

  1. しんざん より:

    IPO初心者です。
    いつも勉強させていただいております。

    現在私は口座開設に勤しんでおりますが、当記事のIPO申し込み回数1290回というのは、家族口座も含めてということでしょうか。

    後学のため、差し支えなければ、ご教示いただければ幸いです。

    • 西 和仁 より:

      こんばんは、しんざんさん。
      コメントありがとうございます。

      少ないですが妻の協力と子供口座での
      申し込みもカウントしております。

  2. ぴーちゃん より:

    いつも、拝見させていただいております。
    いくつの証券会社に口座に応募されているのですか?
    また、予想初値が低い場合でも応募されていますか?
    影ながら応援させていただきます。
    宜しくお願いします。

    • 西 和仁 より:

      こんばんは、ぴーちゃんさん。
      コメントありがとうございます。

      全部で20社~30社程度です。
      中には使用していない証券会社もありますが^^;

      初値予想が低い場合は地合などを見ながら
      慎重に参加、不参加を決めています。

      今後ともよろしくお願い致します。

  3. ぴーちゃん より:

    決済タイミングはどうされているのですか?
    初値で売られるのですか?
    初値があまりにも低く始まりそうなときは、引き続き保持されるのですか?

    • 西 和仁 より:

      基本的には初値で売却します。
      IPOセカンダリ参戦する際も一旦は
      売却してから、いつも使用している
      証券会社で買いなおしします。

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の自動取引 ウェルスナビ

当ブログ一押しキャンペーン

IPO投資に必要な証券会社

sbisec







立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ