★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
2/23
2/6-2/10
札ア 3977
フュージョン
1,000円
1,000-1,140円
B→A
2/23
2/8-2/14
東証M 9519
レノバ
660円
660-750円
C
2/23
2/8-2/14
東証M 3557
ユナイテッド&コレクティブ
1,400円
1,400-1,620円
B
3/7
2/17-2/23
東証M 3558
ロコンド
1,660円
1,660-1,850円
D
3/9
2/21-2/27
東証M 3559
ピーバンドットコム
1,550円
1,530-1,650円
C
3/15
2/28-3/6
東証M 9325
ファイズ
1,200円
-円
A
3/16
2/28-3/6
JQS 3560
ほぼ日
2,300円
-円
C
3/16
2/28-3/6
東証M 3979
うるる
2,840円
-円
D
3/17
3/1-3/7
東証M 6544
ジャパンエレベーターサービスHD
530円
-円
C
3/17
3/2-3/8
東証M 3981
ビーグリー
1,820円
-円
D
3/21
3/2-3/8
東証M 6545
インターネットインフィニティー
1,240円
-円
A
3/21
3/2-3/8
東証M 3561
力の源ホールディングス
540円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証M 3982
エスキュービズム
1,250円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証2部 6546
フルテック
540円
-円
D
3/22
3/6-3/10
東証 3978
マクロミル
2,050円
-円
D
3/23
3/6-3/10
東証2部 6547
グリーンズ
1,350円
-円
D
3/24
3/7-3/13
東証M 3983
オロ
1,930円
-円
D

ピーバンドットコム(3559)IPO【新規上場承認】

ピーバンドットコム(3559)がIPO新規上場承認発表されました。
上場日は3月9日(木)で今のところは単独上場、上場市場はIPOに人気の
高い東証マザーズ市場への上場でIPO主幹事SBI証券となっています。

当ブログ限定!新規口座開設タイアップキャンペーン開催中!
sbicp2017.3.31

2日連続IPO新規上場承認発表となりましたが、上場日はしっかり別の
日となっており、しかもIPO主幹事は待ってましたの昨年(2016年)は
個人的に一番相性がよくお世話になったSBI証券です^^
2016年のIPOはSBI証券からの当選がダントツで多かった

設立:2002年4月5日
業種:卸売業
事業の内容:プリント基板のEコマース事業の運営

ピーバンドットコム(3559)IPO新規上場承認

上場市場 東証マザーズ
コード 3559
名称 ピーバンドットコム
公募株数 150,000株
売出株数 650,000株
OA 60,000株
主幹事証券 SBI証券
引受幹事証券 SMBC日興証券
松井証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
エース証券
極東証券
東洋証券
マネックス証券
上場日 3/9
仮条件決定日 2/17
BB期間 2/21~2/27
公募価格決定日 2/28
申込期間 3/2~3/7
想定発行価格 1,550円(155,000円必要)

市場からの吸収金額は想定価格1,550円としてOA含め13.3億円
規模的に東証マザーズIPOとしては中型サイズとなります。

このピーバンドットコム(3559)の事業内容はプリント基板のインター
ネット販売を中心に運営しているということで、IPO的に人気化しやすい
いわゆるドストライクのネット関連銘柄とまではいきませんが、それでも
一応はEコマースなのでネット関連銘柄となります。

公募株より売り出し株が多い点は気になりますが、市場からの吸収金額
13.3億円小型ではないものの、それほど大型でもありません。ただし
需給という面で見ると微妙なゾーンですね。

そしてやはり気になるのはこのピーバンドットコム(3559)のIPO主幹事
SBI証券なのでIPOチャレンジポイントを使用する価値があるかどうか
という点ではないでしょうか。複数配分であればそれなりに価値があるか
もしれませんが、100株配分であれば微妙なところです。

昨年(2016年)上場したエルテス(3967)はおよそ2,000枚程度だった
ためか配分は100株配分でしたが、フィル・カンパニー(3267)は3,000
程度で複数(200株)配分でした。
ちなみに上記IPOは個人的にどちらもSBI証券さんから頂きました^^

今回のピーバンドットコム(3559)のIPO株数公募株及び売り出し株
合わせて8,000枚あるので複数配分の可能性は十分あります。

しかしながらとりあえず現段階での管理人のこのピーバンドットコム
(3559)のIPO参加スタンスは中立でまずは大手初値予想会社の第一弾
初値予想
を待ちたいと思います。

ピーバンドットコム(3559)IPOの経営指標
ピーバンドットコム(3559)IPO経営指標
※上記画像はクリックで拡大します。

ピーバンドットコム(3559)IPOの売上高及び経常利益
ピーバンドットコム(3559)IPO売上高及び経常利益
※上記画像はクリックで拡大します。

IPO幹事団の中にIPO裏幹事(委託幹事)としてではなく普通幹事として
松井証券があるのは珍しいケースですね。

社名もピーバンドットコムということでひと昔前は社名にドットコム
付けるのが流行っていましたが、その名残りでしょうか。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.3.31

SMBC日興証券公式サイト
smbcnikkocp2016.3.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.3.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

コメントを残す

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

当ブログ一押しキャンペーン

IPO投資に必要な証券会社

sbisec








立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ