★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
2/23
2/6-2/10
札ア 3977
フュージョン
1,000円
1,000-1,140円
B→A
2/23
2/8-2/14
東証M 9519
レノバ
660円
660-750円
C
2/23
2/8-2/14
東証M 3557
ユナイテッド&コレクティブ
1,400円
1,400-1,620円
B
3/7
2/17-2/23
東証M 3558
ロコンド
1,660円
1,660-1,850円
D
3/9
2/21-2/27
東証M 3559
ピーバンドットコム
1,550円
1,530-1,650円
C
3/15
2/28-3/6
東証M 9325
ファイズ
1,200円
-円
A
3/16
2/28-3/6
JQS 3560
ほぼ日
2,300円
-円
C
3/16
2/28-3/6
東証M 3979
うるる
2,840円
-円
D
3/17
3/1-3/7
東証M 6544
ジャパンエレベーターサービスHD
530円
-円
C
3/17
3/2-3/8
東証M 3981
ビーグリー
1,820円
-円
D
3/21
3/2-3/8
東証M 6545
インターネットインフィニティー
1,240円
-円
A
3/21
3/2-3/8
東証M 3561
力の源ホールディングス
540円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証M 3982
エスキュービズム
1,250円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証2部 6546
フルテック
540円
-円
D
3/22
3/6-3/10
東証 3978
マクロミル
2,050円
-円
D
3/23
3/6-3/10
東証2部 6547
グリーンズ
1,350円
-円
D
3/24
3/7-3/13
東証M 3983
オロ
1,930円
-円
D

マクロミル(3978)IPO【新規上場承認】

マクロミル(3978)がIPO新規上場承認発表されました。
上場日は3月22日(水)で今のところは単独上場、上場市場は東証ですが
一部になるか二部になるかはまだ未定(公募価格決定後に決定する予定
IPO主幹事大和証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券メリルリ
ンチ日本証券みずほ証券共同主幹事となっております。

このマクロミル(3978)以前より再上場のウワサのあったIPO案件です。
この規模であればおそらく東証一部上場となる可能性が高いですね。

設立:2013年11月25日
業種:情報・通信業
事業の内容:オンラインを中心としたマーケティング・リサーチ及び
デジタル・マーケティング・ソリューションの提供

マクロミル(3978)IPO新規上場承認

上場市場 東証(所属未定)
コード 3978
名称 マクロミル
公募株数 487,800株
売出株数 25,017,200株
15,722,200株(国内売出し)
9,295,000株(海外売出し)
OA 1,818,500株
主幹事証券 大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
メリルリンチ日本証券
みずほ証券
引受幹事証券 SMBC日興証券
SBI証券
カブドットコム証券(委託幹事)
上場日 3/22
仮条件決定日 3/5
BB期間 3/6~3/10
公募価格決定日 3/13
申込期間 3/14~3/17
想定発行価格 2,050円(205,000円必要)

市場からの吸収金額は想定価格2,050円としてOA含め560.1億円
国内分だけでも吸収金額は369.5億円となり、規模的に東証(所属未定
としても)IPO
としては大型サイズとなります。

マクロミル(3978)の業種はネット関連とIPO的には魅力的ですが、何
より吸収金額560.1億円ベンチャーキャピタルの売り抜け案件としても
IPO的には毛嫌いされやすい再上場案件となる点がやはり懸念材料とな
りそうです。

マクロミル(3978)の上場沿革
2004年1月:東証マザーズへ上場
2005年4月:東証一部へと市場変更
2014年4月:上場廃止

個人的なこのマクロミル(3978)のIPO参加スタンスは現時点では中立
でとりあえず大手初値予想会社の第一弾初値予想待ちとさせて頂きたい
と思います。雰囲気的にはおそらくスルーとなりそうですが。
ただもちろんIPOチャレンジポイント狙いでSBI証券だけは参加します。

IPO主幹事三菱UFJモルガン・スタンレー証券の名前があるため、IPO
裏幹事(委託幹事)としておそらくはカブドットコム証券も申し込みが
可能になると思われます。

もし全力でこのマクロミル(3978)のIPOに申し込みをされようとお考
えの方は早めに証券口座を用意されておかれた方が良いかもしれません。

<追記>
やはり正式にカブドットコム証券IPO裏幹事(委託幹事)を引き受け
ると公式サイトで発表がありました。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ カブドットコム証券公式サイト

マクロミル(3978)IPOの経営指標
マクロミル(3978)IPO経営指標
※上記画像はクリックで拡大します。

マクロミル(3978)IPOの売上高及び経常損益
マクロミル(3978)IPO売上高及び経常損益
※上記画像はクリックで拡大します。

いつも不思議に思うのですが、主幹事ってですよね。
それなのに今回みたいに主幹事が4社あるとかってどうなんでしょうね^^;

<追記>
珍しく某証券会社からこのマクロミル(3978)のIPO株いりませんか?
と電話連絡がありました。
もちろん「いりません」と即答しておきました。

私程度のところにまで電話があるということは危険という意味にとること
ができるかもしれません。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.3.31

SMBC日興証券公式サイト
smbcnikkocp2016.3.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.3.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

コメントを残す

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

当ブログ一押しキャンペーン

IPO投資に必要な証券会社

sbisec








立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ