★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
2/23
2/6-2/10
札ア 3977
フュージョン
1,000円
1,000-1,140円
B→A
2/23
2/8-2/14
東証M 9519
レノバ
660円
660-750円
C
2/23
2/8-2/14
東証M 3557
ユナイテッド&コレクティブ
1,400円
1,400-1,620円
B
3/7
2/17-2/23
東証M 3558
ロコンド
1,660円
1,660-1,850円
D
3/9
2/21-2/27
東証M 3559
ピーバンドットコム
1,550円
1,530-1,650円
C
3/15
2/28-3/6
東証M 9325
ファイズ
1,200円
-円
A
3/16
2/28-3/6
JQS 3560
ほぼ日
2,300円
-円
C
3/16
2/28-3/6
東証M 3979
うるる
2,840円
-円
D
3/17
3/1-3/7
東証M 6544
ジャパンエレベーターサービスHD
530円
-円
C
3/17
3/2-3/8
東証M 3981
ビーグリー
1,820円
-円
D
3/21
3/2-3/8
東証M 6545
インターネットインフィニティー
1,240円
-円
A
3/21
3/2-3/8
東証M 3561
力の源ホールディングス
540円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証M 3982
エスキュービズム
1,250円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証2部 6546
フルテック
540円
-円
D
3/22
3/6-3/10
東証 3978
マクロミル
2,050円
-円
D
3/23
3/6-3/10
東証2部 6547
グリーンズ
1,350円
-円
D
3/24
3/7-3/13
東証M 3983
オロ
1,930円
-円
D

日宣(6543)IPO【新規上場承認】

日宣(6543)がIPO新規上場承認発表されました。
上場日は2月16日(木)で今のところは単独上場、上場市場はJASDAQ
スタンダード市場への上場でIPO主幹事大和証券となっています。

今年(2017年)は例年と比べるとそこそこ良いペースでIPOが登場して
くれています。今後もこれぐらいのペースを維持してほしいですね。
もちろん今のペース以上出てくるのも大歓迎です^^

設立:1953年3月11日
業種:サービス業
事業の内容:広告・セールスプロモーションを中心としたコミュニケー
ションサービス全般の提供

日宣(6543)IPO新規上場承認

上場市場 JASDAQスタンダード
コード 6543
名称 日宣
公募株数 200,000株
売出株数 50,000株
OA 37,500株
主幹事証券 大和証券
引受幹事証券 SMBC日興証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
SBI証券
マネックス証券
上場日 2/16
仮条件決定日 1/30
BB期間 2/1~2/7
公募価格決定日 2/8
申込期間 2/9~2/14
想定発行価格 1,540円(154,000円必要)

市場からの吸収金額は想定価格1,540円としてOA含め4.4億円
規模的にJASDAQスタンダードIPOとしては小型サイズとなります。

IPO的に人気化しにくい1953年設立の老舗企業漢字社名。業種も広告
IT関連のような華やかさはありません。

業種などはまったく違いますが、先日IPO新規上場承認発表された銘柄
安江工務店(1439)にどこかしら似ているような雰囲気を感じます。

しかしながら初値高騰は見込めないかもしれませんが、吸収金額はIPO
想定価格(1,540円)ベースで4.4億円と小さいので需給面の問題は無い
と思われます。

基本的にIPOは需給で動くため、比較的業績も堅調に推移しているので
ほど良い初値が付くIPOとなるかもしれませんね。

個人的なこの日宣(6543)のIPO参加スタンスはとりあえず需給面の
不安は無さそうなので今のところ全力で申し込む予定でいます。

大手初値予想会社の第一弾初値予想も気になるところですが、おそらく
この雰囲気でいくとC級評価D級評価となるのではないでしょうか。

日宣(6543)IPOの経営指標
日宣(6543)IPO経営指標
※上記画像はクリックで拡大します。

日宣(6543)IPOの売上高及び経常利益
日宣(6543)IPO売上高及び経常利益
※上記画像はクリックで拡大します。

話は変わりますが2016年末に上場したIPO銘柄達の出来高が急激に減少
していますね。こうなるともうあまり旨味が無くなってしまうので、個
人的には次のIPOまでIPOセカンダリは控えることにします。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.1.31

SMBC日興証券公式サイト
smbcnikkocp2016.3.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

コメントを残す

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

当ブログ一押しキャンペーン

IPO投資に必要な証券会社

sbisec








立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ