★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
9/20
8/30-9/5
JQS 3992
ニーズウェル
1,590円
1,590-1,670円
A
9/22
9/6-9/12
東証M 3993
PKSHA Technology
1,690円
1,700-2,400円
B→A
9/26
9/8-9/14
JQS 7809
壽屋
1,980円
1,980-2,000円
C
9/28
9/11-9/15
東証M 3482
ロードスターキャピタル
1,820円
1,640-1,820円
C
9/29
9/12-9/15
東証M 6697
テックポイント・インク
650円
620-650円
B→C
9/29
9/12-9/19
東証 9260
西本WismettacHD
5,250円
4,500-5,250円
D
9/29
9/13-9/20
東証M 3994
マネーフォワード
1,330円
1,350-1,550円
D→C
10/5
9/19-9/25
東証M 6556
ウェルビー
2,580円
2,400-2,580円
D
10/5
9/19-9/25
JQS 4124
大阪油化工業
1,830円
1,830-1,860円
D
10/5
9/20-9/26
東証M 6555
MS&Consulting
1,280円
1,150-1,280円
D

え!? IPO抽選が100%完全抽選の証券会社は6社もある!?

IPO株を抽選に回す割り合いは証券会社によってルールが違います。
10%の証券会社もあれば、15%50%70%の証券会社もあります。

中でもやはり注目すべきは100%全IPO株数を完全抽選に回す証券会社
もあるということをご存知でしょうか。

IPO100%完全抽選

私の知る限りその100%完全抽選の証券会社は6社あり、すべてネット
証券です。その6社を以下にご紹介させて頂きたいと思います。

マネックス証券

カブドットコム証券

岡三オンライン証券

楽天証券

GMOクリック証券

松井証券

上記証券会社が私の知る限りIPO株100%完全抽選の証券会社です。
もちろんそれぞれの証券会社が様々な特徴を持っており、抽選方法も
各証券会社によって異なりますが100%完全抽選であることは間違い
ありません。

マネックス証券は2014年のIPO取り扱い件数がネット証券2位の実績
を持っていたり、岡三オンライン証券はつい先日IPO申し込み時の
受け金を不要にすると発表致しました。
前受け金不要は本当にありがたいサービスです。

カブドットコム証券三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券
会社ということで大手系列の証券会社で信頼度が高いです。楽天証券
ももちろんあの楽天のグループ会社ですし、GMOクリック証券GMO
インターネットグループです。
松井証券はネット証券の中でも老舗企業で、経験豊富です。

などと証券会社によって様々な特徴があります。
しかし最終的にはやはりIPOを積極的に狙いに行くならこういった100
%完全抽選の証券会社は見逃せませんね。

日本郵政グループIPOを機に株式投資を始めようとされている方も
多いようですので、是非この機会に証券会社の特徴を把握してローリ
スクなこのIPO投資にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

sbisec







立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ