★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
11/21
11/2-11/9
東証M 3996
サインポスト
2,200円
2,000-2,200円
A
11/28
11/9-11/15
JQS 9264
ポエック
670円
670-750円
B
11/28
11/10-11/16
JQS 7807
幸和製作所
3,220円
3,220-3,520円
B
11/28
11/10-11/16
東証M 6558
クックビズ
2,070円
2,070-2,250円
A
11/29
11/9-11/15
JQS 3997
トレードワークス
2,000円
2,000-2,200円
A
12/7
11/17-11/24
名セ 6559
アトリエはるか
1,400円
1,250-1,400円
B
12/12
11/27-12/1
東証M 9266
一家ダイニングプロジェクト
2,250円
-円
C
12/12
11/27-12/1
東証 8919
カチタス
1,640円
-円
D
12/13
11/27-12/1
東証 9143
SGホールディングス
1,580円
-円
D
12/13
11/27-12/1
東証M 6698
ヴィスコ・テクノロジーズ
4,820円
-円
C
12/13
11/27-12/1
東証 3611
マツオカコーポレーション
2,420円
-円
D
12/13
11/28-12/4
東証M 3486
グローバル・リンク・マネジメント
2,320円
-円
C
12/14
11/28-12/4
東証 7198
アルヒ
1,340円
-円
D
12/14
11/29-12/5
東証M 6560
エル・ティー・エス
630円
-円
A
12/15
11/29-12/5
東証M 6561
HANATOUR JAPAN
2,580円
-円
D
12/15
11/29-12/5
東証M 2334
イオレ
1,780円
-円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 6562
ジーニー
1,220円
-円
B
12/18
11/30-12/6
東証M 3999
ナレッジスイート
2,000円
-円
A
12/18
11/30-12/6
東証M 3998
すららネット
2,040円
-円
A
12/18
12/1-12/7
JQS 3540
歯愛メディカル
3,210円
-円
D
12/19
12/1-12/7
東証M 6563
みらいワークス
1,590円
-円
A
12/20
12/4-12/8
東証 4249
森六ホールディングス
2,610円
-円
D
12/20
12/5-12/11
東証 6235
オプトラン
1,460円
-円
D
12/21
12/5-12/11
東証2部 7199
プレミアグループ
2,260円
-円
D
12/22
12/5-12/11
名証2部 6564
ミダック
1,250円
-円
D

むさし証券のIPOと株式手数料大幅値下げ!

むさし証券IPOを申し込んで当選したという話は残念ながらあまり
耳にしません。これは年間の引き受けIPO件数も少ないのである意味
仕方ないことなのかもしれません。

しかし管理人は過去にこのむさし証券からしっかりIPOの当選を頂い
たことがあります^^

エー・ディー・ワークス(3250) 2007年10月上場 野村證券主幹事

エー・ディー・ワークス(3250)

公募価格:70,000円
初値価格:189,000円
初値売却益:119,000円

2007年とすいぶん古い話になり、しかもまだ当時はむさし証券という
社名ではなく、そしあす証券という社名でした^^;

それでもIPO主幹事でなく平幹事での当選だったので喜んだのはしっか
りと記憶に残っております。ちゃんと利益も出ましたし^^

当時の日本証券業協会新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分
状況を見てもわずか25枚しかありませんでしたが、そのうちの1枚を見
事に頂くことができました。

なぜ今さらそんな昔の話をするのかと言いますと、このむさし証券
株式手数料が2016年11月21日(月)より大幅に値下げされているから
です。管理人の知る限りほぼ業界最安値の水準だと思います。

むさし証券の1注文の約定代金に対する現物株式手数料
むさし証券現物株式手数料

この手数料体系であれば、IPO申し込みはもちろんのこと通常の株式
取引でも十分使える証券会社であると思います。

11月23日(水)日本経済新聞にも掲載されていました。
むさし証券、株式取引のネット手数料を6割超引き下げ

何度も申し上げておりますが、IPO投資で利益をあげようと思えば少し
でも当選確率を上げることです。すなわちIPO主幹事はもちろんのこと
平幹事裏幹事(委託幹事)であっても、少しでも多くの証券会社から
申し込む
ということです。

本日(11月27日)現在では12月21日(水)上場12月5日(月)から
IPO申し込みがスタートするグレイステクノロジー(6541)の取り扱い
が決まっています。

2016年のむさし証券IPO取り扱い実績
2016年むさし証券IPO取り扱い実績

もしまだこのむさし証券に口座をお持ちでない方は今後のIPO投資
ためにも、または通常の株式取引にも十分使える証券会社だと思いま
すので早めの口座開設をオススメ致します。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ むさし証券公式サイト

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

コインチェック

IPO投資に必要な証券会社

sbisec






立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten








このページの先頭へ