★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
6/15
5/29-6/2
東証M 3986
ビーブレイクシステムズ
1,380円
1,550-1,670円
A
6/20
6/1-6/7
JQS 6549
DMソリューションズ
2,170円
-円
A
6/21
6/2-6/8
札幌A 3987
エコモット
2,500円
-円
A
6/27
6/8-6/14
東証M 6550
Fringe81
2,070円
-円
A
6/30
6/14-6/20
東証M 6551
ツナグ・ソリューションズ
1,970円
-円
B
6/30
6/14-6/20
JQS 3988
SYSホールディングス
2,560円
-円
A

マネックス証券でIPO(新規公開株)を申し込むメリットとは!?

マネックス証券IPO(新規公開株)を申し込む最大のメリットはやはり
100%完全抽選方式という点ではないでしょうか。

もちろん100%完全抽選だからといって簡単にIPOに当選するとは言えま
せんが、大手証券会社のように引き受け株数の10%を抽選に回すという
ことを考えれば、マネックス証券平幹事でも場合によっては主幹事より
も多く配分がある場合もあるため、有利になることもあります。

マネックス証券IPO

上記にも記載のある通り、すべての方に公平な抽選方式を採用しているの
で、申込数や過去の取引実績、また資産状況なども関係なく、IPO申込み
したすべての方に平等に当選の可能性があります。

ネット証券の中ではIPOの取扱銘柄も豊富で2014年の取扱い数は51銘柄
ものIPOを取扱いました。この数字はネット証券2位の実績となります。
もちろんIPOの取扱いが多いということは、それだけ当選するチャンスも
多いということに繋がります。

2014年11月からはNISA口座でのIPO(新規公開株)の取扱いもスタート
しています。さらにマネックス証券のNISA、2015年はなんと取扱う全商
品の買付時手数料が実質0円なのも驚きですね。

今なら各種お取引などで最大31,000円プレゼントキャンペーンも実施中
のため、これからIPO投資をする方はもちろんのこと、すでにIPO投資
始めている方もマネックス証券に口座をお持ちでないのであれば、是非この
機会に口座開設されることをオススメ致します。

マネックス証券IPO(新規公開株)を申し込むメリットをもっと詳しく
知りたい方は下記画像よりマネックス証券公式サイトをご覧下さい。

マネックス証券IPO

ちなみに本日(2015年9月17日)現在の取り扱いIPOは以下の通りです。
今から口座開設してもどのIPO銘柄もまだ十分間に合いますね^^

AppBank(6177) IPO申し込み期間:9月28日~10月2日
グリーンペプタイド(4594) IPO申し込み期間:10月5日~10月9日
日本郵政(6178) IPO申し込み期間:10月8日~10月23日
かんぽ生命保険(7181) IPO申し込み期間:10月8日~10月16日
ゆうちょ銀行(7182) IPO申し込み期間:10月8日~10月16日

詳細や口座開設はコチラ ⇒ マネックス証券公式サイト

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

sbisec







立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ