★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
2/23
2/6-2/10
札ア 3977
フュージョン
1,000円
1,000-1,140円
B→A
2/23
2/8-2/14
東証M 9519
レノバ
660円
660-750円
C
2/23
2/8-2/14
東証M 3557
ユナイテッド&コレクティブ
1,400円
1,400-1,620円
B
3/7
2/17-2/23
東証M 3558
ロコンド
1,660円
1,660-1,850円
D
3/9
2/21-2/27
東証M 3559
ピーバンドットコム
1,550円
1,530-1,650円
C
3/15
2/28-3/6
東証M 9325
ファイズ
1,200円
-円
A
3/16
2/28-3/6
JQS 3560
ほぼ日
2,300円
-円
C
3/16
2/28-3/6
東証M 3979
うるる
2,840円
-円
D
3/17
3/1-3/7
東証M 6544
ジャパンエレベーターサービスHD
530円
-円
C
3/17
3/2-3/8
東証M 3981
ビーグリー
1,820円
-円
D
3/21
3/2-3/8
東証M 6545
インターネットインフィニティー
1,240円
-円
A
3/21
3/2-3/8
東証M 3561
力の源ホールディングス
540円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証M 3982
エスキュービズム
1,250円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証2部 6546
フルテック
540円
-円
D
3/22
3/6-3/10
東証 3978
マクロミル
2,050円
-円
D
3/23
3/6-3/10
東証2部 6547
グリーンズ
1,350円
-円
D
3/24
3/7-3/13
東証M 3983
オロ
1,930円
-円
D

マネックス証券の米国株取引が今年3月から使いやすくなった!

リーマンショック以降、徐々にではありますがアメリカ経済が回復
基調
に入り、今となってはリーマンショック以前の水準にまで景気
が回復してきました。

まず米国経済全体の統計数値を見るとアメリカGDP数値はリーマン
ショック直後の2008年10月を底にして徐々に上昇。

2011年10月の4.7%をピークに現在は緩やかに下降してきています
が、おおむねプラス水準で変動しています。

米国GDP前期比年率

失業率に関しても2010年1月の10%をピークに緩やかに下降し、
今年1月の数値で7%を切るまでに回復。

米国失業率

また非農業部門雇用者数もリーマンショック以降、2011年1月から
ずっとプラスで来ていますので相対的には失業率は下げトレンド、
非農業部門雇用者数に関しては上げトレンドであることがわかります。

非農業部門雇用者数

小売業の売り上げに関しても2013年の暮れから今年の3月にかけて
の大幅な下落はあるものの、これはこの冬のアメリカの非常に厳しい
寒波の影響によるものであくまで一時的なもの。
4月以降はプラス水準で安定的に変動しています。

米国小売売上高

こういったことから現在のアメリカはサービス、小売り関係において
非常に強い回復力を見せている傾向にあり、米国の主な金融商品市場
もにわかに活気づいてきたように思います。

要するに、今のアメリカ経済はかつての強い経済大国に戻りつつあり
そんなアメリカに今世界中の投資家が改めて注目しているのです。

そんな中、日本において米国株に特に強い仲介業者がマネックス証券
米国株式取引

マネックス証券の米国株式の取り扱い銘柄は業界最大手となる3065
銘柄
と圧倒的で、多彩な投資銘柄の中からめぼしい銘柄をセレクト
して売買をするだけ。

clip_image001

その上、マネックス証券のオンライントレードは今年の3月に大幅に
リニューアルしました。

主な変更部分としてこれまでは2画面が最大表示だったものが、最大
4画面表示可能
になったこと。そしてこれまでの操作は主にパソコン
上でマウス操作が基本であったものが、タブレット端末でも使いやす
いように、ドラッグアンドドロップ機能を導入したことで、画面レイ
アウトが指一本で簡単にできるようになりました。

clip_image002

ご存知のように日本の株価や世界の株式市場はなんだかんだとまだ
まだアメリカのダウ工業平均やナスダックの動きに連動する傾向に
あり、この流れは今後しばらく続いていくでしょう。

そんな世界経済の中心にあるニューヨークで売買される株式取引が
マネックス証券なら日本に居ながらにして3000銘柄以上、しかも
売買手数料も破格の安さで取引できるのですからこんな魅力的な
売買ツールはありません。

今、景気回復の息吹を世界で一番感じている市場。そして魅力的な
銘柄がすらりと3000銘柄そろった米国市場に投資してみませんか?

取扱い銘柄の詳細や手数料はマネックス証券サイトで確認できます。
また口座開設も同社のホームページから簡単に開設できますので、
是非一度ご覧ください。

詳細はコチラ ⇒ マネックス証券

burogumura1
⇒ ブログ村 IPO 新規公開株

 

コメントを残す

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

当ブログ一押しキャンペーン

IPO投資に必要な証券会社

sbisec








立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ