★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
2/23
2/6-2/10
札ア 3977
フュージョン
1,000円
1,000-1,140円
B→A
2/23
2/8-2/14
東証M 9519
レノバ
660円
660-750円
C
2/23
2/8-2/14
東証M 3557
ユナイテッド&コレクティブ
1,400円
1,400-1,620円
B
3/7
2/17-2/23
東証M 3558
ロコンド
1,660円
1,660-1,850円
D
3/9
2/21-2/27
東証M 3559
ピーバンドットコム
1,550円
1,530-1,650円
C
3/15
2/28-3/6
東証M 9325
ファイズ
1,200円
-円
A
3/16
2/28-3/6
JQS 3560
ほぼ日
2,300円
-円
C
3/16
2/28-3/6
東証M 3979
うるる
2,840円
-円
D
3/17
3/1-3/7
東証M 6544
ジャパンエレベーターサービスHD
530円
-円
C
3/17
3/2-3/8
東証M 3981
ビーグリー
1,820円
-円
D
3/21
3/2-3/8
東証M 6545
インターネットインフィニティー
1,240円
-円
A
3/21
3/2-3/8
東証M 3561
力の源ホールディングス
540円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証M 3982
エスキュービズム
1,250円
-円
A
3/22
3/3-3/9
東証2部 6546
フルテック
540円
-円
D
3/22
3/6-3/10
東証 3978
マクロミル
2,050円
-円
D
3/23
3/6-3/10
東証2部 6547
グリーンズ
1,350円
-円
D
3/24
3/7-3/13
東証M 3983
オロ
1,930円
-円
D

マネックス証券の米国株式取引が大幅更改されました!

米国株式トレードのパイオニアでもあるマネックス証券米国株
ですが、皆さんはもうご利用になりましたか?

マネックス証券の米国株式は取扱銘柄数、開設口座数共に業界屈指
の数を誇っています。
そしてこのマネックス証券のオンライントレードのレイアウトが、
平成26年3月より大幅に更改されました。

clip_image001

更改というくらいですから当然今まで以上に使いやすくなっている
わけで、具体的にどこがどのように使いやすくなっているのかを、
今回はご紹介したいと思います。

これまでマネックス証券の米国株式の売買画面では顧客からの要望
をできる限り反映させ、より利便性の向上を図ってきましたが、
今回のリニューアルもその一環。

まず、レイアウトマネージャー機能を使うことで、画面ブラウザの
カスタマイズが可能になりました。

clip_image002

つまり、これまでは注文ブラウザとテクニカルといった、デュアル
モニター式になっていましたが、今回の更改でこれが最大4画面まで
カスタマイズすることが可能になりました。

このレイアウトマネージャー機能によって注文からテクニカル、
株価表示と非常に見やすい画面構成が可能
となりました。

また背景色も変えることが可能となり、ブラウザや、テクニカルに
よって背景色を変えることで、チャート種類に変化を持たせること
も可能になります。

clip_image002[5]

また今回の更改の大きな特徴の一つとして、画面のドラッグアンド
ドロップ
が可能になったという事。

これがスゴいんですが例えば今4画面表示をしているものを、左右
の画面を交換したり、上下の画面を交換したりする機能で、通常4
画面表示をしているときに上下のブラウザを入れ替えしようとして
も、上のブラウザを下へ、下のブラウザを上に持ってこないといけ
ない手間がありますが、このドラッグアンドドロップ上のブラウザ
を下に持っていくだけで勝手に下のブラウザが上に行ってくれます。

clip_image002[7]

このドラッグアンドドロップのメリットはタブレット端末を使うと
その利便性の高さを実感できると思うのですが、要はタップと
スワイプいうクリックとは異なった新たな操作に対応したもので、
Windows8のようなOSでスワイプする際に利便性の高さを感じる
ことのできる機能です。

今回はこの2つの機能が今回大幅に更改された機能となります。

とにもかくにも、よりプロ仕様にバージョンアップされた
マネックス証券の米国株式注文システム。

利用環境はブラウザがInternet ExplorerGoogle Chromefire fox
に対応しておりますが、まだsafariには対応していないようです。

OSに関してはWindows Vista以上、メモリは2GB以上あれば正常
に稼働します。

要は極端にバージョンの古いパソコンでもない限りは普通に使え
ますが、ただsafariだけが未対応なのでそこだけは要注意です。

今や株式トレードのオンラインツールはパソコンだけではなく、
スマートフォンやタブレット端末といったクリックからドラッグへ
とシフトしてきている株式のオンライントレード業界。

今回のバージョンアップはそれに対応する形で行われたバージョン
アップだったのではないかと思います。

皆さんも大幅に更改され使いやすくなったマネックス証券の米国株式
の注文画面を試してみませんか?

口座開設のお申し込みは同社のホームページから申込ができます。

口座開設及び詳細はコチラ ⇒ マネックス証券の米国株取引

clip_image001

また今なら初めての米国株式デビューキャンペーンとして3万円を上限
とした手数料のキャッシュバックも行っています。

これから米国株を始めるなら口座数、取引銘柄数も業界最大手の
マネックス証券がおススメです。

burogumura1
⇒ ブログ村 IPO 新規公開株

 

コメントを残す

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

当ブログ一押しキャンペーン

IPO投資に必要な証券会社

sbisec








立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ