★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
6/15
5/29-6/2
東証M 3986
ビーブレイクシステムズ
1,380円
1,550-1,670円
A
6/20
6/1-6/7
JQS 6549
DMソリューションズ
2,170円
-円
A
6/21
6/2-6/8
札幌A 3987
エコモット
2,500円
-円
A
6/27
6/8-6/14
東証M 6550
Fringe81
2,070円
-円
A
6/30
6/14-6/20
東証M 6551
ツナグ・ソリューションズ
1,970円
-円
B
6/30
6/14-6/20
JQS 3988
SYSホールディングス
2,560円
-円
A

マネックス証券の評判(IPOや手数料など)

マネックス証券IPOに関する最大の魅力はすでにほとんどの方
がご存知の通り100%完全抽選にあります。

募集等に係る株券等のお客様への配分に係る基本方針一部抜粋
IPO配分

募集等に係る株券等のお客様への配分に係る基本方針全文はこちら

100%完全抽選ということは、例えば直近IPOエナリス(6079)
でザックリ例えると主幹事は別として副幹事のSMBC日興証券
みずほ証券は388,500株を引き受けていました。

上記、大手証券会社のIPO配分ルールには引き受け株数の10%
抽選に回すとのルールがあります。

これらを加味して考えると、それぞれ38,800株が抽選に回る株数
となります(厳密には多少違います)

代わってマネックス証券の引き受け株数は77,700株しかありませ
んでした。しかし、冒頭にも申し上げた通りマネックス証券のIPO
100%完全抽選です。

ということは77,700株全てが抽選に回るということになります。

副幹事であるSMBC日興証券やみずほ証券よりも下位幹事である
マネックス証券の方が断然有利であることがわかりますよね。

もちろん、マネックス証券をオススメする理由はIPOの100%完全
抽選
だけではありません。

注文方法の豊富さにも魅力があります。
逆指値注文はもちろんのこと、ツイン指値注文連続注文リバー
ス注文など他の証券会社には無い注文方法がたくさんあり、ザラバ
に張り付けない方でも非常に便利な注文方法です。

端数株取引も可能で現物取引や信用取引の売買手数料も105円~
業界最安水準の手数料形態。

手数料

そして、今年これまでのIPO件数は32社あります。
内、マネックス証券18社のIPO幹事を引き受けています。

残念ながら私は相性が悪いので、あまり当選の2文字を見掛ける
事はありませんが、相性の良い方は頻繁に当選されていますね。

今後、IPO投資をしていく上では必須の証券会社の一つであると
思いますので、あらゆる観点から見て、是非この機会に口座開設を
ご検討されてみてはいかがでしょうか。

もちろん、口座開設費や維持費は一切無料です。

口座開設や詳細はこちら ⇒ マネックス証券

burogumura1
⇒ ブログ村 IPO 新規公開株

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

sbisec







立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ