★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
9/26
9/8-9/14
JQS 7809
壽屋
1,980円
1,980-2,000円
C
9/28
9/11-9/15
東証M 3482
ロードスターキャピタル
1,820円
1,640-1,820円
C
9/29
9/12-9/15
東証M 6697
テックポイント・インク
650円
620-650円
B→C
9/29
9/12-9/19
東証 9260
西本WismettacHD
5,250円
4,500-5,250円
D
9/29
9/13-9/20
東証M 3994
マネーフォワード
1,330円
1,350-1,550円
D→C
10/5
9/19-9/25
東証M 6556
ウェルビー
2,580円
2,400-2,580円
D
10/5
9/19-9/25
JQS 4124
大阪油化工業
1,830円
1,830-1,860円
D
10/5
9/20-9/26
東証M 6555
MS&Consulting
1,280円
1,150-1,280円
D
10/25
10/10-10/16
東証M 9262
シルバーライフ
2,400円
-円
C
10/25
10/10-10/16
東証M 3484
テンポイノベーション
3,000円
-円
C
10/26
10/10-10/16
東証M 3995
SKIYAKI
3,400円
-円
B

2016年のIPOはSBI証券からの当選がダントツで多かった!

タイトル通りとなっていますが、昨年(2016年)は個人的に相性の良い
証券会社からはIPOを頂けず、これまでそれほど相性が良いとは思って
いなかったSBI証券からの当選がなぜか意外にも多かったです。
その数なんと当選回数7回です。
IPOチャレンジポイントによる当選を含む)

当ブログ限定!新規証券口座開設キャンペーン開催中!
sbicp2017.1.31

もちろんSBI証券特有のIPOチャレンジポイント使用による当選もありま
すが通常の当選もあります。当ブログの読者さんはご存知かと思います
が資金力もそれほどありません^^;
IPOチャレンジポイント使用による当選は2回で抽選による当選は5回

エボラブルアジア(6191)IPO当選 2016年3月31日上場

エボラブルアジア(6191)IPO当選

公募価格:1,800円(100株当選)
初値価格:2,670円
初値売却益:+87,000円
IPOチャレンジポイント:不使用
※上記画像では20,000株申し込みとなっていますが、そこまでの資金は
持ち合わせていません^^;

PR TIMES(3922)IPO当選 2016年3月31日上場

PR TIMES(3922)IPO当選

公募価格:1,340円300株当選)
初値価格:2,130円
初値売却益:+237,000円
IPOチャレンジポイント:使用(ポイント数は非公開)
IPOチャレンジポイントの1ポイントの単価価値:約1,100円

LINE(3938)IPO当選 2016年7月15日上場

LINE(3938)IPO当選

公募価格:3,300円(100株当選)
初値価格:4,900円
初値売却益:+160,000円
IPOチャレンジポイント:不使用
※上記画像では10,000株申し込みとなっていますが、そこまでの資金は
持ち合わせていません^^;

チェンジ(3962)IPO当選 2016年9月27日上場

チェンジ(3962)IPO当選

公募価格:1,200円(100株当選)
初値価格:2,999円
初値売却益:+179,900円
IPOチャレンジポイント:不使用
※上記画像では20,000株申し込みとなっていますが、そこまでの資金は
持ち合わせていません^^;

フィル・カンパニー(3267)IPO当選 2016年11月18日上場

フィル・カンパニー(3267)IPO当選

公募価格:1,310円200株当選)
初値価格:4,000円
初値売却益:+538,000円
IPOチャレンジポイント:使用(ポイント数は非公開)
IPOチャレンジポイントの1ポイントの単価価値:約2,600円

エルテス(3967)IPO当選 2016年11月29日上場

エルテス(3967)IPO当選

公募価格:1,790円(100株当選)
初値価格:6,510円
初値売却益:+472,000円
IPOチャレンジポイント:使用(ポイント数は非公開)
IPOチャレンジポイントの1ポイントの単価価値:約2,200円
※IPOチャレンジポイント使用するもおそらくは抽選枠での当選のため
IPOチャレンジポイントは残念ながら無駄遣いとなりました><

キャリアインデックス(6538)IPO当選 2016年12月14日上場

キャリアインデックス(6538)IPO当選

公募価格:6,060円(100株当選)
初値価格:6,150円
初値売却益:+9,000円
IPOチャレンジポイント:不使用
※上記画像では10,000株申し込みとなっていますが、そこまでの資金は
持ち合わせていません^^;

昨年(2016年)のIPO利益は2,299,500円ありますが、そのうちSBI証券
当選したIPOの利益は1,682,900円あります。

およそ73%SBI証券で頂いたIPOの利益なのです。
SBI証券が無かったらと考えるだけでも恐ろしい年となりました^^;

ここまで多くのIPOをSBI証券から頂けたのは過去をさかのぼって思い出
してみても昨年(2016年)が最高です。
今年(2017年)も相性の良い年となってくれることを願います。

とにかくSBI証券IPO投資には欠かせない証券会社であることを改めて
思い知らされました。
IPO投資をされている方はSBI証券に口座が無いだけで機会損失!?

IPO投資用オススメ証券会社

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2017.1.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2016.12.31

 

2 Responses to “2016年のIPOはSBI証券からの当選がダントツで多かった!”

  1. かっつん より:

    いつも参考にさせていただいてます
    初心者です。できれば一つお教えください
    申込株数のことですが
    多くの申し込み株数が100株じゃないこと
    そのからくりはどうなっているのでしょう
    1000株とか10000株とか申し込んでもいいのでしょうか
    200株とか300株など複数当たってる事が不思議です
    それほど申し込みが少ないとは思えなくて・・
    お忙しいとは思いますが ご教授願えればうれしいです
    感謝しています

    • 西 和仁 より:

      こんにちは、かっつんさん。

      基本的に抽選枠での当選はよほど人気の無い
      銘柄でない限り、1,000株の申し込みであろう
      と10,000株の申し込みであろうと100株しか
      当選はありません。

      複数株当選しているような方は裁量配分と
      言って、店頭の営業さんから頂いているもの
      であると思います。
      ですので、厳密に言うと当選ではありません。

      店頭裁量配分を受けようと思えばよほど資金力
      があるか証券会社の担当者と太いパイプでつな
      がっている必要があります。

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

sbisec







立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ