★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

ウェルスナビ(WealthNavi)タイアップキャンペーン

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
想定価格
仮条件
評価
10/25
10/10-10/16
東証M 9262
シルバーライフ
2,400円
2,300-2,500円
B
10/25
10/10-10/16
東証M 3484
テンポイノベーション
3,000円
3,000-3,100円
C→B→A
10/26
10/10-10/16
東証M 3995
SKIYAKI
3,400円
3,200-3,400円
B→A
10/31
10/16-10/20
東証2部 7196
Casa
2,270円
2,060-2,270円
D
11/15
10/27-11/2
JQS 7808
シー・エス・ランバー
1,480円
-円
C
11/21
11/2-11/9
東証M 3996
サインポスト
2,200円
-円
A

SBI証券のIPO取り扱い実績が半端ない!

SBI証券が先日総合口座開設数が400万口座を達成したそうです。
それを記念して400万口座達成記念ということで「抽選で400名様に現金
10,000円プレゼントキャンペーン」が開催されています。

SBI証券400万口座達成記念
キャンペーン開催期間:2017年10月5日(木)~2017年11月2日(木)

ちなみにこのキャンペーンは自然参加ではなくエントリーが必要となって
いますので、もし参加される方はエントリーされることをお忘れなく。

あ、この記事の本題はこのキャンペーンではなくタイトルに記載させて頂
いているように今年(2017年)もSBI証券IPO取り扱い実績が半端なく
多いということを今さらながら気付いてしまいましたという記事です^^;

6月30日上場のツナグ・ソリューションズ(6551)から10月31日上場予定
Casa(7196)まで26連続幹事、そして今年IPO(新規上場)した会社
は予定も含めて62社ありますが、58社もの幹事を引き受けています。
なんとIPO幹事引き受け率93.5%です。リート系は除いています。

逆に言うと幹事を引き受けなかったIPOは4社しか無いため、ほぼすべて
の幹事を引き受けていることになります。その内主幹事も6社あります。
これは正直他の証券会社ではあり得ない驚異的な数字です。

SBI証券評判

以前より申し上げておりますが、IPO投資をする際にこのSBI証券の証券
口座は必須と言っても過言ではありません。

上記のようにIPO引き受け数は他の証券会社と比べてもダントツで多い
ですし、IPOチャレンジポイント制度と言って、IPOに落選するともらえ
るポイントを貯め続ければいずれはA級IPOをGETすることも可能です。
IPO投資をされている方はSBI証券に口座が無いだけで機会損失

今なら当ブログ限定新規口座開設タイアップキャンペーンも開催中です
ので、もしこれからIPO投資を始めようとお考えの方や、すでにIPO投資
は始めているがこのSBI証券に証券口座をお持ちで無い方は上記IPOチャ
レンジポイントを早く貯めるためにも、お早めに是非このお得な機会に
証券口座開設をオススメ致します。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SBI証券公式サイト
sbiscecp2017.11.30

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

話題の仮想通貨

IPO投資に必要な証券会社

sbisec







立花証券 ストックハウス 口座開設



rakuten







このページの先頭へ