当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

松井証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2018年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
12/12
11/28-12/3
東証 4423
アルテリア・ネットW
1,400円
1,150-1,500円
D→D
12/13
11/26-11/30
札証ア 1449
FUJIジャパン
730円
720-740円
C→B
12/13
11/28-12/4
東証2部 7670
オーウエル
700円
700-750円
D→C
12/17
11/29-12/5
JQS 7045
ツクイスタッフ
2,580円
2,580-2,630円
B→A
12/17
11/29-12/5
JQS 2970
グッドライフカンパニー
1,590円
1,550-1,600円
B→A
12/18
11/30-12/6
JQS 1450
田中建設工業
2,210円
2,210-2,400円
C→C
12/18
12/3-12/7
東証M 7046
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
2,900円
2,900-3,200円
A→A
12/19
12/3-12/7
東証 9434
ソフトバンク
1,500円
1,500円
D→D
12/19
12/4-12/10
東証M 4425
Kudan
3,260円
3,260-3,720円
S→S
12/20
12/4-12/10
東証M 7671
AmidAホールディングス
1,440円
1,440-1,460円
B→B
12/20
12/5-12/11
東証M 4424
Amazia
1,270円
1,270-1,320円
A→A
12/21
12/5-12/11
東証M 6232
自律制御システム研究所
3,380円
3,000-3,400円
C→C
12/21
12/5-12/11
東証M 7037
テノ.ホールディングス
1,900円
1,870-1,920円
B→A
12/21
12/6-12/12
東証M 4427
EduLab
2,800円
2,800-3,200円
C→C
12/21
12/6-12/12
東証M 7047
ポート
1,450円
1,420-1,480円
D→D
12/25
12/6-12/12
東証M 7048
ベルトラ
360円
360-384円
B→A
12/25
12/6-12/12
東証M 7330
レオス・キャピタルW
2,010円
1,300-1,400円
C→C
12/25
12/6-12/12
東証M 4428
リンク
3,110円
3,380-3,580円
A→A

今年のIPOはプチバブルではなくて完全にバブル!?

今年のIPO(新規公開株)はこれまで公募割れが一つも無く25連勝
という優秀な成績で推移しております。

この25連勝中という数字は少なくとも私がIPO投資を始めた
2006年9月以降では一度もありませんでした。

となると、もはやIPOプチバブルではなくてIPOバブルと言っても
良いのかもしれませんね。

traders.jpg

8カ月ぶりの地方市場案件となったホテル経営のアメイズは初値上昇率9%と1桁上昇での発進。最近のIPOとしてはかなり落ち着いたスタートだったが、昨年暮れからの連勝記録は途絶えず28に伸びた。公開価格割れも半ばコンセンサスだっただけに、むしろ好印象だったと言える。

商いは薄いながらも、4日目を過ぎてもしっかりとした展開になっている。九州に重点配分され、株主還元が手厚く地元では有名な屋号「亀の井」を持つことで、長期で構える投資家が多かったようだ。主幹事の配分政策が功を奏したともいえ、損失を出してまで売ろうとする投資家は少なかった。

東証との商いの差を考えれば、地方市場の動向が東証のIPOに影響することはないだろう。ただ、今年はこれまでなら問題案件とされるようなIPOでも、次々とクリアしており、変化の強さを感じずにはいられない。

中間期末となる9月は再び大型案件の上場が控える。東京証券取引所は16日、オープンハウスの本則市場への上場を承認した。公開規模は最大150億円に上る。日経平均株価が5月に急落して以降のIPOには変化の兆しも見られるが、来月もこの流れが続けば過度な心配はいらなそうだ。
(引用元:トレーダーズ・ウェブ

上記は昨年末の3連勝を合わせて28連勝となっています。
ファルテック(7215)、サントリー食品インターナショナル
(2587)、アメイズ(6076)など騰落率が10%を切っている
ギリギリ銘柄もありますが、連勝には変わりありません。

この調子でいけば、ひょっとすると今年は全勝?なんて気に
もなってきますね^^

昨日、IPO新規承認されたオープンハウス(3187)も毛嫌い
されやすい不動産銘柄ですが、今年の3月、4月に上場した
タマホーム(1419)やサンヨーホームズ(1420)を見ても
問題無さそうな雰囲気が感じられます。

オープンハウスの上場区分は未定ですが、東証1部に決まって
くれればさらに安心感がありますね。

IPOが活況になるのはうれしいことですが、確実に参加者も
増えているので、当選が困難になっているのも事実。

今年中にあと何銘柄引き当てられるかが勝負どころですね^^
その為にもやはり証券口座は多い方が有利です。

サンワカンパニー

野村證券(前受け金不要)
東洋証券
東海東京証券
丸三証券
エイチ・エス証券(アメイズ当選者あり)
SMBC日興証券(個人当選履歴最多)
SBI証券(IPOチャレンジポイント制度あり)
マネックス証券(100%完全抽選)
野村ネット&コール

条件は同じで8月31日まで延長となりました!
amazon1

詳細はこちら ⇒ DMM.com証券【DMM FX】
amazon2

⇒ Amazonギフト券15,000円分プレゼントキャンペーン完全攻略!

amazon3

burogumura1
⇒ ブログ村 IPO 新規公開株

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり

SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

このページの先頭へ