★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

松井証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2018年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
9/21
9/4-9/10
東証M 7036
イーエムネットジャパン
2,940円
2,880-3,000円
B→A
9/25
9/5-9/11
東証M 7325
アイリックCorp.
1,410円
1,600-1,770円
C
9/26
9/5-9/11
JQS 4398
BBセキュリティ
800円
690-750円
A
9/27
9/7-9/13
東証M 7326
SBIインシュアランスGR
2,160円
1,800-2,160円
D
9/27
9/10-9/14
JQS 6233
極東産機
395円
395-405円
C
9/28
9/10-9/14
東証M 7038
フロンティアM
2,260円
2,160-2,260円
B
9/28
9/11-9/14
東証 3612
ワールド
3,630円
2,900-3,200円
D
10/3
9/14-9/21
東証M 7039
ブリッジInt'l
2,090円
2,090-2,310円
A→B
10/10
9/21-9/28
東証M 7041
CRGホールディングス
1,020円
1,020-1,120円
B
10/12
9/25-10/1
東証M 4598
Delta-Fly Pharma
4,670円
4,570-4,770円
D
10/12
9/25-10/1
東証M 4420
イーソル
1,470円
-円
C
10/18
10/1-10/5
JQS 7805
プリントネット
1,360円
-円
C
10/19
10/2-10/9
東証M 9279
ギフト
1,900円
-円
C
10/19
10/3-10/10
JQS 4421
ディ・アイ・システム
1,220円
-円
A
10/23
10/5-10/12
東証M 3497
リーガル不動産
1,360円
-円
D

2018年前半戦のIPO成績と雑感!

今年(2018年)は昨年(2017年)のIPO当選ラッシュがまるでウソのよう
落選続きとなりました。個人的にかと思いましたが某ランキングサイト
を覗いてもやはり当選報告は例年に比べると激減していたように思います。

SMBC日興証券はIPO申し込み番号が申し込み者数となるため、それを見て
も参加者が増えたことは一目瞭然でした。SMBC日興証券IPO主幹事案件に
なると5万人超えは当たり前とまさにIPOブーム再燃の年となっています。

しかし参加者が増えようと減ろうとIPO愛好家としてはIPO申し込みをし続
けるしかIPO当選の道は開けません。なので管理人は今年も例年と変わりな
IPO主幹事はもちろんのことIPO平幹事、そしてIPO裏幹事(委託幹事)
も含めてほとんどの銘柄を全力申し込みしましたが、当選した銘柄は以下の
通りわずか3社(うち1社は辞退)という不甲斐ない結果となりました。

日総工産(6569) 100株みずほ証券で当選
信和(3447) 100株野村ネット&コールで当選するも辞退
アイペット損害保険(7323) 100株大和証券で通常当選

そしてこのわずか2社の当選分の初値売却益はわずか242,000円です><
ちなみにタラレバ話をさせて頂くと今年前半戦のIPO24社にすべて100株
当選し、すべて初値売却した場合の利益はなんと12,457,400円となります。

2018年IPO前半戦初値売却益

しかも一撃利益100万円超え銘柄が4社もあるというのが驚きです。
100万円超えの利益が出るIPOなんて1年に1社あるかどうかですからね^^;

わずか24社の初値売却益が1,200万円を超えるというのは管理人のIPO歴
の中でも見たことがありません。さすがにここまでIPOが過熱していれば
ブームとなってIPOも当選しにくくなることも納得です^^;

そして今年(2018年)前半戦はすでに様々な記録的IPOが登場しています。
RPAホールデングス(6572)はIPO主幹事がSBI証券でIPOチャレンジポイ
ントを使用した際の配分数は300株、初値売却益は一撃3,213,000円でポイ
ントボーダーラインが336ポイントというウワサなのでポイント単価9,562
と過去最高のポイント単価となりました。

HEROZ(4382)は公募価格4,500円に対して付いた初値は49,000円と実に
10.8倍の大化けIPOとなりました。初値売却益は100株でなんと4,450,000円
このHEROZ(4382)は1997年のブックビルディング制度となって以来最高
の初値上昇率で歴史に残るIPOとなりました。
ただ初値形成後は2日連続ストップ安ということで悪い意味でも歴史に名前
を刻んだIPOかもしれません。

すでに先日ラクスル(4384)のIPO新規上場承認が発表されたので2018年
IPO後半戦がスタートとなります。後半戦は知名度や注目度も高い大型IPO
メルカリソフトバンクも出てくる可能性が高いので益々IPO界が活況
になりそうですね。

2018年IPO前半戦は個人的には当選は頂いているものの惨敗と言っていい
成績だと思っているので、後半戦ではなんとか巻き返したいところです。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbiseccp2018.5.31

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp3000.2018.6.30

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2018.6.30

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!


岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

松井証券

・IPO70%完全抽選
松井証券のIPO(新規上場)申し込みルールが変更!

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

東洋証券

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

1,000円で株主になれる

銀行案内

オリックス銀行

新規申し込みで選べる電子マネーギフト2,000円分プレゼントキャンペーン開催中!

QRコード

スマートフォンや携帯でも当ブログをご覧頂けるようにQRコードを設置しました。

このページの先頭へ