当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

松井証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2018年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
12/12
11/28-12/3
東証 4423
アルテリア・ネットW
1,400円
1,150-1,500円
D→D
12/13
11/26-11/30
札証ア 1449
FUJIジャパン
730円
720-740円
C→B
12/13
11/28-12/4
東証2部 7670
オーウエル
700円
700-750円
D→C
12/17
11/29-12/5
JQS 7045
ツクイスタッフ
2,580円
2,580-2,630円
B→A
12/17
11/29-12/5
JQS 2970
グッドライフカンパニー
1,590円
1,550-1,600円
B→A
12/18
11/30-12/6
JQS 1450
田中建設工業
2,210円
2,210-2,400円
C→C
12/18
12/3-12/7
東証M 7046
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
2,900円
2,900-3,200円
A→A
12/19
12/3-12/7
東証 9434
ソフトバンク
1,500円
1,500円
D→D
12/19
12/4-12/10
東証M 4425
Kudan
3,260円
3,260-3,720円
S→S
12/20
12/4-12/10
東証M 7671
AmidAホールディングス
1,440円
1,440-1,460円
B→B
12/20
12/5-12/11
東証M 4424
Amazia
1,270円
1,270-1,320円
A→A
12/21
12/5-12/11
東証M 6232
自律制御システム研究所
3,380円
3,000-3,400円
C→C
12/21
12/5-12/11
東証M 7037
テノ.ホールディングス
1,900円
1,870-1,920円
B→A
12/21
12/6-12/12
東証M 4427
EduLab
2,800円
2,800-3,200円
C→C
12/21
12/6-12/12
東証M 7047
ポート
1,450円
1,420-1,480円
D→D
12/25
12/6-12/12
東証M 7048
ベルトラ
360円
360-384円
B→A
12/25
12/6-12/12
東証M 7330
レオス・キャピタルW
2,010円
1,300-1,400円
C→C
12/25
12/6-12/12
東証M 4428
リンク
3,110円
3,380-3,580円
A→A

テノ.ホールディングス(7037)のIPO(新規上場)初値予想!

テノ.ホールディングス(7037)のIPO(新規上場)第一弾初値予想
IPO想定価格ベース(4,440円)ですが大手初値予想会社より発表された
ようです。

テノ.ホールディングス(7037)のIPO(新規上場)初値予想
テノ.ホールディングス(7037)IPO初値予想

テノ.ホールディングス(7037)IPO新規上場承認(過去記事)

テノ.ホールディングス(7037)のIPO想定価格は4,440円となっている
ため、現時点では公募価格の1.1倍~1.3倍程度の初値形成になるのではな
いかと、やや弱めの初値予想となっており、それに伴って評価も5段階中
の上から3番目となるC級評価
となっているようです。

このテノ.ホールディングス(7037)のIPO仮条件は本日(8月31日)す
でにIPO想定価格4,440円に対して4,440円~4,600円と強気な設定で決定
しているため初値予想の変更があると思われます。変更初値予想などに
ついての追加情報は追加情報が入り次第、当記事の下部に追記致します。

テノ.ホールディングス(7037)の事業内容は保育園事業となっており、
IPO的に人気化するような業態ではないものの、昨今の多くの社会問題の
一つである待機児童解消問題に取り組む事業内容は国策でもあるため追
い風にはなりそうです。

ただやはりIPOという面で見ると東証マザーズ市場への上場で公開規模が
IPO仮条件上限決定(4,600円)で21.1億円となると荷もたれ感は否めま
せん。ベンチャーキャピタルの保有株も20万株ほどあり、ロックアップ
が掛かっているものの1.5倍以上になれば解除され売却可能となります。
最近はベンチャーキャピタルのロックアップ解除水準で露骨にベンチャー
爆弾が降ってくる傾向があるので1.5倍で警戒されるかもしれませんね。

テノ.ホールディングス(7037)の上場日は9月20日(木)で先日ご紹介
させて頂いたアズーム(3496)2社同日上場となる上、事業内容的には
不動産テック系アズーム(3496)の方に資金が回る可能性が高いです。

単価はIPO仮条件上限決定で4,600円と値ガサとなるため、リターンも大
きいですが、その分リスクも高くなります。現状はC級評価だけに慎重に
参加不参加を決める必要がありそうです。

ただ最近は株式市場も落ち着きを取り戻してきており、新興市場にも資金
が戻りつつあります。直近IPOもやや活況になっていますし、この調子が
続けばあまり心配する必要は無いかもしれません。逆に良い意味で評価の
見直しがあるかもしれません。

よって現時点での管理人の個人的なこのテノ.ホールディングス(7037)
のIPO参加スタンスは当初の予定通り全力申し込みで行く予定です。
もちろん何かしらの要因で再び地合いが悪くなれば再検討します。

とは言え、テノ.ホールディングス(7037)のIPO主幹事は野村證券
IPO株数も公募株及び売り出し株合わせて4,000枚しかないため狭き門
なのですけどね^^;

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 野村證券公式サイト
野村證券

ちなみにこのテノ.ホールディングス(7037)のIPO引き受け幹事団
以下の通りとなっております。

<IPO主幹事証券会社>
野村證券

<IPO引受幹事証券会社>
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券
・みずほ証券
・FFG証券
・西日本シティTT証券
・岡三証券
SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券(委託幹事)
岡三オンライン証券(委託幹事)

狭き門だとはわかっているのですが、今年(2018年)の野村證券との相
性が意外と良いので、どこかしら期待してしまいます^^

それと伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(3493)のIPO抽選
結果はどうだったのかというご質問をポツポツ頂きますが、管理人は
リートIPOのため参加しておりませんので、抽選結果が無いため記事に
していません。ご了承下さい。

ただ他のIPOブロガーさんは意外と参加されている方が多いようです。
IPO仮条件はIPO想定価格に対して強気な設定となり、かつIPO公募価格
も仮条件の上限で決まっていることから、それなりに人気があったことが
伺えます。ここに来てリートIPOの連敗記録はストップになる可能性が高
そうな雰囲気ですね。

<伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(3493)>
IPO想定価格:100,000円
IPO仮条件:100,000円~103,000円
IPO公募価格:103,000円

本日マリオン(3494)のIPOチャレンジポイントアンケートを終了させて
頂きました。たくさんのご協力ありがとうございます。

結果は上記より「結果を見る」よりご覧頂けますが、念のため下記にも記
載させて頂いておきます。アンケートにお答え下さいました方のコメント
は上記「結果を見る」にてご確認下さい。

使う:100件(44.6%)
使わない:124件(55.4%)

個人的には意外と使われる方が多いことに驚きました。

<追記>
テノ.ホールディングス(7037)のIPO仮条件決定後の初値予想が発表さ
れたようです。

5,800円~6,500円

IPO仮条件が強気な設定となったことからか、IPO初値予想第二弾はIPO
想定価格時点よりも上ブレした初値予想となっているようです。
ただ評価は変わらずでC級評価のままで変更なしのようです。

<追記>
テノ.ホールディングス(7037)の変更初値予想が発表されたようです。

5,500円~6,200円

and factory(7035)の初値結果が市場コンセンサスを下回ったことや、
外部要因も含め相次ぐ災害などで株式市場全体が不安定となっているこ
とから下ブレとなったようです。
ただ評価についてはC級評価のままで変更無しのようです。
続々と下ブレ予想となっていきますね。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2018.9.28.1

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2000.2018.9.28

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2018.9.30

松井証券公式サイト
matsuicp2018.11.30

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり

SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

このページの先頭へ