★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

DMM株IPO

当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO
大和証券はリックソフト(4429)とスマレジ(4431)のIPO主幹事です

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアッププログラム

松井証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン
SMBC日興証券は識学(7049)とフロンティアInt'l(7050)のIPO主幹事です

SBI証券タイアップオウログラム

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2019年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
2/22
2/6-2/13
東証M 7049
識学
1,640円
1,640-1,800円
A
2/26
2/8-2/15
東証M 4429
リックソフト
3,840円
3,840-4,000円
A
2/27
2/8-2/15
東証2部
名証2部
4430
東海ソフト
1,290円
1,410-1,500円
B
2/28
2/13-2/19
東証M 7050
フロンティアInt'l
2,290円
2,290-2,410円
C
2/28
2/13-2/19
東証M 4431
スマレジ
1,370円
1,200-1,370円
B
3/5
2/15-2/21
東証 1887
日本国土開発
500円
490-510円
D
3/12
2/22-2/28
東証2部 7673
ダイコー通産
1,510円
1,510-1,540円
C
3/13
2/26-3/1
東証 4432
ウイングアーク1st
1,970円
-円
D
3/13
2/26-3/4
東証M 4434
サーバーワークス
4,320円
4,320-4,780円
A
3/14
2/26-3/4
JQS 7057
エヌ・シー・エヌ
700円
700-800円
C
3/15
2/28-3/6
東証M 4435
カオナビ
1,780円
-円
B
3/18
2/28-3/6
東証M 7058
共栄セキュリティーS
2,070円
-円
C
3/19
3/1-3/7
東証2部 1451
KHC
850円
-円
D
3/19
3/1-3/7
東証M 4436
ミンカブ
960円
-円
C
3/19
3/4-3/8
東証M
名証セ
7059
コプロ・HD
2,090円
-円
D
3/20
3/5-3/11
東証M 7060
ギークス
1,930円
-円
B
3/25
3/7-3/13
東証M 4437
gooddaysHD
2,280円
-円
B
3/28
3/11-3/15
東証M 7062
フレアス
1,550円
-円
B
3/28
3/12-3/18
東証M 7674
NATTY SWANKY
3,270円
-円
C

投資法人など株式以外のIPOスケジュール2019年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
3/12
2/25-3/4
東証R 2972
サンケイリアルエステート
10.0万円
-万円
E

ブリッジインターナショナル(7039)のIPO(新規上場)初値予想!

ブリッジインターナショナル(7039)のIPO(新規上場)第一弾初値予想
がIPO想定価格ベース(2,090円)ですが大手初値予想会社より発表された
ようです。IPO主幹事は久しぶりに登場のSMBC日興証券です。

ブリッジインターナショナル(7039)のIPO(新規上場)初値予想
ブリッジインターナショナル(7039)IPO初値予想

ブリッジインターナショナル(7039)IPO新規上場承認(過去記事)

ブリッジインターナショナル(7039)のIPO想定価格は2,090円となって
いるため、現時点では公募価格の1.9倍~2.1倍程度の初値形成になるのでは
ないかと、強めの初値予想となっており、それに伴って評価も高く、5段階
中の最上級クラスとなるA級評価
となっているようです。

このブリッジインターナショナル(7039)のIPO仮条件はすでにIPO想定
価格2,090円に対して2,090円~2,310円の強気な設定で決定しているため
初値予想の変更があると思われます。変更初値予想などの追加情報につい
ては情報が入り次第、当記事の下部に追記致します。

ブリッジインターナショナル(7039)の事業内容は顧客先に訪問せずに
電話やメールを活用して営業活動を行うインサイドセールスの導入による
法人営業改革の支援となっており、業界実績No.1とは言うものの、現状の
業績はそれほど高くはありません。

ただクラウドシステムAI(人工知能)を用いての営業手法ということ
から個人投資家からの人気は高くIPO的にも人気化することになるのでは
ないかと思われます。

公開規模はIPO仮条件上限(2,310円)決定で8.1億円と東証マザーズ市場
への上場としては小型サイズでベンチャーキャピタルの保有株もなく、
上位株主にも解除価格無しで180日間のロックアップが掛かっているため
大きな売り圧力もありません。

上場日も10月3日(水)で単独上場となり、前後にも一定の空白期間が
あります。需給面は極めて良好ですね。

ただ足元ではIPO地合いが悪化しており、初値買い資金が入っていない上、
売り手の逃げ足も速い状況となっています。地合いさえ良ければ初日値付
かずも十分に視野に入ったと思いますが、今のままの雰囲気では良くても
上場当日気配最上限での初値形成が良い方でしょうか。

本日(9月13日)上場のマリオン(3494)と香陵住販(3495)のIPO初値
も無事に公募価格を上回っての初値形成となったものの、初値買い資金は
マリオン(3494)がおよそ7億円で、香陵住販(3495)に至ってはおよそ
4億円と両社共に10億円も入っていない状態でした。

<マリオン(3494)のIPO初値結果>
公募価格:2,380円
初値価格:3,800円(10:45初値形成)
初値売却益:+142,000円
本日終値:3,155円

<香陵住販(3495)のIPO初値結果>
公募価格:1,700円
初値価格:1,970円(9:25初値形成)
初値売却益:+27,000円
本日終値:1,701円

IPO地合いが良ければもう少し上値での初値形成となったでしょう。
IPOセカンダリについても両社共に盛り上がることはありませんでした。
特に両社は不動産関連銘柄ということでTATERU(1435)ショックが根強
く影響したものと思われます。

マリオン(3494)はSBI証券IPO主幹事案件ということでIPOチャレンジ
ポイントを使用して当選された方を多くお見掛けしました。

当選ボーダーラインはかなり高めの310ポイント前後とのウワサだったの
で1ポイント当たりの単価としてはおよそ460円となり、初値売却で利益は
出たものの気持ち的にはやや納得いかなかった方も多いかもしれませんね。

と、話がそれてしまいましたがこのブリッジインターナショナル(7039)
の上場時の地合いが回復しているからどうかはわかりませんが、事業内容
や規模からさすがに公募割れは無いと思われるため管理人の個人的なIPO
参加スタンスは当初の予定通り全力申し込みで行きます。

ちなみにこのブリッジインターナショナル(7039)のIPO引き受け幹事団
は以下の通りとなっております。

<IPO主幹事証券会社>
SMBC日興証券

<IPO引受幹事証券会社>
SBI証券
マネックス証券
・エース証券

IPO主幹事は久しぶりのSMBC日興証券と言うことで、最近でこそ相性が
あまり良くないですが、このブリッジインターナショナル(7039)のIPO
当選をキッカケに相性復活となってほしいところです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SMBC日興証券公式サイト

<追記>
ブリッジインターナショナル(7039)のIPO仮条件決定後の初値予想が
発表されたようです。

3,500円~4,200円

IPO仮条件は強気な設定となったにも関わらず、IPO初値予想第二弾
IPO地合いの弱さからかIPO想定価格時点よりも下ブレ初値予想とな
っているようです。
それに伴って評価もA級評価からB級評価に格下げされているようです。

続々と初値予想が下ブレされて行きますね。
このままIPO氷河期時代に入ってしまうのでしょうか。
この状況が続けば上場延期や中止も出てくるかもしれませんね。

<追記>
ブリッジインターナショナル(7039)の変更初値予想が発表されたよう
です。

3,800円~4,500円

直近IPOアズーム(3496)が市場コンセンサスを上回る強い初値形成と
なったことからか初値予想が若干上ブレとなったようです。
ただ評価についてはB級評価のままで変更無しのようです。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2018.9.28.1

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2000.2018.9.28

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2018.9.30

松井証券公式サイト
matsuicp2018.11.30

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO取り扱いスタート

2019年2月1日(金)よりIPOの取り扱いが決まりました。
前受け金不要完全平等抽選

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり
大和証券のIPO詳細

SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!

平幹事でMTGのIPO頂きました


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

このページの先頭へ