★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

東海東京証券IPO
東海東京証券は4月IPO主幹事3社平幹事2社と5社すべてに絡んでいます

当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO
大和証券はトビラシステムズ(4441)のIPO主幹事です

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアッププログラム

松井証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン

SBI証券タイアッププログラム

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2019年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
3/28
3/11-3/15
東証M 7062
フレアス
1,550円
1,650-1,850円
B
3/28
3/11-3/15
東証M 7061
日本ホスピスHD
780円
840-1,000円
D
3/28
3/12-3/18
東証M 7674
NATTY SWANKY
3,270円
3,140-3,270円
C
3/29
3/12-3/18
東証M 7063
エードット
1,010円
1,010-1,110円
A
3/29
3/13-3/19
東証M 4438
Welby
3,660円
4,750-5,200円
A→S
4/3
3/18-3/25
東証M
名証セ
4439
東名
3,290円
3,130-3,290円
C→B
4/8
3/20-3/27
東証M 4440
ヴィッツ
2,260円
2,260-2,650円
A→A
4/24
4/8-4/12
東証M 7064
ハウテレビジョン
1,210円
-円
A
4/25
4/9-4/15
東証M 7676
グッドスピード
1,210円
-円
B
4/25
4/9-4/15
東証M 4441
トビラシステムズ
2,040円
-円
B

2018年のIPO個人当選データ!13銘柄IPO当選の損益は!?

例年ですが管理人の今年(2018年)の年間IPO損益を計算しました。
今年(2018年)のIPO(新規上場)最終件数は90社となり、そのうち管
理人のIPO当選銘柄数は13銘柄でした。

読者の皆さんのIPO当選銘柄数やIPO利益は満足いく結果となりましたで
しょうか。個人的には年初に掲げたIPO利益目標300万円にはまったく届
かずとなり、200万円にすら届きませんでした><

それどころか年末は4連続当選などと喜んでいたのも束の間で個人的には
過去最低水準となる公募割れ銘柄を2社も引き当ててしまい多くの利益を
削る結果となってしまい、年間での利益はプラスで推移しているため贅沢
なのかもしれませんが、あまり満足な結果とは言いがたい心境です。

ということでとりあえず以下に今年(2018年)の管理人の個人的なIPO
当選銘柄と損益を記載させて頂きます。

2018年度IPO当選銘柄

IPO銘柄 IPO公募価格 IPO初値価格 IPO売却損益
日総工産 3,250円 4,020円 77,000円
アイペット損害保険 2,850円 4,500円 165,000円
ラクスル 1,500円 1,645円 14,500円
メルカリ×3 3,000円 5,000円 600,000円
エーアイ×2 1,000円 3,500円 500,000円
キャンディル 1,180円 1,800円 62,000円
MTG 5,800円 7,050円 125,000円
and factory 2,570円 4,010円 144,000円
ソフトバンク×25 1,500円 1,463円 -92,500円
自律制御システム研究所 3,400円 2,830円 -57,000円
EduLab 3,200円 3,270円 7,000円
ポート×3 1,480円 930円 -165,000円
リンク 3,580円 7,620円 404,000円

IPO初値売却益:+2,098,500円
IPO初値売却損:-314,500円
差し引きIPO損益:+1,784,000円

合計1,784,000円の利益(手数料及び税金は考慮せず)となり、個人的に
IPO利益が200万円を超えなかったのは実に6年ぶりとなります><
ちなみにすべてマイルールに従って初値で売却しています。

タラレバ話ですが年末のソフトバンクショックが無ければ上記のような
ヒドい公募割れはなく200万円は突破できていたかもしれません。
もちろん投資は自己責任なので誰のせいでもなく自分のせいなのは十分
承知していますが。

ただこのように残念な結果とはなったものの良いこともありました。
今年(2018年)でIPO総利益がようやく2,000万円を超えることができ
たので、この部分は素直に喜んでいます。
苦節12年!IPO利益が2,000万円を超えました!

ちなみに今年(2018年)のIPO申し込み回数は管理人口座、法人口座及
び未成年口座を含めると1,000回以上となります。
正直これだけ申し込んで上記当選回数はかなり少ないと感じています。
年々IPO当選が厳しくなっていますね。

一時は裏ペナルティなるものでもあるのかと証券会社の抽選システムを
疑ってしまう時期もありましたが、SBI証券ソフトバンク(9434)を
キャンセルしたにも関わらずリンク(4428)を頂くことができたので
少なくともSBI証券に裏ペナルティなるものは存在しないと思います。

それどころか12月はこのSBI証券で当選を頂いたリンク(4428)に助け
られました。リンク(4428)が無ければIPOが嫌いになっていたかもし
れません。と言うのは冗談ですが。

どちらにしても年々IPO当選が難しくなっていることを実感しています。
以前の記事でも書きましたが数年前であれば当選確率は3%程度はあった
のですが、最近は1%もありません。

来年(2019年)も引き続き厳しい年となるかもしれませんが、もちろん
管理人のメイン投資であるこのIPO投資をコツコツ続けて行きます。
左サイドバーの「管理人の過去IPO成績」も更新致しました。

そして本日「FISCOソーシャルレポーター」としてYahoo!ファイナンス
のトップページにブログでは書いていない記事を掲載して頂きました。
お時間ございましたら是非見てみて下さい。
2018年のIPO市場は史上最高が2件誕生!

Yahoo!ファイナンストップページ(2018年12月29日)
Yahoo!ファイナンストップページ2018.12.29

IPO投資成功の秘訣はなんと言っても証券会社の保有数です。
来年(2019年)はIPO投資を始めてみようとお考えの方は下記過去記事
をご参考にされてみて下さい。
IPO投資に必要なオススメの証券会社(初心者編)

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

松井証券公式サイト
松井証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2018.12.31

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO取り扱いスタート

2019年2月1日(金)よりIPOの取り扱いが決まりました。
前受け金不要完全平等抽選

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり
大和証券のIPO詳細

SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!

平幹事でMTGのIPO頂きました


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

仮想通貨取引所

コインチェック

このページの先頭へ