当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

松井証券タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2018年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
11/28
11/9-11/15
東証M 3498
霞ヶ関キャピタル
3,660円
3,000-3,240円
A
12/11
11/22-11/29
東証M 7044
ピアラ
2,210円
2,350-2,550円
A
12/11
11/22-11/29
東証M 7043
アルー
1,300円
1,300-1,370円
A
12/12
11/28-12/3
東証 4423
アルテリア・ネットW
1,400円
-円
D
12/13
11/26-11/30
札証ア 1449
FUJIジャパン
730円
-円
C
12/13
11/28-12/4
東証2部 7670
オーウエル
700円
-円
D
12/17
11/29-12/5
JQS 7045
ツクイスタッフ
2,580円
-円
B
12/17
11/29-12/5
JQS 2970
グッドライフカンパニー
1,590円
-円
B
12/18
11/30-12/6
JQS 1450
田中建設工業
2,210円
-円
C
12/18
12/3-12/7
東証M 7046
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
2,900円
-円
A
12/19
12/3-12/7
東証 9434
ソフトバンク
1,500円
-円
C
12/19
12/4-12/10
東証M 4425
Kudan
3,260円
-円
A
12/20
12/4-12/10
東証M 7671
AmidAホールディングス
1,440円
-円
B
12/20
12/5-12/11
東証M 4424
Amazia
1,270円
-円
A
12/21
12/5-12/11
東証M 6232
自律制御システム研究所
3,380円
-円
B
12/21
12/6-12/12
東証M 4427
EduLab
2,800円
-円
C
12/21
12/6-12/12
東証M 7047
ポート
1,450円
-円
C
12/25
12/6-12/12
東証M 7048
ベルトラ
360円
-円
B
12/25
12/6-12/12
東証M 7330
レオス・キャピタルW
2,010円
-円
C
12/25
12/6-12/12
東証M 4428
リンク
3,110円
-円
A

マネックス証券のIPO(新規上場)メリット!IPO裏幹事(委託幹事)もあり!

マネックス証券IPO(新規上場)株の配分割合は100%完全抽選方式
いうことはおそらくIPO愛好家の方であればすでにご存知だと思います。
マネックス証券IPO(新規上場)を申し込む際の一つのメリットですね。

もちろん100%完全抽選だからといって簡単にIPOに当選するとは言えま
せんが、大手証券会社のように引き受け株数の10%を抽選に回すという
ことを考えれば、マネックス証券平幹事でも場合によっては主幹事より
も多く配分がある場合もあるため、有利になることもあります。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ マネックス証券公式サイト

やや例としては悪いですが、今回IPO市場では大盛り上がりを見せている
メルカリ(4385)のIPO配分割合予定株数を下記の過去記事で一度ご確認
してみて下さい。記事下部の方に記載しております。
⇒ メルカリ(4385)IPO新規上場承認(過去記事)

このメルカリ(4385)を例に出すとIPO主幹事大和証券のIPO引き受け
株数が7,953,500株、同じくIPO主幹事三菱UFJモルガン・スタンレー
証券のIPO引き受け株数は7,006,700株の予定配分数となっています。

それに対してこのマネックス証券のIPO引き受け株数は平幹事となるため
少なく、予定では56,800株しかありません。残念ながらIPO総株数のわず
か0.3%しかありません。

しかしここで抽選割合をあらためて見てみると大和証券の抽選割合は15%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券の抽選割合は10%というルールになっ
ているため、それぞれのIPO配分割合を上記引き受け株数に当てはめてみ
ると、大和証券11,930枚三菱UFJモルガン・スタンレー証券について
7,006枚と圧倒的に多いですがマネックス証券の抽選割合は何度も申し
上げますが100%です。となると568枚ものIPO配分があります。
これがもし他の証券会社のように10%であれば56枚しかありません。

今回のメルカリ(4385)は上位大手証券会社5社だけで99%以上を占めて
いるため異例的な感じなのでマネックス証券の配分数が少なく感じるかも
しれませんが、それでも10%配分と100%配分では10倍も違います。
要するにこのメルカリ(4385)のIPO主幹事がもしマネックス証券であれ
79,535枚もIPO配分数があったということになります。
これがこの100%完全抽選方式でマネックス証券の最大の魅力でありメリ
ットであると思います。

しかもマネックス証券すべての方に公平な抽選方式を採用しているので
申込数や過去の取引実績、また資産状況なども関係なく、IPO申込みした
すべての方に平等に当選の可能性があります。

ネット証券の中ではIPOの取扱銘柄も豊富でこの6月のIPOプチラッシュの
取り扱い銘柄も6銘柄のIPO引き受け幹事となっています。

マネックス証券2018年6月取り扱いIPO6社

メルカリ(4385) IPO申し込み期間:6月4日~6月8日
ZUU(4387) IPO申し込み期間:6月5日~6月11日
ライトアップ(6580) IPO申し込み期間:6月6日~6月12日
国際紙パルプ商事(9274) IPO申し込み期間: 6月7日~6月13日
アイ・ピー・エス(IPS)(4390) IPO申し込み期間:6月11日~6月15日
インバウンドテック(7031) IPO申し込み期間:6月12日~6月18日

そして上記IPO銘柄の中でも国際紙パルプ商事(9274)に至っては正規幹事
ではなくIPO裏幹事(委託幹事)となっております。

ちなみにマネックス証券のIPO取り扱い数は全証券会社の中でもトップ5
実績があり、2017年は37銘柄ものIPO引き受け幹事となっています。

もちろん口座開設費や口座維持費などの諸経費は不要でNISA口座にも対応
しています。最短3営業日で取引可能となるため今から口座開設してもどの
IPO銘柄の申し込みにもまだ十分間に合うと思われます。

さらに今なら新規口座開設キャンペーンも開催しているのでお得に口座開設
することができますので、IPO愛好家の方でまだこのマネックス証券の口座
をお持ちでない方は是非このお得な機会に口座開設を検討されてみてはいか
がでしょうか。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ マネックス証券公式サイト

 

4 Responses to “マネックス証券のIPO(新規上場)メリット!IPO裏幹事(委託幹事)もあり!”

  1. 麻垣康三 より:

    マネックス証券でNISA口座の受付が始まったころ、同社は「IPOもNISAの対象であり、かつ課税口座とNISA口座は別口座扱いなので、『IPOを、課税口座とNISA口座でダブルでBB申告等ができます』」と宣伝してた記憶がありますが、今はどうなのか、御説明がございませんが?? 
     今でもこの「ダブルで」が続いてるのなら、管理人様は「NISA口座はマネックスで」という記事の締めくくりになりそう、なはずですが、そうなってないのは、なぜ?? と思ってしまいます。勘ぐりすぎでせうか?

    • 西 和仁 より:

      こんばんは、麻垣さん。

      課税口座とNISA口座でダブルでBB申告可能と
      私がご説明させて頂いたのでしょうか。

      私はそのようなご紹介をさせて頂いたことは
      ありませんが。

      初めて聞きました。
      一応調べましたが、そういった情報は無いと
      思われます。

  2. 麻垣康三 より:

    マネックス証券の、次の頁
    https://info.monex.co.jp/nisa/method.html
    の、
    「IPO・POにお申込みの場合」
    とゆう段に、
    「証券総合取引口座と、NISA口座の双方で同一銘柄の需要申告(および購入申込み)が可能です。抽選となる場合の取扱いについて以下の「証券総合取引口座とNISA口座の双方でお申込みの場合の抽選」をご確認ください。」
    とゆう文字列があるのですが?
    (もっとも、「双方の口座にてお申込みいただくことにより当選確率が上がるものではないことにご留意ください。」ともあるんですけど。わざわざこう書いてる、ってことは「そういう申込みや問合せが多い」ことの反映か、という気が)

    • 西 和仁 より:

      おはようございます、麻垣さん。

      本当ですね。
      IPO愛好家ながら初めて見ました^^;
      お恥ずかしい限りです。

      当選確率は上がるものではないという点は気になり
      ますが、次のマネックス証券取り扱いIPO銘柄で
      本当に申し込めるのかどうか一度やってみます。

      情報ありがとうございました。

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

このページの先頭へ