★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券タイアップキャンペーン

岡三オンライン証券タイアップキャンペーン

松井証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2018年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
7/23
7/4-7/10
東証M 7033
MSOL
2,010円
2,000-2,100円
A
7/24
7/6-7/12
東証M 4393
BOI
870円
870-960円
A
7/25
7/6-7/12
東証M 3491
GA technologies
2,130円
2,310-2,510円
A
7/26
7/9-7/13
東証M 4394
エクスモーション
3,200円
3,140-3,340円
B
7/26
7/10-7/17
東証M 4395
アクリート
690円
690-770円
A
7/27
7/10-7/17
東証M 7034
プロレド・パートナーズ
4,100円
4,100-4,250円
C→B
8/2
7/17-7/23
JQS 5699
イボキン
1,760円
1,760-1,930円
C→D
8/2
7/18-7/24
東証M 4396
システムサポート
1,650円
1,650-1,750円
A

マネックス証券のNISA口座で有利に資産運用してみませんか?

2014年から始まった少額投資非課税制度であるNISA

もしこれから資産運用をお考えで、さらにNISA口座の開設をどの
金融機関、または証券会社で作ろうとお考えの方がいらっしゃれば
様々な証券会社や金融機関の口座作成のメリットを吟味したうえで
作られたほうが良いかもしれません。

まずこのNISAについて簡単に説明しますと、NISAは2014年1月
から全国一斉に始まった新証券税制で、1年間の最高100万円を上限
に非課税枠で運用された投資資金が5年間通常20%かかる税金が
非課税になるというとても画期的な証券税制です。

clip_image002

最初に証券会社に口座をつくり、運用をする場合は特定口座と呼ば
れる口座で運用するのか、またはNISA口座で運用するかを選択しま
すが、この選択ができるようになったのが今年の1月からで、この
制度をきっかけにこれまで投資運用に興味のなかった層を取り込め
ると全国の証券会社や銀行がこぞって新規顧客獲得に乗り出しました。

ではこのNISA口座を作ろうと思うと、どこの証券会社や銀行に口座
を作成するのが良いのかというところになるのですが、まずNISAで
何をしたいかを明確にするところから始まります。NISAは証券口座
でありながらできる取引が限られていますので、予めNISAでできる
取引種類を確認されたほうが良いでしょう。

そうすると一つの答えにたどり着くと思います。
「証券口座には取引手数料がかかりその手数料は証券会社によって
まちまちである」という事。
そして「取扱銘柄数も証券会社によって異なり数が多い方が選択肢
も増えるのでより有利に運用ができる」
つまり「投資先が豊富にあり手数料が安い証券会社でNISAを開けば
賢く運用できる可能性がある」ということになります。

しかしそんな都合の良い金融機関なんてあるのでしょか?
じつはそれがあるのです。

マネックス証券のNISA口座

clip_image002[6]

これはネット証券会社大手のマネックス証券が取り扱っているNISA
口座なのですが、マネックス証券で始めるNISAの特徴として、他の
証券会社では真似のできない、業界トップクラスの手数料の低さ
あります。

売買手数料の支払い方法は1約定ごとと1日定額2種類ありますが、
10万円以下の約定額であれば一律100円、50万円以下の約定額でも
450円と大変リーズナブル。

また投資先も日本国内株式はもちろん、米国株アジア株国内海外
投資信託海外債券新興国関連ファンドと幅広く用意。

clip_image002[8]

そしてさらにマネックス証券のすごいところは初めてのNISA、また
は初めの資産運用の顧客に対して、万全のサポート体制を敷いている
ということ。

マネックス証券はネット証券ですから、店舗は持たずマネックス社員
と顧客との直接の接点はコールセンターがメインとなり、顧客対応の
最前線となります。

このコールセンターには、毎日様々な問い合わせが入ってくるのです
が、もちろんこれからマネックスで新規で口座を開きたいという問い
合わせにも、親切にそして丁寧に答えてくれます。
営業時間は平日の8時から17時まで。

clip_image001

もしこれからNISAを始められたいということであれば、取扱い銘柄数
取引手数料ともに業界最安値であるマネックス証券はおススメです。

コールセンターへ直接マネックスの担当者と話をしながら、これから
口座開設するかどうかを検討されるも良いでしょうし、またはネット
からそのまま申し込みをするも良いでしょう。

clip_image002[10]

マネックス証券は資産運用を志したあなたに敬意を払い、そして初めて
でも安心して売買ができる様、全力でお手伝いしてくれることでしょう。

そしてIPO100%完全抽選で、人気化間違いなしのイグニス(3689)
の幹事も務めています。もちろん今から口座開設しても申込みには十分
間に合いますので、まだ口座をお持ちでない方はぜひ口座開設をご検討
されてみてはいかがでしょうか。

口座開設や詳細についてはコチラ ⇒ マネックス証券

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SBI証券

sbisec

70%を完全抽選
30%をチャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

SMBC日興証券

10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

カブドットコム証券

・平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!


岡三オンライン証券

100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

ライブスター証券

100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

10%以上を完全抽選

東洋証券

10%以上を完全抽選

松井証券

70%完全抽選

丸三証券

10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

当ブログ一押しFXキャンペーン

インヴァスト証券ETF


インヴァスト証券


FXトレーディングシステムズ

QRコード

スマートフォンや携帯でも当ブログをご覧頂けるようにQRコードを設置しました。

このページの先頭へ