★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

東海東京証券IPO
東海東京証券は4月IPO東名(4439)とヴィッツ(4440)のIPO主幹事です

当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアッププログラム

松井証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン
SMBC日興証券はフレアス(7062)とWelby(4438)のIPO主幹事です

SBI証券タイアッププログラム

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2019年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
3/19
3/1-3/7
東証M 4436
ミンカブ
960円
950-1,050円
C
3/19
3/1-3/7
東証2部 1451
KHC
850円
800-850円
D
3/19
3/4-3/8
東証M
名証セ
7059
コプロ・HD
2,090円
2,050-2,090円
D
3/20
3/5-3/11
東証M 7060
ギークス
1,930円
1,800-1,930円
B
3/25
3/7-3/13
東証M 4437
gooddaysHD
2,280円
2,000-2,280円
B
3/28
3/11-3/15
東証M 7062
フレアス
1,550円
1,650-1,850円
B
3/28
3/11-3/15
東証M 7061
日本ホスピスHD
780円
840-1,000円
D
3/28
3/12-3/18
東証M 7674
NATTY SWANKY
3,270円
3,140-3,270円
C
3/29
3/12-3/18
東証M 7063
エードット
1,010円
1,010-1,110円
A
3/29
3/13-3/19
東証M 4438
Welby
3,660円
4,750-5,200円
A→S
4/3
3/18-3/25
東証M
名証セ
4439
東名
3,290円
3,130-3,290円
C→B
4/8
3/20-3/27
東証M 4440
ヴィッツ
2,260円
2,260-2,650円
A

株式投資はどこの証券会社をメインで使っているのか!?

たまに読者様より株式投資をする際はどこの証券会社を使っているのか
とのご質問頂くのですが、これは以前も何度か記事でも記載しています
が、預け入れ資産の関係から基本的にはSBI証券です。

短期トレードする際もSBI証券のトレーディングツール「HYPER SBI
を使用しています。専業でも無い限りはおそらく十分間に合います。

sbiseccp2018.1.31

しかしを見たり株主優待取りをしたりするのに使用している証券会社
は実のところ松井証券なんです。これは意外に思われた方も多いかもし
れませんね。でも本当なのです。

実際にIPO(新規上場)気配値を見たり、株主優待取りをする際には
以下の画像の通り、この松井証券を使っております。特に株主優待取り
をする際には無期限信用取引というのがあり、逆日歩が掛からない点で
は余計な心配が不要でローリスクなため非常に助かっております。

松井証券株価ボード
松井証券株価ボード
※上記画像はクリックで拡大します。

松井証券株主優待取り
松井証券株主優待取り
※上記画像はクリックで拡大します。

この松井証券を使う理由は単純で管理人が一番始めに株式取引をした証
券会社という理由です。今でこそ一日の株式取引の約定代金が10万円ま
では手数料無料という証券会社が多数ありますが、当時はこの松井証券
だけだったはずです。うろ覚えですが^^;

それにやはり何をするにもそうですが、一番始めに使ったという部分で
慣れというものが付いてきます。歳を取るとこの慣れというのがバカ
にできなくなってしまうのです^^;

とまあ松井証券との馴れ初め的なことを書いてしまいましたが、肝心の
IPOもどうなんだってことですが、正直やはり取り扱いIPO件数が少ない
ということと委託幹事(裏幹事)になることが多いため引き受け株数も
少ないため当選はお世辞にも当たりやすいとは言い難いです。

しかし管理人自身も数年前に一度だけ実際にIPOに当選したこともありま
すし、知人もA級IPO銘柄に当選したことがありますので、可能性はゼロ
ではありません。

それ以外にこの松井証券は以下のように6つの自信を持たれているため、
IPOで使うということ以外でも十分に利用価値はあると思います。

松井証券の6つの自信
松井証券の6つの自信
※上記画像はクリックで拡大します。

記事中ほどでも申し上げた通り、この松井証券管理人が株式投資を
始めたときに一番最初に口座を作った証券会社です。管理画面も見慣れ
ていますし、使い勝手も慣れています。
これでIPO当選の相性が良ければ言うことないのですが^^;

と、こんな感じですが、株価ボード株主優待取りではオススメできる
証券会社なので、もしまだ口座をお持ちで無い方はこの機会にいかがで
しょうか。もちろん口座開設費口座管理料などの諸経費は一切掛かり
ませんのでご安心下さい。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 松井証券公式サイト

 

2 Responses to “株式投資はどこの証券会社をメインで使っているのか!?”

  1. 麻垣康三 より:

    管理人様は岡三オンライン証券(最近IPOの幹事が増えた)の下記キャンペーンをどう見ておられるのでしょう? 大和のプレミア・ゴールド(預かり資産3000万円以上)は無理でも、1000万円なら、ありそうな気もしますが?

    「信用取引をしない方も、優遇手数料コース「プレミアゼロ」「プラチナ」が適用されるとIPOの当選確率がアップ!」

    • 西 和仁 より:

      おはようございます、麻垣さん。

      投信購入でステージを上げても岡三オンライン証券は
      あくまでも委託幹事(裏幹事)なので、元々の配分数
      が少ないと思います。

      ですので、個人的には数千万円分の投信を購入してと
      そこまでのリスクを負ってというのは現時点では考え
      ておりません。

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO取り扱いスタート

2019年2月1日(金)よりIPOの取り扱いが決まりました。
前受け金不要完全平等抽選

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり
大和証券のIPO詳細

SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!

平幹事でMTGのIPO頂きました


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

仮想通貨取引所

コインチェック

このページの先頭へ