当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

松井証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2018年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
12/12
11/28-12/3
東証 4423
アルテリア・ネットW
1,400円
1,150-1,500円
D→D
12/13
11/26-11/30
札証ア 1449
FUJIジャパン
730円
720-740円
C→B
12/13
11/28-12/4
東証2部 7670
オーウエル
700円
700-750円
D→C
12/17
11/29-12/5
JQS 7045
ツクイスタッフ
2,580円
2,580-2,630円
B→A
12/17
11/29-12/5
JQS 2970
グッドライフカンパニー
1,590円
1,550-1,600円
B→A
12/18
11/30-12/6
JQS 1450
田中建設工業
2,210円
2,210-2,400円
C→C
12/18
12/3-12/7
東証M 7046
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
2,900円
2,900-3,200円
A→A
12/19
12/3-12/7
東証 9434
ソフトバンク
1,500円
1,500円
D→D
12/19
12/4-12/10
東証M 4425
Kudan
3,260円
3,260-3,720円
S→S
12/20
12/4-12/10
東証M 7671
AmidAホールディングス
1,440円
1,440-1,460円
B→B
12/20
12/5-12/11
東証M 4424
Amazia
1,270円
1,270-1,320円
A→A
12/21
12/5-12/11
東証M 6232
自律制御システム研究所
3,380円
3,000-3,400円
C→C
12/21
12/5-12/11
東証M 7037
テノ.ホールディングス
1,900円
1,870-1,920円
B→A
12/21
12/6-12/12
東証M 4427
EduLab
2,800円
2,800-3,200円
C→C
12/21
12/6-12/12
東証M 7047
ポート
1,450円
1,420-1,480円
D→D
12/25
12/6-12/12
東証M 7048
ベルトラ
360円
360-384円
B→A
12/25
12/6-12/12
東証M 7330
レオス・キャピタルW
2,010円
1,300-1,400円
C→C
12/25
12/6-12/12
東証M 4428
リンク
3,110円
3,380-3,580円
A→A

米国株取引するならマネックス証券がオススメです!

資本主義経済の中でもっとも強い力を持つものは何かというと、商品を
たくさん持っており、そしてそれを武器にたくさんの富を稼ぐことが
出来るものが最も強いものとされています。

それは国際的な商品流通が日常化した現代で例えるなら資源国と技術力
を持った国家が経済的に最も強い力を持ちます。

つまり単刀直入に申し上げますと、いくら国際競争力が落ちてきて景気
が不安定といわれている昨今のアメリカ経済であったとしても、やはり
アメリカの資源と人材そして、強い経済力と不屈の国民性が生む底力
はおそらくどの国も敵いません。

このことからアメリカへの投資というのは基本的には冷え込む要素が
ないと考えることもできます。

例えば世界経済を牽引する企業の多くがアメリカ企業ですし、それは
世界企業の上位20社の時価総額を見ればアメリカ企業がいくつも含ま
れています。

またアメリカ企業の底力の強さとして、経営基盤のしっかりした伝統的
なグローバル企業がいくつもあるということ。

例えばマクドナルドコカコーラといった昔からある企業が今でも成長
を続けていますし、一方でグーグルや、アップルインテルHPといっ
た新興系の企業も今では世界的なグローバル企業の一端を担っています。

このように米国株の特徴として、ニューヨーク市場などに上場している
企業の多くが、企業としての経営基盤のしっかりした企業が多く、そして
その層がとても厚い、またグローバルにビジネスを展開している企業が
多く、また投資先も製造から食品、流通やIT、ブランド品や薬品に至る
まで幅広い分野に投資でき、その銘柄数だけでも、なんと5,000社弱
投資対象。

日本の東証とは比較にならないくらいの幅の広い投資先が魅力です。

このように数千社にも及ぶ多様なフィールドへ投資できる環境は世界的
に見てもアメリカぐらいしかなく、いかにアメリカ企業が世界経済の
牽引役であり、また魅力ある投資銘柄をいくつも持った国であるかが
お分かり頂けると思います。

ではこの魅力あるアメリカ株式ETFなど投資信託を始めようとした時、
いったいどの証券会社が良いのでしょう。

実は米国株式投資においておススメな証券会社があります。

マネックス証券の米国株取引をご存知でしょうか?
マネックス証券の米国株取引はなんと取り扱い銘柄数が2,800銘柄
業界最大手。他社と比較してもその数は圧倒的です。

マネックス証券米国株取扱銘柄数

また取引手数料も1取引あたり5.25ドルから、最高上限でも21ドルまでと
これもまた業界最安値水準
しかも約定株数による追加手数料もありません。

マネックス証券米国株手数料

日本の証券会社でも外国株取引として米国株の取り扱いがある証券会社は
多いのですが、手数料は総じて高い傾向にある中、マネックス証券の外国
株取引は圧倒的に安いのが特徴です。

証券取引をしていく中で最もネックになる部分はやはり証券会社への手数料。
この手数料をいかに軽減していくかは銘柄選択と同じくらい重要な部分です。
マネックス証券の米国株取引はこの手数料負担を見事軽減してくれました。

手数料も業界最安値水準のこのマネックス証券の米国株取引をこの機会に
始めてみませんか?
日本株にはない新しい世界が米国株取引から広がるはずです。

詳細はこちら ⇒ マネックス証券の米国株取引

burogumura1
⇒ ブログ村 IPO 新規公開株

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり

SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

このページの先頭へ