当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアップキャンペーン

松井証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2018年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
12/12
11/28-12/3
東証 4423
アルテリア・ネットW
1,400円
1,150-1,500円
D→D
12/13
11/26-11/30
札証ア 1449
FUJIジャパン
730円
720-740円
C→B
12/13
11/28-12/4
東証2部 7670
オーウエル
700円
700-750円
D→C
12/17
11/29-12/5
JQS 7045
ツクイスタッフ
2,580円
2,580-2,630円
B→A
12/17
11/29-12/5
JQS 2970
グッドライフカンパニー
1,590円
1,550-1,600円
B→A
12/18
11/30-12/6
JQS 1450
田中建設工業
2,210円
2,210-2,400円
C→C
12/18
12/3-12/7
東証M 7046
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング
2,900円
2,900-3,200円
A→A
12/19
12/3-12/7
東証 9434
ソフトバンク
1,500円
1,500円
D→D
12/19
12/4-12/10
東証M 4425
Kudan
3,260円
3,260-3,720円
S→S
12/20
12/4-12/10
東証M 7671
AmidAホールディングス
1,440円
1,440-1,460円
B→B
12/20
12/5-12/11
東証M 4424
Amazia
1,270円
1,270-1,320円
A→A
12/21
12/5-12/11
東証M 6232
自律制御システム研究所
3,380円
3,000-3,400円
C→C
12/21
12/5-12/11
東証M 7037
テノ.ホールディングス
1,900円
1,870-1,920円
B→A
12/21
12/6-12/12
東証M 4427
EduLab
2,800円
2,800-3,200円
C→C
12/21
12/6-12/12
東証M 7047
ポート
1,450円
1,420-1,480円
D→D
12/25
12/6-12/12
東証M 7048
ベルトラ
360円
360-384円
B→A
12/25
12/6-12/12
東証M 7330
レオス・キャピタルW
2,010円
1,300-1,400円
C→C
12/25
12/6-12/12
東証M 4428
リンク
3,110円
3,380-3,580円
A→A

NISA(ニーサ)とは?そしてそのメリットとデメリットは?

NISA(ニーサ)合戦が本格的に始まってきました。
あらゆる証券会社から封書が送られてきたり、管理画面にログイン
すると催促画面のようなリンクが出てきたりします。
いくつかの証券会社ではキャンペーンなども行われていますね。

ところで、このNISA(ニーサ)とは一体何のか。

NISA  

すでに投資家の皆さんはご存知のことと思われますが、2014年1月
から導入される「小額投資非課税制度」のことで、毎年100万円
上限に売買損益などを最長5年間非課税にするという制度です。

これもすでにご存知だと思いますが税金も2014年1月からは10%
から20%に戻ります。10%の軽減税は今年(2013年)で廃止。

100万の売買益があれば、これまでであれば10万円の税金で済んだ
のが20万円の税金を払わなくてはいけません。
2倍は厳しいですよね。

そこで登場したのが、このNISA(ニーサ)口座です。

メリットデメリットの前にNISA(ニーサ)をあまりご存知ない
方は下記の公式動画をご覧になってみて下さい。
(画像中央の再生ボタンでそのまま再生します)

剛力彩芽さんが出演されているので堅苦しいイメージ もありませんし
再生時間もわずか5分程度です。(音量にご注意下さい)

NISAで始める投資ラクラクMOVIE(NISA説明公式動画)

NISA(ニーサ)口座のメリットはもちろん年間100万円までの売買益
などが最長5年間非課税
になるということ。
年間の売買益が100万円出ても税金は10%でもなく20%でもなく
完全にゼロなんです。

最長5年間ですが、2014年~2023年までの施策なので5年が過ぎれば
継続や口座変更ができますので、さらに5年間の免税が可能です。

メリットはこれだけなんですが、十分ですよね^^
しかしメリットがあるということは当然デメリットもあります。

1.NISA(ニーサ)口座が開設できるのは1人1口座のみ。
2.NISA(ニーサ)口座開設後の他の証券会社などへの変更は不可。
3.100万円の非課税分の繰越は不可。
4.新規購入分だけが対象となるので保有中の株式などには適応不可。
5.万が一損失を出してしまった場合、他の口座との損益通算は不可。

さあ、悩みますねー^^
1人1口座しか作れないとなるとどこの証券会社で作るのがベストなのか。

もちろん一番良いのは利益が出る証券口座なのですが、実際問題そんな
ことはフタを開けてみないとわかりません^^;

ただ、私は基本IPOをベースに考えます。
そしてIPOをベースとして考えると、やはりこれまでの当選経験数の
多い証券会社を選びます。

となると個人的にはあの証券会社しかありません。
他の証券会社よりも群を抜いて当選確率が高い証券会社。

今年もすでに80万円ほど稼がして頂いております。
SMBC日興証券です。実は大和証券も捨てがたいんですが^^;

aucfan当選

口座開設はこちら ⇒ SMBC日興証券

もし私がNISA(ニーサ)について間違った解釈をしていれば、コソッと
ご連絡下さい^^; ⇒ 管理人にコソッと連絡する

ちなみに今後のIPO対策に下記完全抽選のネット証券も必須ですよ。
⇒ マネックス証券100%完全抽選)
⇒ SBI証券

amazon1

詳細はこちら ⇒ DMM.com証券【DMM FX】
amazon2

 Amazonギフト券15,000円分プレゼントキャンペーン完全攻略!

amazon3

burogumura1
⇒ ブログ村 IPO 新規公開株

 

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり

SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

このページの先頭へ