★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO
大和証券はA級IPOフィードフォース(7068)のIPO主幹事です。

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアッププログラム

SBI証券タイアッププログラム

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

2019年株式IPOスケジュール

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
6/19
5/31-6/6
札証ア 2976
日本グランデ
720円
720-750円
C→C
6/19
6/3-6/6
東証M 4443
Sansan
3,650-4,500円
4,000-4,500円
D→D
6/20
6/5-6/11
東証M 7066
ピアズ
3,820円
3,220-3,620円
B→B
6/21
6/4-6/10
東証M 7067
ブランディングtech
1,540円
1,600-1,740円
A→A
6/25
6/7-6/13
東証M 4444
インフォネット
1,350円
1,350-1,490円
A→A
6/26
6/10-6/14
東証2部 7677
ヤシマキザイ
1,280円
1,200-1,280円
D→D
6/27
6/11-6/17
東証M 4931
新日本製薬
1,470円
1,350-1,470円
D→D
6/27
6/11-6/17
JQS 7678
あさくま
1,150円
1,150-1,250円
C→B
6/28
6/12-6/18
東証M 4445
リビン・テクノロジーズ
3,820円
3,700-3,900円
A→A
7/5
6/20-6/26
東証M 7068
フィードフォース
1,030円
1,030-1,150円
A
7/18
7/2-7/8
東証M 4446
Link-U
2,580円
-円
A

【2019年最新版】IPO申し込み時に前受け金不要の証券会社!

<2019年6月7日加筆修正>

基本的にIPOを申し込む際にはそのIPO金額相当分の前受け金を証券会社
に預けておかないといけないというのが一般的なルールとなっていますが、
中にはIPO申し込み時の前受け金が不要の証券会社もあります。

今回はそんなIPO愛好家にとってありがたいIPO申し込み時に前受け金が
不要の証券会社7社、簡単な特徴などを含めてご紹介させて頂きたいと
思います。個人的な勝手な主観もありますがご了承下さい。

IPO申込時に前受け金不要の証券会社

野村證券(野村ホームトレード及び野村ネット&コール)

・引き受けIPO株数の10%を完全抽選
・年間を通してIPO主幹事を務めることが多い
・口座数が圧倒的に多いためライバルが多く当選はそこそこ困難
野村ホームトレード野村ネット&コール同時IPO申し込み不可

nomuracp2019.9.30

野村證券公式サイト

ライブスター証券

・引き受けIPO株数の100%を完全平等抽選
2017年からIPO界に参入、同時にIPO申し込み時の前受け金不要を発表
・口座数が少ないため、ライバルが少なく引き受け幹事となった場合は
チャンスあり。現に管理人は当選しませんでしたが、2018年は延期には
なったもののレオス・キャピタルワークス(7330)のIPO当選者を多く
お見掛けしました。まだまだ穴場だということでしょうね。

当ブログ限定口座開設キャンペーン開催中!
live-seccp2019.6.30

ライブスター証券公式サイト

岡三オンライン証券

・引き受けIPO株数の100%を完全平等抽選
2015年9月からIPO申し込み時の前受け金不要制度スタート
・IPO裏幹事(委託幹事)のため引き受け株数が少ない
・まだ口座数が少ないため引き受け幹事となった場合はチャンスかも

okasanonlinecp2019.6.28

岡三オンライン証券公式サイト

松井証券

・引き受けIPO株数の70%を完全平等抽選
2018年9月からIPO申し込み時の前受け金不要制度スタート
松井証券のIPO(新規上場)申し込みルールが大幅変更

松井証券タイアップキャンペーン

松井証券公式サイト

むさし証券

・引き受けIPO株数の100%を完全平等抽選
2017年6月からIPO申し込み時の前受け金不要制度スタート
・まだ口座数が少ないため引き受け幹事となった場合はチャンスかも

いちよし証券

・引き受けIPO株数の10%を完全抽選
・これまでIPO申し込みは電話のみだったがインターネットからの申
し込みも可能になった。

エイチ・エス証券

・引き受けIPO株数の10%を完全抽選
2017年7月からIPO申し込み時の前受け金不要制度スタート
・ポイント制度もあり

私のように資金力の少ない方でIPO投資を行っている方やこれから
IPO投資を始めようとお考えの方でまだ上記証券会社の口座をお持ち
でない方は是非この機会に口座開設をご検討されてみてはいかがで
しょうか。

もちろん上記証券会社はすべて当選した際の購入申し込み時はIPO
公募価格相当の資金が必要
ですのでお忘れなく。

ちなみに上記証券会社はすべて口座開設費口座管理料などの維持費
などの経費は一切不要ですのでご安心下さい。

野村證券以外は主幹事になることがなく、平幹事裏幹事(委託幹事)
となるためIPO引き受け株数も少なく、その分IPO当選確率も低くな
ってしまいますが、完全無料で参加できる宝くじと割り切れば作業も
楽になると思いますよ。参加しないと当たることもありませんからね。

 

コメントをどうぞ

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPOゲッター公式LINE@

IPO情報はもちろんですが、当IPOブログでは語れないIPO情報以外のマル秘情報も配信中。
1対1のチャットも可能です。


友だち追加

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


●SMBC日興証券

SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3
SMBC日興証券ダイレクトコース限定IPO優遇特典の詳細
SMBC日興証券のIPOステージ制度の恩恵を受けるために

●大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり
大和証券のIPO詳細

●SBI証券

SBI証券

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

●カブドットコム証券

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

●東海東京証券

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!

平幹事でMTGのIPO頂きました


●岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

●松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

●ライブスター証券

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

●マネックス証券

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

●楽天証券

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

●GMOクリック証券

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

●立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

●岩井コスモ証券

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

●丸三証券

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

●野村證券

野村證券

・IPO10%以上を完全抽選

このページの先頭へ