すでに多くの方もご存知の通り、昨日(1月26日)仮想通貨市場に脅威
が襲ってきました。脅威のターゲットは日本最大の取引量を誇り、最近
では芸人の出川哲朗氏がテレビCMにも出演されている超有名仮想通貨
取引所のコインチェックCoincheck)。

コインチェックcoincheck

お昼過ぎ頃にコインチェックからXEM(ネム)の入金制限の案内が。
その後XEM(ネム)の売買停止
そして日本円及びすべての通貨の出金停止
夕方には入金もすべて停止

そして深夜(23時30分頃)にコインチェックから会見。
内容は580億円相当のXEM(ネム)が不正アクセスよって引き出された
との会見内容。580億円相当です。

過去(2014年)にはマウント・ゴックス450億円分のビットコインが
消失したことがありますが、今回の580億円はそれを超える額です。
その後マウント・ゴックス2兆円以上の負債を抱えて破産
現在は民事再生法の適用を申請中だとか。

私は昨日スマホからコインチェックの会見をAbemaNewsチャンネル
生で見ていました。資本金9,200万円の企業が580億円奪われるって。
と、つくづく怖い世の中だと感じました。
もちろんすべて顧客のXEM(ネム)コインです。

そして口にするのも怖いですが、投資(投機)したお金は戻ってくるの
かどうかはまだわかりません。ネット上では高校生や大学生が泣いてい
るという話も見聞きますし、数億円分のコイン等を預けているという方
もお見掛けしました。戻ってくることを心から願います。

現時点でコインチェックから奪われたコインはXEM(ネム)だけのよう
ですが、日本円も含め、ビットコイン及びすべてのアルトコインの出金
が制限されています。これは結構マズい状況なのではと感じています。

コインチェックの和田社長も一時は若干20代の若さでと時の人となって
いましたが、さすがに昨日は涙を浮かべコトの重大さを重んじてた様子
でした。20代でこのクラスの出来事となるとメンタルも壊れそうですね。

それにしてもマルチシグと呼ばれる推奨セキュリティを導入していなか
ったのはどうかと思いますが。顧客保護を怠っていたのかもしれません。

まだ真相もわからず解決の糸口さえ見つかっていない状況ですが、自分
の資産は自分で守らないといけないとつくづく痛感させられました。

今回は幸いにも管理人はBINANCE(バイナンス)という取引所を利用
していたので被害はゼロですが、今後はどうなるかわかりませんので、
やはり自分のできる範囲で最大限安全な方法を取りたいと思いました。

では自分の保有する仮想通貨を守る方法はどうすれば良いのかと言いま
すと、仮想通貨を守る方法は唯一ウォレットを作るしかありません。

管理人はこれまでオンラインウォレットを使用していましたが、今回の
報道を受けて用心に越したことはないと思いハードウェアウォレット
変更することにしました。

以前から仮想通貨の情報源なる方からハードウェアウォレットを作れと
何度となく勧められており、まあいいかと思って聞き流していましたが
さすがに今回は怖くなり早速Ledger Nano S(レジャー ナノS)とい
ハードウェアウォレットを購入致しました。

Ledger Nano S(レジャー ナノS)購入後返信メール画像
Ledger Nano S(レジャー ナノS)購入

詳細やご購入はコチラ ⇒ Ledger Nano S(レジャー ナノS)

※上記EarthShip社は正規販売店です。

おそらくこのLedger Nano S(レジャー ナノS)がハードウェアウォ
レットの中では使い勝手や取り扱い通貨数的にも最高だと聞いています。

すでに昨日のコインチェックの報道を受けた影響も関係しているのか、
在庫が品薄となっており、フランスの公式サイトでの購入は在庫切れで
入荷予定は3月19日頃となっています。

しかし上記の正規販売店であるEarthShip社ではまだ購入可能です。
Amazonのアカウントがあれば個人情報の入力も購入も簡単です。

注意点は必ず本家フランスのサイト正規販売店で購入しましょう。
ヤフオクメルカリ等での個人売買での購入は絶対に止めておかれた方
が良いです。悪質な場合、コイン吸い上げ系のウィルス等が仕込まれた
ハードウェアウォレットの販売もあるそうです。
上記は正規販売店であるEarthShip社ですのでご安心下さい。

価格は税込み15,800円と高価かもしれませんが、数百万円数千万円
仮想通貨がもし無くなってしまったらと考えると安い買い物ではないで
しょうか。もちろん絶対はありませんが安全度は格段に違います。

詳細やご購入はコチラ ⇒ Ledger Nano S(レジャー ナノS)

※上記EarthShip社は正規販売店です。

週明けの株式市場はもしかすると仮想通貨ショックとなる可能性がある
かもしれません。特に仮想通貨関連の株は下げを免れないと思われます。

ただ今回のこのコインチェック問題で仮想通貨市場自体が終わりとは
もちろん思っていません。何かしら規制は掛かるかもしれませんが、
まだまだ伸びる市場であると個人的には思っています。

そしてまだまだ100倍コイン1,000倍コインも眠っているでしょう。
いずれはそういう草コインにあやかりたいですね。

昨日はIPOゲッター公式LINE@の自動返信機能を解除していたのですが
予想以上にものすごいコメント量で夜中3時までやり取りしていました。
さすがに疲れてしまいました^^;

なるべく頑張りますが、既読が付いても返信できない場合や返信しない
場合もありますことをご理解及びご了承下さい。
まだ友だち募集はしていますのでご興味のある方は以下より登録下さい。

友だち追加

<追記>
ネム技術の発展を推進するネム財団が今回のコインチェック事件を受け、
流出資金の自動追跡プログラムの開発を開始し24~48時間以内には稼働
を開始できるとツイッターでツイートしているようです。
ネム財団は全面協力姿勢のようで実現となれば朗報ですね。

<追記>
コインチェック1月28日に対象となるXEM(ネム)を保有していた顧
客約26万人に日本円(約460億円)で返金すると公式に発表したようです。
ひとまず良かったですね。上記ネム財団が関係しているのかは不明です。

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について
コインチェックXEM返金
※上記画像はクリックで拡大します。