国内最大級の仮想通貨取引所「コインチェックCoincheck)」の勝屋敏彦社長がロイターのインタビューで日本の取引所では扱っていないアルトコインを新規に上場させるという方針を明らかにしました。

仮想通貨業界では日本の取引所が扱っていないコインを上場させるのはここ数年間は無かったので仮想通貨関係者の間では必然的に注目度が高まっているようです。もちろん管理人も注目しています。

もしコインチェックCoincheck)に上場するアルトコインを保有していればこれはもう完全にラッキーとしか言いようがないですね。はてさて今回は何倍まで跳ね上がるでしょうか。

コインチェックの勝屋敏彦社長は、ロイターのインタビューで、日本の取引所が扱っていない仮想通貨(暗号資産)についても、グローバルに人気のあるコインは取り扱いを増やす方針を示した。
引用元:ロイター

ちなみにこのアルトコインとは造語で「Alternative coin」の略称ですが、仮想通貨業界ではごく一般的にビットコイン以外のコインのことを表す際に使用されています。

コインチェック

直近では今年(2019年)6月にモナコインMONA)がコインチェックCoincheck)上場により120円程度から400円程度までと4倍近くまで上昇したのはまだ記憶に新しいかもしれません。瞬間最大風速は700円とか。

もちろん現時点では具体的にどのアルトコインを上場させるかは伏せられているので残念ながらわかりません。ですがおそらく候補はすでに上がっているものと思われます。

ただ、今回のこのコインチェックCoincheck)勝屋敏彦社長のインタビュー発言からから以下のことがわかります。

日本の取引所が扱っていない仮想通貨(暗号資産)で、グローバルに人気のあるコイン(世界的に人気のあるコイン)である。

※仮想通貨の新規取り扱いには日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の承認が必要ということから安全性を兼ね備えているコインである。

他にも世界最大のソーシャル・ネットワーキング・ サービス(SNS)のフェイスブックが発行を計画している「Libraリブラ)」に関しては資金決済法上の「仮想通貨」に該当するなら取り扱いたいとしています。このLibraリブラ)は今回の上場には関係ないでしょう。

さてここからはかなり個人的な憶測で話をしていきます。

現在このコインチェックCoincheck)が扱う仮想通貨はビットコイン、アルトコイン含めて10種類あり、その10種類の仮想通貨は以下の通りとなります。

コインチェック(Coincheck)で取り扱い中の仮想通貨10種

通貨通貨コード
ビットコイン(Bitcoin)BTC
イーサリアム(Ethereum)ETH
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)ETC
リスク(Lisk)LSK
ファクトム(Factom)FCT
リップル(Ripple)XRP
ネム(NEM)XEM
ライトコイン(Litecoin)LTC
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)BCH
モナコイン(Monacoin)MONA

そしてご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、コインチェックCoincheck)は今年(2019年)3月から通貨別チャット機能をリリースしております。

コインチェック(Coincheck)通貨別チャット機能23

その通貨は現在コインチェックCoincheck)で取り扱いのある通貨10通貨13通貨をプラスした全23通貨あります。ですので、現時点で取り扱いのない仮想通貨は13種類ということになり、その13種類の通貨は以下の通りとなります。

コインチェック(Coincheck)で取り扱いの無い仮想通貨13種

通貨通貨コード
ステラ(Stellar)XLM
カルダノ(Cardano)ADA
アイオタ(IOTA)IOTA
バイナンスコイン(Binance Coin)BNB
ネオ(NEO)NEO
ヴィチェーン(VeChain)VET
ドージコイン(Dogecoin)DOGE
オミセゴー(OmiseGO)OMG
クアンタム(Qtum)QTUM
デジバイト(DigiByte)DGB
ナノ(Nano)NANO
バージ(Verge)XVG
シアコイン(Siacoin)SC

少なくとも上記13通貨はコインチェックCoincheck)のチャット機能参加の選定基準はクリアしていると考えられ、評価も高いコインと言えます。

参考までに公式に発表されている選定基準は以下の通りです。
・Coincheckにて取り扱いのある通貨である・時価総額において上位50通貨、かつファン数において上位20通貨である・時価総額において上位100通貨、かつ日本国内通貨である

これらのことを考えると今回コインチェックCoincheck)が上場させようとしているコインのヒントはこの13通貨の中にあるのではないかと個人的に推測しています。

上記表はコインチェックCoincheck)の公式ブログに記載のあったものを上から順番に記載していますが、もしかするとこの表記順には意味があるのかもしれません。
時価総額なのか。はたまた人気順なのか。取引量なのか。
取引所からすれば人気があって流動性があれば手数料が入りやすいのでベストでしょうかね。

となると上位に記載されているコイン、ステラStellar)、カルダノCardano)、アイオタIOTA)の3通貨あたりが時価総額も高く人気があり流動性もあるため上場濃厚かと見ています。
バイナンスコインBinance Coin)は取引所トークンとなるため、さすがに無いかと思っています。

雰囲気的にはアイオタIOTA)でしょうか。
ただ個人的にはカルダノCardano)を応援しています。
多くの日本人も保有されているでしょうからね。管理人も友人にもススメましたので、どうだ良かっただろ~と言えます^^;

でもカルダノCardano)はご存知の方も多いかもしれませんが、ICO時に少々ややこしい関係者が入っており、ちょっとした不祥事に発展してしまったという事実があります。そこが問題視されると大きな壁となってしまうかもしれません。

そもそも数年前管理人が以下でご紹介するバイナンスBinance)取引所の口座開設をした理由はこのADAコインを購入したかったからなのです。もっと早い段階で上昇するかと思っていたので今は単なる塩漬けコインなので美味しくもなんともないのですけどね^^;

ですので個人的にはこのカルダノCardano)を多く(数百万円レベル)保有しているためカルダノCardano)が上場してくれるとめちゃくちゃ嬉しいですね。ガッツポーズで飛び跳ねるかもしれません。

ちなみに上記13種類のコインのほとんどはバイナンスBinance)で取り扱いがあります。もちろん管理人のカルダノCardano)もバイナンスBinance)で購入しており、先日追加で買い増しもしました。一攫千金を狙ってる風です。単なる博打なのですが。

口座開設はコチラ ⇒ バイナンス(Binance)

過去記事でバイナンスBinance)の口座開設方法を書きましたが、今も同じかどうかわかりませんが、もしかしたら参考にはなるかもしれませんので、一応リンクを張っておきます。参考になると良いのですが。
バイナンス(Binance)日本語での登録方法及び口座開設!

そしてもちろんバイナンスBinance)で取引するのも良いですが、上場後はコインチェックCoincheck)の方が価格が上昇する可能性もあります。上場前にバイナンスBinance)で買って上場後にコインチェックCoincheck)で売るという手もありでしょうね。

口座開設はコチラ ⇒ コインチェック(Coincheck)
コインチェック

一応管理人なりにコインチェックCoincheck)の上場予定コインを予測してみましたが、あくまでも個人的な予想なので鵜呑みにはしないで下さいね。