★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

DMM株IPO
DMM株(DMM.com証券)は識学(7049)のIPO裏幹事(委託幹事)です

当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO
大和証券はリックソフト(4429)とスマレジ(4431)のIPO主幹事です

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアッププログラム

松井証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券キャンペーン
SMBC日興証券は識学(7049)とフロンティアInt'l(7050)のIPO主幹事です

SBI証券タイアップオウログラム

ライブスター証券タイアップキャンペーン

IPOスケジュール2019年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
2/22
2/6-2/13
東証M 7049
識学
1,640円
1,640-1,800円
A
2/26
2/8-2/15
東証M 4429
リックソフト
3,840円
3,840-4,000円
A
2/27
2/8-2/15
東証2部
名証2部
4430
東海ソフト
1,290円
1,410-1,500円
B
2/28
2/13-2/19
東証M 7050
フロンティアInt'l
2,290円
2,290-2,410円
C
2/28
2/13-2/19
東証M 4431
スマレジ
1,370円
1,200-1,370円
B
3/5
2/15-2/21
東証 1887
日本国土開発
500円
490-510円
D
3/12
2/22-2/28
東証2部 7673
ダイコー通産
1,510円
-円
C
3/13
2/26-3/1
東証 4432
ウイングアーク1st
1,970円
-円
D
3/13
2/26-3/4
東証M 4434
サーバーワークス
4,320円
-円
A
3/14
2/26-3/4
JQS 7057
エヌ・シー・エヌ
700円
-円
C
3/15
2/28-3/6
東証M 4435
カオナビ
1,780円
-円
B
3/18
2/28-3/6
東証M 7058
共栄セキュリティーS
2,070円
-円
C
3/19
3/1-3/7
東証2部 1451
KHC
850円
-円
D
3/19
3/1-3/7
東証M 4436
ミンカブ
960円
-円
C
3/19
3/4-3/8
東証M
名証セ
7059
コプロ・HD
2,090円
-円
D

投資法人など株式以外のIPOスケジュール2019年

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
3/12
2/25-3/4
東証R 2972
サンケイリアルエステート
10.0万円
-万円
E

苦節12年!IPO利益が2,000万円を超えました!

少し遅くなってしまいましたが、今年6月上場のエーアイ(4388)のIPO
当選及び初値売却益で個人的なIPO総利益がようやく2,000万円を超える
ことができました。そのエーアイ(4388)以降まだ3銘柄のIPO当選があ
るため実質的な現在のIPO総利益は20,382,800円となっています。

IPO総利益20,382,800円

ちなみにこの数字には手数料や税金は入れておりません。
本来であれば2,000万円を超えた節目で記事にしようかと思っていたので
すが、すっかり忘れてしまって今さらの記事になってしまいました^^;

管理人がIPO投資を始めたのが2006年9月頃なので今年(2018年)の9月
で丸12年、今はすでに13年目突入となります。

12年で2,000万円の利益ということは単純計算で年間166万円の利益という
計算になります。多いでしょうか。少ないでしょうか。
ここは人それぞれの価値観で分かれそうですね。
少なくとも管理人は満足いく利益だと思っています。

そしてこれは管理人の株式投資経験が12年あるということにも繋がります
が、いまだになんちゃってトレーダーの域を出ることができず、ザラバ取
引では大勝することができず毎年ちょいプラス程度の成績です。

本来12年間マジメに株式投資を勉強すれば相当なトレーダーになっていて
もおかしくない年月ですよね^^;
ただ逆に言うとこんなアホな管理人でもこれだけの利益が出せるIPO投資
がいかに優位性のある投資法であるということがおわかり頂けるのではな
いでしょうか。

IPO投資はファンダメンタルやテクニカルなど意識する必要はありません。
銘柄の詳細な分析はほぼ皆無である程度の資金があれば誰もが簡単に参加
することができます。
管理人も元々は数百万程度からIPO投資をスタートしましたが、知人の中
には数十万円から始めて数百万円のリターンを得ている者もいます。

とは言え何も苦労なしでこれだけの利益を出せたのかと申しますとそうで
もありません。多少なりとも労力は必要です。ほぼ時間の作業ですけどね。

まず証券会社の口座開設作業です。
基本的に管理人は完全抽選枠でIPOを狙っているので主幹事はもちろんの
こと、平幹事裏幹事(委託幹事)までからも申し込みます。

そのためには多くの証券会社の口座を持っていないといけません。
証券口座数と当選確率は比例すると考えています。
ですので管理人の証券口座数は20社を超えています。

最近はマイナンバーの提出も必須になっているので余計に手間が掛かるよ
うです。とは言うもののすでに口座をお持ちの方も年内には登録しておか
なかければなりません。管理人はすでにすべて登録完了済みです。

口座開設するだけであれば最近はほとんどの証券会社がネットを介して
郵送などで完結する証券会社が多いため簡単に開設することができます。
少し手間は掛かりますが、基本的には簡単な作業です。

<IPO用証券会社口座開設オススメ記事>
 IPO投資用オススメ証券会社ランキング
 IPO投資に必要なオススメの証券会社(初心者編)

次にIPO申し込み作業です。
これはもう流れ作業的に行っていかなければなりませんが、口座数が多い
とエクセルなどで管理しなくてはなりません。

IPOの申し込み期間が複数被ったときなどはさらに資金移動なども必要に
なるため余計に手間が掛かります。計算しながらの資金移動が必要です。
最近は前受け金不要の証券会社も増えているのでそこは素直に嬉しいです。
始めた頃は資金が乏しかったため資金移動がかなり辛かったです。

そして最後に抽選結果確認作業です。
証券会社の中にはメールでお知らせしてくれる親切な証券会社もあります
が、やはり基本はログインして確認する必要があります。

慣れないうちはIPO申し込み画面や抽選結果画面まで行くのも時間が掛か
ります。パソコンとスマホでも画面は違います。

このように時間及び作業労力が必要です。
この程度を苦労と言えるかどうかは人それぞれの感覚になってきますが、
管理人は少なくともこの単純作業を10年以上続けています。

他の用事と重なって忙しい時はたまに面倒だとは思いますが、それでも
これまで一度もIPO投資を止めようと思ったことはありません。
それだけIPO投資に優位性を感じているからです。

IPO利益が2,000万円を超えたという記事が書きたかっただけなのですが
つい話が脱線していまいました^^;
ですがIPO投資は誰にでもできて、限りなくリスクも低い投資法なので
個人的には一番オススメできる投資法であるということをお伝えしたか
ったのです。

そしてこのIPO投資をこれまで続けてこれらのもこのIPOブログがあって
読者様とのコミュニケーションがあって読者様に支えられてという部分
も多くあります。この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございます。引き続きご愛顧のほどよろしくお願い致します。

次の目標は3,000万円です。
この記事2,038万円に合わせて2,038文字で合わせました。

 

2 Responses to “苦節12年!IPO利益が2,000万円を超えました!”

  1. さゆぱぱん より:

    2000万達成おめでとうございます。
    IPOだけで家が建ちそうですね^^;
    いやほんとすごいです・・・

    自分はブランク明けで3年ほど経ちますが
    年間よくて20万くらいしか利益が出ないので
    何故そんなに当たるのか不思議で仕方がないです。
    メルカリも外れたしソフトバンクは当てたいなぁ。。。

    • 西 和仁 より:

      こんばんは、さゆぱぱんさん。

      ありがとうございます。
      2,000万超えはしたもののそのお金は
      何処へ?という感じで不思議と残らない
      ものです^^;

      ウソか本当かはわかりませんが、裁量を
      除いた完全抽選で私なんかよりももっと
      たくさん当選している方はたくさんいら
      っしゃいますよ^^

      ソフトバンクのIPO発表は今日かと思って
      いましたが、違いました。
      早くお祭り来てほしいですね。

コメントを残す

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPO取り扱いスタート

2019年2月1日(金)よりIPOの取り扱いが決まりました。
前受け金不要完全平等抽選

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3

大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり
大和証券のIPO詳細

SBI証券

sbisec

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!

平幹事でMTGのIPO頂きました


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】

・IPO10%以上を完全抽選

IPO予定の株主になれるかも

このページの先頭へ