ウイングアーク1st(4432)がIPO新規上場承認発表されました。
3月2社目のIPO新規上場承認発表ですが、大型IPOのためか随分と先の上場予定です。日本国土開発(1887)とこのウイングアーク1st(4432)の間にまだ入る可能性もありそうですね。
とは言えそろそろ3月IPOラッシュの幕開けでしょうか。

ウイングアーク1st(4432)の上場日は3月13日(水)で今のところ単独上場、上場市場は東証本則市場ですが一部になるか二部になるかは未定で売出し価格決定後に決定する予定となっており、IPO主幹事はIPO申し込み時の前受け金が不要の野村證券三菱UFJモルガン・スタンレー証券の2社共同主幹事となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 野村證券公式サイト
野村證券

いつも通りこのウイングアーク1st(4432)の東証所属決定については有価証券上場規定第210条第1項に規定する株主数、流通株式及び時価総額に適合する場合は東証一部上場となります。

<有価証券上場規定第210条第1項>
株主数:2,200人以上
流通株式:2万単位以上で上場株数の35%以上
時価総額:250億円以上

ウイングアーク1st(4432)のIPO(新規上場)情報

設立:2016年3月7日(実質上:2004年3月24日)
業種:情報・通信業
事業の内容:企業の情報活用を促進するソフトウェアおよびクラウドサ
ービスの提供

ウイングアーク1st(4432)IPO新規上場承認

上場市場東証(所属未定)
コード4432
名称ウイングアーク1st
公募株数0株
売出株数20,955,000株
OA1,941,200株
IPO主幹事証券野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
IPO引受幹事証券大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
auカブコム証券(委託幹事)
上場日3月13日
IPO仮条件決定日2月25日
BB期間2月26日~3月1日
IPO公募価格決定日3月4日
IPO申込期間3月5日~3月8日
IPO想定発行価格1,970円(197,000円必要)

売出し分の20,955,000株については海外売出しもあり、内訳は国内売出し12,941,400株、海外売出し8,013,600株の予定となっています。ただし需要状況等を勘定の上、最終的には売出し価格決定日に決定される予定となっています。

そして上記をご覧の通り、このウイングアーク1st(4432)のIPO幹事団(シンジケート)の中には三菱UFJモルガン・スタンレー証券の名前があるため、auカブコム証券のIPO幹事入りも期待できそうですね。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ auカブコム証券公式サイト

ウイングアーク1st(4432)IPO(新規上場)の事業内容等

ウイングアーク1st(4432)の市場からの吸収金額はIPO想定価格1,970円としてOA含め451.0億円と規模的に東証本則市場への上場としては東証一部でも大型サイズとなり、東証二部なら超大型サイズとなります。おそらく内容的に上場市場は東証一部になりそうですが。

ウイングアーク1st(4432)の事業内容はソフトウェアとサービスを通じて、ユーザーの期待を超える製品やサービスを提供していくための企業の情報活用支援を行っています。

データを力に変える。ビジネスの明日をつくる。ウイングアーク1st

※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

企業の基幹業務を支える「ソフトウェア基盤(SP)ソリューション」と様々なデータを活用したこれまでにない新たな価値を生み出す「データエンパワーメント(DE)ソリューション」の2事業が主な事業となります。

ウイングアーク1st(4432)のソリューション別売上推移
ウイングアーク1st(4432)IPOソリューション別売上推移
※見にくい場合は上記画像クリックで拡大します。

ウイングアーク1st(4432)のIPO個人的主観及びIPO参加スタンス

ウイングアーク1st(4432)はまたもや日本国土開発(1887)同様にIPO市場では敬遠されやすい再上場案件となります。さらにIPO株は公募株無しの売り出し株のみとファンドの出口案件色も強いです。

2010年12月:1stホールディングスとして大証JASDAQ市場へ上場
2012年2月:東証二部市場へ市場変更
2013年9月:株式公開買付け(MBO)により上場廃止

ウイングアーク1st(4432)の事業内容はビッグデータを利用したソリューション事業と面白みがありますが、やはりファンドの出口色の強い再上場案件となるとこれまたスルーが正解でしょうか。

とりあえず第一印象としてはあまり良い銘柄には思えないので現時点での管理人の個人的なこのウイングアーク1st(4432)のIPO参加スタンスはスルーの方向で考えています。

ただしIPO幹事団の中にはSBI証券の名前があるため、IPOチャレンジポイント狙いでのIPO申し込みだけはしっかりしておきます^^;

<追記>
やはりauカブコム証券がこのウイングアーク1st(4432)のIPO裏幹事(委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。

ウイングアーク1st(4432)のIPO取り扱い決定auカブコム証券
auカブコム証券” src=”https://ipoget.com/wp-content/uploads/2019/02/5b7a667e76b28a4afd97aa8779ac5770.jpg” alt=”ウイングアーク1st(4432)IPOauカブコム証券” width=”420″ height=”78″ border=”0″ />

ウイングアーク1st(4432)のIPO(新規上場)業績等

ウイングアーク1st(4432)のIPO経営指標
ウイングアーク1st(4432)IPO経営指標
※見にくい場合は上記画像クリックで拡大します。

ウイングアーク1st(4432)のIPO売上収益及び四半期利益
ウイングアーク1st(4432)IPO売上収益及び四半期利益
※見にくい場合は上記画像クリックで拡大します。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング