エスコンジャパンリート投資法人(2971)が東証リート市場にIPO新規
上場承認
発表されました。2年連続新年第一号IPOはリートです。

2018年もCREロジスティクスファンド投資法人(3487)というリートが
第一号IPOとなっていましたが2019年第一号IPOもリートとなりました。

エスコンジャパンリート投資法人(2971)の上場日は2月13日(水)
今のところは単独上場、IPO主幹事は久しぶりの三菱UFJモルガン・ス
タンレー証券
となっています。

エスコンジャパンリート投資法人(2971)のリートIPO情報

エスコンジャパンリート投資法人(2971)東証リートIPO新規上場承認

上場市場東証リート
コード2971
名称エスコンジャパンリート投資法人
資産運用会社エスコンアセットマネジメント
公募口数188,351口
売出口数0口
OA9,189口
IPO主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
IPO引受幹事証券みずほ証券
マッコーリーキャピタル証券会社
大和証券
SBI証券
FFG証券
カブドットコム証券(委託幹事)
上場日2/13
IPO仮条件決定日1/25
BB期間1/28~2/1
IPO公募価格決定日2/4
IPO申込期間2/5~2/8
IPO想定発行価格105,000円

上記をご覧の通りこのエスコンジャパンリート投資法人(2971)のIPO主
幹事
三菱UFJモルガン・スタンレー証券となっており、すでにカブドッ
トコム証券
のIPO裏幹事(委託幹事)入りが発表されています。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ カブドットコム証券公式サイト
エスコンジャパンリート投資法人(2971)IPOカブドットコム証券

エスコンジャパンリート投資法人(2971)のリートIPO個人的主観及びIPO参加スタンス

エスコンジャパンリート投資法人(2971)の市場からの吸収金額はIPO
想定価格105,000円としてOA含め207.4億円と規模的に東証リートIPO
しては中型以上から大型未満といったところでしょうか。

エスコンジャパンリート投資法人(2971)は商業施設系のリートとなり、
リートで一番重要視されるスポンサー力ですが、すでに東証一部に上場
している日本エスコン(8892)と、力量的にやや微妙感が否めません。
信用格付けもありません。
ただサポート会社として中部電力グループが入っています。

上場時の平均鑑定NOI利回りは5.1%と悪い数字ではないものの特段良い
数字でもありません。リートでは標準的な利回りとなります。

エスコンジャパンリート投資法人(2971)IPO上場時ポートフォリオ
エスコンジャパンリート投資法人(2971)IPOポートフォリオ
※見にくい場合は上記画像クリックで拡大します。

今年(2018年)は4社がリート市場へ上場していますが、残念ながら以下
の通り4社共全敗(公募割れ)という結果となっています。

<CREロジスティクスファンド投資法人(3487) 2月7日上場>
公募価格:110,000円
初値価格:104,500円(-5,500円)

<ザイマックス・リート投資法人(3488) 2月15日上場>
公募価格:105,000円
初値価格:104,000円(-1,000円)

<タカラレーベン不動産投資法人(3492) 7月27日上場>
公募価格:96,000円
初値価格:92,000円(-4,000円)

<伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(3493) 9月7日上場>
公募価格:103,000円
初値価格:99,300円(-3,700円)

新年第一号に公募割れ無しというアノマリーがあるものの今回のような
リートに当てはめるのは残念ながら無理があります。

正直リートIPOの環境は厳しく、上記の通りスポンサー力のあるリート
ですら公募割れという結果になっているため、今回のエスコンジャパン
リート投資法人
(2971)も初値は苦戦を強いられ、厳しいスタートとな
る可能性が高そうです。

よって管理人のエスコンジャパンリート投資法人(2971)のIPO参加ス
タンスは基本的にはスルーとさせて頂き、IPOチャレンジポイント狙い
でのSBI証券だけの参加とさせて頂きます。

SBI証券IPOチャレンジポイント

元々管理人はリートに関しては消極的なので、仮にスポンサー力があっ
たとしてもおそらくスルーしていたと思います。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

松井証券公式サイト
松井証券タイアップキャンペーン

SMBC日興証券公式サイト

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2018.12.31