コインチェックCoincheck)がStellar LumensXLM)の取り扱いを11月12日(火)より開始予定と11月1日(金)に発表がありました。仮想通貨ファンにとっては待ちに待った新しいアルトコインの登場となります。

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:勝屋敏彦 以下、当社)は、新たにStellar Lumens(XLM)の取扱いを2019年11月12日(予定)に開始することをお知らせいたします。これにより、当社で取扱う仮想通貨は11種類となります。(コインチェックプレスリリースより

コインチェック(Coincheck)Stellar Lumens(XLM)

コインチェックCoincheck)は3ヵ月ほど前にアルトコインを新規に取り扱うとの発表があり、仮想通貨ファンの間ではどのコインが来るのか色々な憶測が飛び交っていましたが、これでいよいよ通貨確定となりました。一応管理人も下記2019年8月11日の記事で独自予想しております。

コインチェックCoincheck)の通貨別チャット機能のトップにある通貨を取り扱うとはなかなか素直な選択となりましたね。変に勘ぐってしまったことや願望などから結果的に予想は外しましたが、いい線はついていたのではないでしょうか^^;

口座開設はコチラ ⇒ コインチェック(Coincheck)公式サイト
コインチェック(Coincheck)

そして今回のコインチェックCoincheck)のStellar LumensXLM)取り扱い発表で価格がどの程度動いたのを下記の5分足チャートで確認してみると以下の通りとなります。

XLM/USDT 5分足チャートバイナンス
XLM.USDT5分足チャート

コインチェックCoincheck)がStellar LumensXLM)の取り扱いを発表したのが11月1日(金)AM11時頃。上記チャートの赤丸部分でおよそ基軸通貨USDTで0.065ドルです。そこからおよそ1時間は右肩上がりで順調に値を上げていき、高値0.072ドルまでありました。およそ1時間で約1割(10%)アップです。

たしか前回(2019年6月)コインチェックCoincheck)でモナコインMONA)を取り扱うと発表があった際は最大値でおよそ6割(60%)ほどアップした記憶がありますので、モナコインMONA)ほどの上昇はありませんでしたが、Stellar LumensXLM)ホルダーの方はしっかり利益が取れる形となりました。おめでとうございます。もちのん管理人はカルダノADA)推しだったのでStellar LumensXLM)は持っていませんでした><

さらに11月5日(火)には総供給量の約50%となる550億トークンをバーン(コイン破棄)するとの発表があり、コインの希少価値の高まり期待から0.069ドル程度で推移していた価格が0.088ドル(27%程度の上昇)まで吹き上げました。これは予想外のサプライズですね。何度も言いますがStellar LumensXLM)は持っていませんが^^;

XLM/USDT 5分足チャートバイナンス
XLM.USDT 5分足チャート2

いずれにしても今回の件でこのコインチェックCoincheck)が有言実行であることがわかりましたね。となると、これまた先日コインチェックCoincheck)がICO(Initial coin offering)よりももっとレベルの高いIEO(Initial Exchange Offering)の検討を開始しているとの報道がありました。

次はこのIEO(Initial Exchange Offering)の取り扱いに期待したいところです。コインチェックCoincheck)のIEO(Initial Exchange Offering)については下記の過去記事で書いています。

はたしてこのIEO(Initial Exchange Offering)は第三のIPO(新規公開株)になるでしょうか。まずは第一号IEO(Initial Exchange Offering)の取り扱い発表に期待したいところです^^

IEO(Initial Exchange Offering)が発表され、参加しようと思えばもちろんコインチェックCoincheck)の口座が必要になります。IEO(Initial Exchange Offering)に興味がある方はお早めのご準備を。

口座開設はコチラ ⇒ コインチェック(Coincheck)公式サイト
コインチェック(Coincheck)