チェンジ(3962)がIPO新規上場承認発表されました。
本日(8月22日)発表のあった3社のうちの2社目です。

上場日は9月27日(火)で残念ながらシルバーエッグ・テクノロジー
(3961)と2社同日上場、上場市場は個人投資家に人気の高い東証
マザーズで、IPO主幹事も個人IPO愛好家に人気の高いSBI証券です。

当ブログ限定!新規証券口座開設キャンペーン開催中!
sbicp2016.9.30

SBI証券がIPO主幹事となるとやはり気になるのがIPOチャレンジポイ
ントを投入するかどうかですね。このチェンジ(3962)はIPO的に
人気化しそうな銘柄だけに当選ポイントラインも高くなりそうです。

設立:2003年4月10日
業種:情報・通信業
事業の内容:モビリティ、IoTビッグデータ、クラウド、セキュリティ
などのテクノロジーを活用したサービス及びIT人材育成のための研修
の提供(NEW-ITトランスフォーメーション事業)

チェンジ(3962)IPOのNEW-ITトランスフォーメーション事業概要
チェンジ(3962)IPO事業内容
※上記画像はクリックで拡大します。

チェンジ(3962)IPO新規上場承認

上場市場東証マザーズ
コード3962
名称チェンジ
公募株数280,000株
売出株数210,000株
OA0株
主幹事証券SBI証券
引受幹事証券マネックス証券
みずほ証券
SMBC日興証券
エース証券
藍澤證券
SMBCフレンド証券
極東証券
東海東京証券
東洋証券
楽天証券(委託幹事)
上場日9/27
仮条件決定日9/5
BB期間9/7~9/13
公募価格決定日9/14
申込期間9/16~9/23
想定発行価格1,150円(115,000円必要)

市場からの吸収金額は想定価格1,150円としてOA含め5.6億円
規模的に東証マザーズIPOとしては小型サイズとなります。
そして珍しくオーバーアロットメントによる売り出しがありません。

東証マザーズ上場+ビッグデータ及びクラウド関連のネット企業+小型
案件とこのチェンジ(3962)も三拍子揃った最強コンボです。
2社同日上場という点もおおむね影響は無いようなIPO銘柄ですね。

さて気になるIPO主幹事であるSBI証券IPOチャレンジポイントですが
もちろん上場前の市場の地合などにも左右されますが、おそらく人気
IPOという位置付けになると思われるので、それ相応のポイントが必要
になるのではないかと思います。

現段階ではあくまでも管理人の憶測でしかありませんが200ポイント~
250ポイント程度が目安となるのではないでしょうか。

当然ですが配分数が100株であればポイントの価値は下がることになり
ますが、複数配分でもし300株セットなどになれば相当の価値となり
そうな雰囲気です。

管理人のIPOチャレンジポイントはそこまでありませんので、今回は
使わない可能性が高いです。まだ最終決定ではありませんが。

ただこのチェンジ(3962)のIPO参加スタンスは全力申し込みでいく
予定でいます。大手初値予想会社の初値予想もおそらくはA級評価
持ってくるでしょうね。

チェンジ(3962)IPOの経営指標
チェンジ(3962)IPO経営指標
※上記画像はクリックで拡大します。

チェンジ(3962)IPOの売上高及び経常利益
チェンジ(3962)IPO売上高及び経常利益
※上記画像はクリックで拡大します。

さきほどのバリューデザイン(3960)のIPO新規上場承認記事でも書き
ましたが、IPO新規上場承認発表があるのは嬉しいのですが、本当にもう
少し分散してほしいですね^^;

IPO投資用オススメ証券会社

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2016.9.30

マネックス証券公式サイト
monexcp2016.9.29

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp7.31