デュアルタップ(3469)がIPO新規上場承認発表されました。
上場日は7月21日(木)で今のところ単独上場、上場市場はIPO市場
では可もなく不可もないJASDAQスタンダードで、IPO主幹事はまた
もやSBI証券となっております。

当ブログ限定タイアップキャンペーン開催中!
sbicp2016.5.31
LINE(3938)のIPO引き受け幹事にも入っています。

設立:2006年8月4日
業種:不動産業
事業の内容:不動産販売事業、不動産賃貸管理・仲介事業及び海外
不動産事業

デュアルタップ(3469)IPO新規上場承認

上場市場JASDAQスタンダード
コード3469
名称デュアルタップ
公募株数200,000株
売出株数240,000株
OA66,000株
主幹事証券SBI証券
引受幹事証券SMBC日興証券
ひろぎんウツミ屋証券
エース証券
東海東京証券
東洋証券
水戸証券
上場日7/21
仮条件決定日6/30
BB期間7/4~7/8
公募価格決定日7/11
申込期間7/13~7/19
想定発行価格1,060円(106,000円必要)

市場からの吸収金額は想定価格1,060円としてOA含め5.3億円
規模的にJASDAQスタンダードIPOとしては小型サイズですね。

IPO的には不動産関連銘柄ということでややインパクトに欠けますが
IPO想定価格(1,060円)ベースで5.3億円小型IPOということで、
さすがに公募割れはないだろうという安心感はありますね。
社名はなんとなくネット関連系っぽいですけどね^^;

IPO主幹事SBI証券ということなのでIPO愛好家の間ではIPOチャレ
ンジポイントの話題になると思われますが、使うかどうかは微妙な
銘柄なような気がします。

銘柄的に2倍は厳しいと思うため100株なら30ポイント程度で当選
ないとIPOチャレンジポイントの価値としては不足ではないかと思
います。さすがに30ポイントで当選するとは思えませんが^^;

しかしIPO株数的には複数配分の可能性があるかもしれません。
そうなると200株なら60ポイント300株なら90ポイント程度で価値
ありといった感じでしょうか。
SBI証券のIPO配分ルールが明確でないため難しいところですね。

ただ個人的にはこのデュアルタップ(3469)のIPO参加スタンスは
IPOチャレンジポイントを使わず全力申し込みでいく予定です。

デュアルタップ(3469)IPOの経営指標
デュアルタップ(3469)IPO経営指標
※上記画像はクリックで拡大します。

デュアルタップ(3469)IPOの売上高及び経常利益
デュアルタップ(3469)IPO売上高及び経常利益
※上記画像はクリックで拡大します。

IPO投資用オススメ証券会社

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbicp2016.7.31

マネックス証券公式サイト
マネックス証券タイアップキャンペーン2016.6.30

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp7.31