トビラシステムズ(4441)のIPO公募価格が決まり、IPO(新規上場)
抽選結果もIPO主幹事である大和証券を中心にほぼすべての証券会社か
ら発表されています。いよいよこのトビラシステムズ(4441)がIPO前
半戦(2019年)最後のIPO抽選結果発表となります。

<トビラシステムズ(4441)のIPO関連過去記事>
トビラシステムズ(4441)IPO新規上場承認
トビラシステムズ(4441)のIPO(新規上場)初値予想

この大和証券も個人的には相性の良い証券会社で管理人の過去最高の
IPO当選履歴があり、チャンス回数もしっかりMAXの10回まで貯めて
いるのですが、残念ながら選外(落選)となりました。

トビラシステムズ(4441)IPO選外(落選)画像大和証券
トビラシステムズ(4441)IPO選外(落選)

これで1ヵ月以上のIPO空白期間ができることになります。
さすがにこれだけ当選しないとモチベーションが下がりますね><
当分はまたIPOセカンダリで頑張るしかなさそうです。

トビラシステムズ(4441)のIPO(新規上場)抽選結果と公募価格

このトビラシステムズ(4441)のIPO公募価格はIPO仮条件(2,100円~
2,400円
)の最上限価格となる2,400円で決定しております。

上場市場 東証マザーズ
コード 4441
名称 トビラシステムズ
公募株数 95,000株
売出株数 689,000株
OA 117,600株
IPO主幹事証券 大和証券
IPO引受幹事証券 みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
東海東京証券
いちよし証券
岡三証券
エース証券
マネックス証券
岡三オンライン証券(委託幹事)
上場日 4月25日
IPO仮条件決定日 4月5日
BB期間 4月9日~4月15日
IPO公募価格決定日 4月16日
IPO申込期間 4月18日~4月23日
IPO想定発行価格 2,040円
IPO仮条件価格 2,100円~2,400円
IPO公募価格 2,400円(最上限決定)

そして管理人のこのトビラシステムズ(4441)のIPO抽選結果は以下の
通りとなっております。

大和証券選外(落選)
・みずほ証券:落選
SMBC日興証券補欠という名の落選
SBI証券落選
東海東京証券落選
・いちよし証券:4月18日発表
・岡三証券:落選
・エース証券:証券口座なし
マネックス証券:4月17日発表 → 落選
岡三オンライン証券(委託幹事):落選

こんなにIPOに当選しないのも珍しいです。
IPO申し込みにはもちろんですがほぼ手抜きはありません。

余談ですが、ただ身の回りの出来事は変化しています。
引っ越し、それに伴うプロバイダ変更やパソコン買い換え。
思い返せば引っ越ししてから身の回りでもあまり良いことがありません。
こういうのが何かしらIPOという小さな枠よりも人生全体として影響が
あるのでしょうかね。風水でも見てもらった方がいいのかな^^;

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

松井証券公式サイト
松井証券タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
SBI証券タイアッププログラム

auカブコム証券公式サイト
kabu.comcp2019.4.30

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2019.4.30