★☆★ IPO投資に最低限必要な証券会社(初心者編) ★☆★

当ブログNo.1のIPO当選実績の証券会社!

大和証券IPO
大和証券はA級IPOフィードフォース(7068)のIPO主幹事です。

当IPOブログ限定!証券口座開設タイアッププログラム

SBI証券タイアッププログラム

カブドットコム証券タイアップキャンペーン

ライブスター証券タイアップキャンペーン

2019年株式IPOスケジュール

上場日
BB期間
市場 コード
IPO銘柄名
IPO想定価格
IPO仮条件
評価
6/19
5/31-6/6
札証ア 2976
日本グランデ
720円
720-750円
C→C
6/19
6/3-6/6
東証M 4443
Sansan
3,650-4,500円
4,000-4,500円
D→D
6/20
6/5-6/11
東証M 7066
ピアズ
3,820円
3,220-3,620円
B→B
6/21
6/4-6/10
東証M 7067
ブランディングtech
1,540円
1,600-1,740円
A→A
6/25
6/7-6/13
東証M 4444
インフォネット
1,350円
1,350-1,490円
A→A
6/26
6/10-6/14
東証2部 7677
ヤシマキザイ
1,280円
1,200-1,280円
D→D
6/27
6/11-6/17
東証M 4931
新日本製薬
1,470円
1,350-1,470円
D→D
6/27
6/11-6/17
JQS 7678
あさくま
1,150円
1,150-1,250円
C→B
6/28
6/12-6/18
東証M 4445
リビン・テクノロジーズ
3,820円
3,700-3,900円
A→A
7/5
6/20-6/26
東証M 7068
フィードフォース
1,030円
1,030-1,150円
A
7/18
7/2-7/8
東証M 4446
Link-U
2,580円
-円
A

大和証券の交換ポイントでIPOの当選確率を上げる方法!

<2018年9月28日(金)加筆修正>

もうすでにIPO投資をされている方は多くの方がご存知のことと思われま
すが、大和証券にはIPO抽選を有利にし、当選確率を高めてくれる制度
交換ポイント(チャンス回数)制度があります。

大和証券のIPO抽選配分は15%~25%と、他の大手証券会社に比べると各
段に多いです。ちなみに他の大手証券会社はおおむね10%です。
内訳としては完全抽選枠が10%~15%(※1)でステージや交換ポイント
残高数に応じた「チャンス抽選」と言われるものが10%(※2)あります。

※1:個人のお客様への販売予定数量が20億円以上の場合10%、20億円未
満の場合15%
※2:「新規公開株式抽選参加サービス」への申込数量が個人のお客さまへ
の販売予定数量に満たない場合は5%
尚、上記IPO抽選ルールは2018年10月1日(月)より適用となります。

交換ポイント(チャンス回数)の一覧
大和証券ポイントチャンス回数

このチャンス回数制度も当初はオンライントレードのみの優遇制度でした
が、今では店頭口座でも利用ができるようになっています。
上記画像の左側が店頭口座右側がオンライントレードです。
ちなみに店頭口座でのチャンス回数のステージは以下の通りです。

大和証券ポイントチャンス回数ステージ

他には以下のように売買手数料買付金額で貯めるという方法もあります。

大和証券ポイントプログラム

そしてもう一つは株主優待で貯めるという方法もあります。
これがこの記事の一番のポイント部分です^^
管理人の大和証券交換ポイント(チャンス回数)の貯め方はこれです。

大和証券の株主優待は3月9月年2回です。
1回あたり2,000ポイントの交換ポイントが取得できます。

ということは1年で4,000ポイントの取得が可能ということになります。
そして交換ポイントの有効期限はポイントを付与した年の翌々年12月の
最終営業日までですので、5回連続で株主になればおおむね2年~3年で
MAXの10,000ポイント(チャンス回数10回)を貯めることができると
いうわけです。

管理人は数年前から大和証券の株主優待だけは欠かさず取得している
ので、数年前からMAXの10,000ポイントで10回のチャンス回数があり
ます。もちろんその間にチャンス回数の恩恵を受け、チャンス当選
何度も頂いたことがあり、数十万円の利益を頂けたIPOもあります。

ということでIPOでのポイントはSBI証券IPOチャレンジポイント
有名ですが、このように大手証券会社でも店頭口座でなくネット口座
でもIPOの当選確率を高める方法があるということは今後IPO投資
されていくのであれば知っておかれた方が良いと思い、ご存知の方も
多いと思いますが改めて記事にしてみました。
ご参考になれば幸いです^^

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

 

8 Responses to “大和証券の交換ポイントでIPOの当選確率を上げる方法!”

  1. NK より:

    いつも楽しく拝見しています。
    大和証券のポイントプログラムの件でお聞きしたいのですが、ポイントを得るために株を購入するのは他の証券会社でもOKですよね!もちろん大和の口座は持っていますが、手数料が高いので他の証券会社で売買したほうが有利なもので。手続き上で大和のほうが良いとかありますか?
    管理人さんは年に何度も売買されてるようですがその点どうされてますか?以上よろしくご教示お願いします。

    • 西 和仁 より:

      こんにちは、NKさん。

      もちろん他の証券会社でも大丈夫です。
      大和証券で取得した方が良いという理由は
      特にありません。

      私も手数料の関係でカブドットコム証券か
      松井証券を利用しております^^;

      すいませんが、最後の年に何度も売買という
      のは何のことでしょうか。
      読解力が無くて申し訳ございません。

      • NK より:

        ご回答ありがとうございます。手数料の安い証券会社で権利を得て、チャレンジします。年に何度も売買とは、権利を得たらすぐ売却されているようなので、手数料が馬鹿にならないだろうと思いこの質問になりました。しかし他の記事で信用売りを組み合わせて手数料がかからないようにされているのが解り、さすがだと感心させられました。

        • 西 和仁 より:

          こんにちは、NKさん。

          メールの件もすでに対処しておりますのでご安心下さい。
          また当記事でご理解頂けて良かったです。
          今後ともよろしくお願い致します。

  2. ponchi より:

    いつも大変参考にさせて頂いています。

    最近、大和証券の当選(チャンス回数5回)も下がり始めていたので、この記事を確認していました。

    そこで確認なのですが、大和株1000株取得(保有)していた場合、3年目頃にはチャンス回数10回になると思いますが、その後は1000株保有している間は、チャンス回数10回は続くと考えていいですよね!?1万ポイント以上になり、次の2000ポイントを取得したら1番古い2000ポイントを交換(商品等)していけば、常に1万ポイント以上になり、チャンス回数10回が継続されると言う考え方で間違いないでしょうか。

    当方、今まで勘違いで1万ポイント貯まったらポイント残高でなく、ポイント交換して権利を得ると思い数年に1回しかチャンス回数10回にならないと解釈してました…

    • 西 和仁 より:

      こんにちは、ponchiさん。

      おおむねおっしゃる通りです。

      保有もしくはクロス取引を3年連続で行えば
      3年目以降は10,000ポイントを維持できます。

      ただし一時的に短期間ですが8,000ポイント
      になる時期があります。

      • ponchi より:

        ご教授有難うございます。

        確かに計算すると、一時的に8000ポイントになりますね…

        5000株取得も考慮し効率的な方法を考えてみます。
        今時、大和証券株をクロスで5000株取得できるんでしょかね!?…

        • 西 和仁 より:

          こんばんは、ponchiさん。

          先月はチャンス抽選ルール改定からか制度信用
          で逆日歩が付いていましたね。
          ただ、一般信用枠は最終日まで残っていました。

          今後はどうなるかわかりませんが、個人的な
          見解としては先月が一番の山場かと思っていま
          したので、今後も大丈夫かとは思っています。

コメントをどうぞ

*

※非公開コメントは受け付けておりませんので、非公開をご希望される方
 は直接こちらよりご連絡下さいませ。 ⇒ 管理人に連絡する

※まともな内容であれば必ずお返事させて頂きますが、明らかにおかしな
 お名前や誹謗中傷などにはお返事させて頂かないこともございますので
 あらかじめご了承下さい。

サブコンテンツ

IPOゲッター公式LINE@

IPO情報はもちろんですが、当IPOブログでは語れないIPO情報以外のマル秘情報も配信中。
1対1のチャットも可能です。


友だち追加

IPO投資に必要な証券会社

IPO投資をする上で口座開設しておいた方が良い証券会社のIPO抽選割合や特徴を下記にてご紹介しています。


●SMBC日興証券

SMBC日興証券

・IPO10%以上を完全抽選
SMBC日興証券のIPO詳細1
SMBC日興証券のIPO詳細2
SMBC日興証券のIPO詳細3
SMBC日興証券ダイレクトコース限定IPO優遇特典の詳細
SMBC日興証券のIPOステージ制度の恩恵を受けるために

●大和証券

大和証券

・IPO10%~15%を完全抽選
更に落選者の方から5%~10%を交換ポイント残高に応じたチャンス抽選あり
大和証券のIPO詳細

●SBI証券

SBI証券

・IPO70%完全抽選
・IPO30%チャレンジポイント
SBI証券のIPO詳細1
SBI証券のIPO詳細2
SBI証券のPTS詳細
SBI証券のNISA口座詳細
SBI証券の証券口座詳細
SBI証券IPOチャレンジポイント
SBI証券でジュニアNISA
SBI証券で株主優待
SBI証券でIPO機会損失
SBI証券のIPO抽選配分ルール
SBI証券の個人型確定拠出年金

●カブドットコム証券

カブドットコム証券

・IPO平等抽選
カブドットコム証券のIPO詳細1
カブドットコム証券のIPO詳細2

●東海東京証券

東海東京証券

・IPO10%以上を完全抽選

管理人のIPO当選履歴

ネット申込みが可能に!

JR九州(九州旅客鉄道)のIPO株もしっかり頂きました!

平幹事でMTGのIPO頂きました


●岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・IPO100%完全抽選
岡三オンライン証券のIPO詳細1
岡三オンライン証券のIPO詳細2
岡三オンライン証券のIPO詳細3

●松井証券

松井証券

・IPO70%完全抽選
株主優待取りなら松井証券!
松井証券がPTS取引(夜間取引も可能)を開始!

●ライブスター証券

ライブスター証券

・IPO100%完全抽選
ライブスター証券のIPO詳細

●マネックス証券

マネックス証券

・IPO100%完全抽選
マネックス証券のIPO詳細1
マネックス証券のIPO詳細2
マネックス証券のIPO詳細3
マネックス証券のNISA口座詳細
マネックス証券の米国株詳細1
マネックス証券の米国株詳細2
マネックス証券の米国株詳細3
マネックス証券の米国株詳細4
マネックス証券の米国株詳細5
マネックス証券の米国株詳細6
マネックス証券のIPOメリット1
マネックス証券のIPOメリット2
マネックス証券のTradeStation

●楽天証券

楽天証券

・IPO100%完全抽選
楽天証券のIPO詳細

●GMOクリック証券

GMOクリック証券

・IPO100%完全抽選
GMOクリック証券のIPO詳細

●立花証券

立花証券

・IPO10%以上を完全抽選

●岩井コスモ証券

岩井コスモ証券

・IPO10%以上を完全抽選

●丸三証券

丸三証券

・IPO10%完全抽選
丸三証券のIPOの謎

●野村證券

野村證券

・IPO10%以上を完全抽選

このページの先頭へ