大英産業(2974)ののIPO新規上場)初値が付きました。
当初の予想通り残念ながら公募割れスタートとなってしまいました><
令和初の記念すべきIPO、せっかく頂いたIPO当選に加え、もしかする
との可能性にかけて管理人はこの大英産業(2974)のIPO株を100株
け保有していました^^;

この記事は愚痴が多く、読んでいて気分を害されるかもしれませんので、
この先を読み進める方は上記をご理解下さい。

<大英産業(2974)のIPO(新規上場)初値結果>
公募価格:1,520円
初値価格;1,330円(9:31初値形成)
初値売却損:-19,000円
初値買い資金:0.6億円(6,000万円)

正直朝の寄り前気配を見た時は昨年末のクソ株ポート(7047)の惨劇を
思い出してしまいましたが、公募割れとは言え思った以上に高い位置で
の初値形成となってくれたのは不幸中の幸いです。

ただ上記の通り初値買いに入った資金はわずか6,000万円です。
この数字はさすがにもう笑うしかありませんね^^;
IPOセカンダリも当然のごとく閑古鳥が鳴いています。

ちなみに先日上場したバルテス(4442)に入った初値買い資金は17.7憶
です。なんなのでしょうかこの大きな差は。主幹事の差、上場市場の
差でしょうか。大人と乳児の差ほどありますね。

もちろん管理人は中長期で保有する気などまったくなく、マイルールに
従って初値にて売却しておりますので手数料込みで-19,193円の損失です。
ただでさえ少ない今年(2019年)のIPO利益がまた少なくなりました><

大英産業(2974)のIPO初値売却エイチ・エス証券
大英産業(2974)IPO初値売却

しかも驚いたことにこれはおそらくIPO幹事の買い支えとなるオーバー
アロットメント分15,000株の買いは入っていないような雰囲気でした。
少なくともポート(7047)はオーバーアロットメント分の買いは入って
いました。自社利益優先で投資家保護の観点はまったくないようです。

もちろん企業なので自社利益優先は仕方ないことだと思いますが、ここ
まで露骨にやらなくても良いかとも思います。ただ手数料が意外と安い
ことには普通に驚きました^^;

地方上場エイチ・エス証券主幹事IPOは今後要注意とインプットして
おきます。二度と参加することはないでしょう。これも教訓ですね。
とりあえず管理人の中ではこの大英産業(2974)もクソ株認定です。

そもそもここまでの不人気銘柄の公募価格が仮条件の上限で決まったと
いうこと自体がウソくさい話です。大人の事情でしょうか。

と愚痴ばかりになってしまい本当に申し訳ございません。

ただそれでも往生際の悪い管理人は別の銘柄で一応損失をカバーするこ
とに成功しました^^

とある銘柄の現物取引履歴SBI証券
とある銘柄取引2019.6.4

信用買いするつもりが急いでいたため間違えて現物買いしてしまいまし
た。とりあえず手数料込みで+18,060円の利益です。

とある銘柄の信用取引履歴SBI証券
とある銘柄信用取引2019.6.4

こちらは間違えることなく信用で買えましたが後場にまたぐのがイヤだ
ったので前場の引け間際で微益ですが決済致しました。手数料込みで
+5,244円の利益となり、合わせて+23,304円の利益となりました。

大英産業(2974)の損失なんてクソくらえです。
本当に最後まで汚い言葉を使ってしまい申し訳ありませんでした。
それほど悔しかったとご理解下さい。

<追記>
ピアズ(7066)のIPO仮条件が決まりました。

IPO想定価格:3,820円
IPO仮条件:3,220円~3,620円

こんな風に大英産業(2974)も遠慮すれば良かったんだと思いますが。
主幹事が違えば結果もまた違うかったでしょうね。

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
SBI証券タイアッププログラム

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2019.6.30

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2019.6.30