実は今、某ASP業者(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と
トラブル(?)になっています。

先日、そのASP業者より突然「契約終了」のメールが来ました。

メールの内容とは

規約に基づき、サイトの監視を行っている。監視の結果、規約違反
が発見されたので契約を終了します。

との事。

(規約通りの文面を書くと業者が特定できてしまうので、一部加筆
修正をしています)

始めは私自身、何も見に覚えが無かったので、間違いメールか何か
かと思っていましたが、ログインができなくなっている事にあわてて
このメールが間違いでない事に気付き、そのASP業者に電話にて
連絡をしました。

担当者不在との事だったので、戻り次第電話連絡が欲しい旨を電話を
取られた方に伝えました。

担当者の帰社予定時刻になっても連絡が来ず、再度電話しました。

当初の帰社予定時刻よりも遅くなっているとの事で、再び連絡を待つ
事となりました。

そして何気にパソコンを触っているとメール着信がありました。

待ちに待ったASP業者の担当者からのメールでした。

(電話連絡ではなくメールで連絡を頂きました)

そのメールの内容は
挨拶文と遅れた事の謝罪に始まり、理由が記載されておりました。

強制退会の理由は
某広告のクリックが原因となっております。
クリックプログラムに変更後のクリック成果に関して、前月比で
突出したクリックがあるサイト様に関しましては弊社側で調査させて
頂いております。

御サイトにつきまして、調査させて頂きましたところ、クリックに
関するプログラムが組まれており、不正の可能性が極めて高いと
推測され、いたずらの可能性は極めて低いと判断させて頂いた経緯が
ございます。

との事。

・・・クリックに関するプログラム???

正直、私には何の事かサッパリわかりませんでした。

納得のいかない私はやはりメールでは埒が明かないと思い
電話をし、ようやく担当者と話す事ができました。

しかし残念ながら担当者はメールの内容と同じ事を言うだけ。

とりあえず私自身「濡れ衣」を着せられたままでは納得が
いきませんので、こちらは不正などは一切行っていないと

異議申し立てを致しました。

担当の方は「調べてみますが、無理かもしれません」との回答。

私自身、不正は一切していないのにこんな理不尽な事が起きる
なんて・・・と少し悲しくなりました。

当然数万円あった成果報酬も支払ってはくれません

そしてここからは私の憶測ですが、
おそらくASP業者は勘違いをしていると思います。

強制退会のキッカケに

クリックプログラムに変更後のクリック成果に関して、前月比で
突出したクリックがあるサイト様に関しましては弊社側で調査させて
頂いております。

との記載がありました。

しかし、私にはクリック成果が前月比で突出した明確な理由が
3つあります。

1.私のブログを見て頂いている方ならおわかり頂けるかもしれま
せんが、前月まではおおむね1日1回の更新ですが、2月以降は
更新回数を1日に2~3回に増やしています。さらに、あらゆる
読者層に見に来て頂く為、更新時間にも配慮しています。

当然、更新回数が増えるという事は当然アクセス数も増えます。

アクセス数が増えるという事は必然的にクリック数も増えるので
はないでしょうか?

2.さらに2月以降その問題の某広告のリンク貼付け位置もヘッダー
部に目立つように置き換えました。(今のものとは違います)

ヘッダー部というのは私のブログが表示された時にブログ名などを
始め、画面に表示されている、要するに一番目立つ所です。

3.今までほとんど活用しなかったトラックバックを活用し、
アクセス数を伸ばし、クリック数を伸ばそうとした。

この3点を考えればクリック数が突出するのは当然と思います。

そしてなぜ2月度から上記のような変化を加えたかと言いますと、
その広告のクリック報酬が2月から高額になったので、日頃あまり
アフィリエイトで成果を出せていない私にとっては好都合でした。

簡単にまとめてみますと、

2月度からクリック報酬が高額になった広告に読者様にクリック
して頂く機会を増やす為、広告位置を最も目立つ位置に置き、
アクセス数を増やす為、更新回数をいつもの2~3倍に増やしました。

という訳です。

この行為が不正行為となるなら私はあまりに無知だったと諦めますが、
クリックに関するプログラムが組まれてるなどと事実無根な話をされ
てはあまりにも侵害です。

さらに報酬も全て支払ってくれないとなると、一歩間違えればまるで
悪徳業者です。(少し過剰表現になった事をお許し下さい)

とりあえず担当者からの返事(証拠)を待ってみようと思いますが、
進展しなければ、私自身、戦う術を知りませんので困ったものです。

しかし泣き寝入りだけはしたくありませんので、おそらく掛け合って
はくれないと思いますが消費者センターに電話をする事から始めよう
と思います。

このような記事を書く事で今まで築き上げた読者様への信用が失われ
たかもしれません。アフィリエイト広告で報酬を頂いていた事につい
ても、私の事を残念に思われた方もきっといらっしゃるでしょう。

そしてこの記事が原因でブログが閉鎖に追い込まれる可能性があると
いう事も・・・

しかし全て真実です。何一つ隠し事の無い真実です。

濡れ衣を着せられたままでは私も納得がいきません。

しかし先程申し上げたように私は戦う術を知りません。

もし皆様の方でこういった事に詳しい方がいらっしゃいましたら
私にお力をお貸し下さい。どうかご協力をお願い致します。
(下記より頂いたコメントは絶対に公開致しません)

管理人(西 和仁)にコメント(アドバイス)する場合は下記フォーム
よりコメントをお願い致します。

コメントはコチラ ⇒ 終了しました

ハンドル名とコメントだけで送信可能ですので、
何卒、よろしくお願い致します。

P.S.

おそらくASP業者様もこの記事を見て下さっている事と思います。

何卒、私の真意をご理解下さり、きっちりと調査した上でのご回答を
よろしくお願い致します。

ASP業者との戦い Vol.2へ