IPO愛好家の方であれば一度はIPO当選確率はどの程度なのか考えたことがあるのではないでしょうか。長年IPO投資を抽選で行ってきておられる方であれば特に最近はひと昔前に比べると当選しにくくなっている印象をお持ちかと思います。もちろん管理人自身も最近のIPOの当選のしにくさは身をもって実感しています。

先日も申し上げた通り、このIPOの当選確率が下がっている理由につきましては様々なウワサがあり、FX投資家仮想通貨投資家など別世界の投資家の方の資金がIPO市場に入り込んできているというウワサです。

IPO投資はタダで抽選に参加できて、抽選さえ当たればほぼノーリスクで利益が出せる投資となるので人気が高まるのは当然でしょうね。参加しない理由はありませんし、退場する理由も見当たりません。年々IPO愛好家が増加するのも当然かと思います。

そして今回はどの程度IPOに当選しにくくなったのかということを、管理人のIPOの当選確率をパーセンテージで年度別で記載致しました。もちろんあくまでも管理人自身のみのIPOの当選確率であることをご了承下さい。ちなみに2012年以前はまだデータ化していなかったため、データがありませんでした^^;

年度IPO当選確率
2019年1.3%
2018年1.2%
2017年1.7%
2016年2.9%
2015年3.7%
2014年2.2%
2013年3.6%

この表から2017年以降のIPOの当選確率が目に見えて下がっていることが顕著に伝わるかと思います。上記数字は全プレ級IPOの当選も含んでいるため、この調子で右肩下がりで行くと今年(2020年)は1.0%を切る可能性も否定できませんね。

そしてたまに読者様より「IPOの当選確率を上げる方法は無いのか?」とご質問頂くことがあります。このご質問に対する管理人の答えはただ一つで「証券会社の口座を増やす」ということになります。これはただの確率論で、口座数が増えれば単純にチャレンジ回数が増えるため、分母が増えれば確率が高まるという考え方です。

あと資金力がある方や、継続力がある方は他にも方法があります。すでに有名になっているので割愛しようかとも思いましたが、一応下記に簡単にまとめておきます。

1.SBI証券のIPOチャレンジポイントを貯める

これはもうIPO投資を行っている方なら特にご存知の方が多いと思いますが、資金が少なくても根気さえあれば必ずいつかはA級IPOでも当選できるという方法です。このSBI証券は落選するたびにIPOチャレンジポイントというポイントが1ポイントもらえます。このポイントを貯めれば必ずA級IPOに当選できるという優れものです。

SBI証券IPOチャレンジポイントとは

ちなみに管理人はこれまでIPOチャレンジポイントを使用した際の当選は7回あり、それに伴って得た利益額は合計2,582,000円あります。詳細は下記の過去記事に記載しております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SBI証券公式サイト

2.大和証券でチャンス回数を増やす

このチャンス回数を増やせばIPOの当選確率が上がります。チャンス回数はMAX10回まで増やすことが可能で、預かり資産評価額に応じてステージが決まり、ステージを上げることでチャンス回数が増え、IPOの当選確率が上がります。ちなみにこれまで管理人はこのチャンス抽選でのチャンス当選は17回あります。

大和証券ステージ抽選

これまでは株主優待でチャンス回数を増やす方法がありましたが、残念ながら2021年3月31日をもって株主優待で増やすサービスは廃止となるため、今後は預け入れ資産で増やす方法しかありません。お金持ち優遇制度と言われていますが、年に1回ステージを上げておけば1年間適用されます。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 大和証券公式サイト
大和証券IPO

3.SMBC日興証券でステージランクを上げる

これはSMBC日興証券のダイレクトコース限定で導入された制度ですが、預り資産残高及び信用取引建玉金額に応じて設定された4つのステージにてIPO当選確率が最大25倍になるステージ別抽選となります。

SMBC日興証券ステージ判定条件

このSMBC日興証券のステージ判定は、上の大和証券と違い、毎月末の判定となるため、正真正銘のお金持ち優遇制度となります。プラチナ(25倍)を目指そうと思えば毎月5,000万円が必要ということになり、管理人にはとても無理ば額です。ちなみにこれまで管理人はこのステージ抽選での当選は残念ながら一度もありません。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SMBC日興証券公式サイト
SMBC日興証券IPO

他にもIPOの当選確率を高める方法はありますが、現時点ではその方法は使えないのであえて記載でのご紹介はやめておきます。またもしその方法が使えると正式に発表されればその時にでもご紹介させて頂きたいと思います。年に数回はあるかと思いますので。

いずれにしても、今後IPO投資が厳しくなっていくということは今回の管理人の当選確率を見て下さいますと一目瞭然かと思いますが、IPO投資がやはり数少ないローリスク投資法という点で考えるとまだまだ諦めたくはないですね。とりあえずもっと優位性のある投資法が見つかるまでは今年(2020年)もIPOにコツコツと申し込んで行きたいと思います。

会員登録だけでAmazonギフト券1,000円分プレゼント!

人気の会員登録だけでAmazonギフト券1,000円分プレゼントキャンペーンです。
SAMURAI証券Amazonギフト券1000円

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。2020年1月中に有料級の情報を配信致します。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加