12月IPOラッシュもそこそこ落ち着いてきて少々余裕が出てきたので、
今回は読者様のご質問にお答えさせて頂きます。もちろんご質問者様
には個別で返信済みです。

当ブログの読者様より頂くご質問内容で意外と多いのが、
IPO株は初値で売却しますか?
というご質問です。

おおむね過去記事や雑誌掲載時にマイルールとしてIPO株は公募価格を
上回っても下回っても必ず初値で売却します。
とお答えしています。

ですが、中にはIPOセカンダリ的に見て魅力的なIPO銘柄もあります。
そのようなときはどうするのか?
というご質問もたまに頂きます。

ですが、読者様へのお返事はマイルール通り
初値で売却します。
とお答えします。

さらに
魅力的な銘柄であれば初値買いもします。
とお答えします。

初値売却して初値買いって訳がわかりませんよね^^;

ですが今回たまたまジーニー(6562)を例としてお伝えすることができ
そうだったので記事にしてみました。

私は野村證券野村ネット&コール)よりジーニー(6562)のIPO株を
抽選で100株当選することができました。

このジーニー(6562)はアドテク関連ということで人気化することが
予測されていました。ですので当選は本当に嬉しかったです。

ただベンチャーキャピタルの保有株も多く、公開規模もそこそこ大きか
ったので初値が3倍4倍も高騰するということはさすがに考えられませ
んでした。それでも以下の通りおよそ2倍の初値形成となっています。

公募価格:1,350円
初値価格:2,674円
初値売却益:+132,400円

本来であれば少し保有しようかと思う銘柄でしたが、マイルール通り
初値にて売却致しました。

ジーニー(6562)IPO売却野村ネット&コール
ジーニー(6562)IPO売却
※上記画像はクリックで拡大します。

しかし個人的には上記でも申し上げた通りアドテク関連銘柄で魅力的に
思えたので、初値にて買いなおしました。

ジーニー(6562)IPO初値買いSBI証券
ジーニー(6562)IPO初値買い
※上記画像はクリックで拡大します。

そして翌日の寄りで売却致しました。

ジーニー(6562)IPO寄り売却SBI証券
ジーニー(6562)IPO寄り売却
※上記画像はクリックで拡大します。

100株のみの参戦だったので利益は20,400円と微益ですが、とりあえず
利益を出すことができました。

と、このように魅力的なIPO株が当選してもまずは初値で売却し、一旦
利益を確定させます。
その後、自分のメイン口座(管理人はSBI証券)で初値買いします。

これによってIPOIPOセカンダリとで区別することができるため、ズル
ズルと保有するのではなくケジメを付けることができます。

さらに一旦は利益も確定させているので心に余裕もできます。
もちろん余分に株式売買手数料が掛かりますが、平常心で取引できると
いうのが何より冷静に判断できる材料となります。

こういったやり方が正解不正解かは微妙なところかもしれませんが、
株式投資は自分との闘いであると考えているため、少しでも平常心で
取引ができるようにずいぶんと前より無駄な株式売買手数料を支払って
までこのようなやり方をしています^^;

よって結論はIPO株は当選しても必ず初値で売却するということです。

IPOセカンダリ自粛中でしたが、時間に余裕があって良さそうな銘柄が
出てきたので今回は参戦しましたが、本日(12月19日)現在の株価は
低迷しているので市場評価はあまり良くなかったのでしょうかね^^;

IPO投資用オススメ証券会社10

IPO投資用オススメ証券会社ランキング

証券会社タイアップキャンペーン

SBI証券公式サイト
sbiseccp2018.1.31

ライブスター証券公式サイト
live-seccp2017.12.31

岡三オンライン証券公式サイト
okasan-onlinecp2017.12.31

カブドットコム証券公式サイト
kabu.comcp2018.7.31