サーキュレーション(7379)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。7月7社目のIPOとなります。今のところ珍しく重複上場はありません。7月の予定IPO件数(10社)は残り3社で空席は4席、どうなるでしょうね。

サーキュレーション(7379)の上場日は7月27日(火)で今のところは単独上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事はIPO愛好家からの人気が低いみずほ証券となっております。ここ最近はなぜかみずほ証券に偏ってますね。

サーキュレーション(7379)のIPO(新規上場)情報

設立:2014年1月6日
業種:サービス業
事業の内容:プロ人材の経験・知見を活用して経営課題の解決を支援する「プロシェアリングコンサルティング」、他

サーキュレーション(7379)IPO上場承認

上場市場東証マザーズ
コード7379
名称サーキュレーション
公募株数1,020,000株
売出し株数1,104,000株
オーバーアロットメント318,600株
IPO主幹事証券みずほ証券
IPO引受幹事証券大和証券
野村證券前受け金不要
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
岡三証券
いちよし証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
楽天証券100%完全抽選
マネックス証券委託幹事
CONNECT(コネクト)委託幹事
auカブコム証券委託幹事
岡三オンライン証券委託幹事
IPO発表日6月18日(金)
上場日7月27日(火)
仮条件決定日7月5日(月)
ブック・ビルディング期間7月7日(水)~7月13日(火)
公開価格決定日7月14日(水)
IPO申し込み期間7月15日(木)~7月20日(火)
時価総額131.2億円
吸収金額39.3億円
想定価格1,610円(161,000円必要)

そしてこのサーキュレーション(7379)のIPO幹事団(シンジケート)の中には大和証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券岡三証券が入っているため、それぞれグループ会社となるCONNECTコネクト)とauカブコム証券岡三オンライン証券のIPO幹事入りも期待できそうです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ CONNECT(コネクト)公式サイト
CONNECT468_60

詳細や口座開設はコチラ ⇒ auカブコム証券公式サイト

当ブログ限定タイアップキャンペーン開催中!

詳細や口座開設はコチラ ⇒ 岡三オンライン証券公式サイト
岡三オンライン証券

サーキュレーション(7379)のIPO(新規上場)事業内容等

サーキュレーション(7379)はプロ人材と協業し、法人向けに「プロシェアリングコンサルティングサービス」「FLEXYサービス」「Open Ideaサービス」「人が繋ぐ事業承継サービス」と4つのサービスを展開しています。

サーキュレーション(7379)IPO事業系統図

プロシェアリングコンサルティングサービス

主に中小・ベンチャー企業の経営者、大企業の経営者・役員層向けに、プロ人材を活用した、経営課題解決支援サービスを展開しております。

FLEXYサービス

時間・場所の制約に埋もれていた優秀なエンジニア/デザイナーを掘り起こし、企業の必要に応じて、フレキシブルに活用いただける準委任契約型サービスです。

Open Ideaサービス

サーキュレーションに登録しているプロ人材からアイデアを募ることで、短期間で社内内製型新規事業開発では生まれにくい実行可能な多数の事業アイデアを募ることができます。

人が繋ぐ事業承継サービス

これまで「税」「M&A」の観点から語られることが多かった事業承継に対し、プロ人材と共に「人」「事業」の観点から事業承継支援を行っております。


※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

【手取金の使途】
手取概算額1,496,324千円については、①人材の採用等に係る費用及び人件費700,000千円、②当社の認知度向上を目的としたマーケティング費250,000千円、③新サービスとして開発中のソフトウエア開発投資150,000千円に充当し、④残額を借入金の返済に充当する予定であります。
また、上記調達資金は、実際の充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
(サーキュレーションのIPO目論見書より一部抜粋)

サーキュレーション(7379)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

サーキュレーション(7379)の市場からの吸収金額はIPO想定価格1,610円としてオーバーアロットメント含め39.3億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては中型で、やや荷もたれ感を感じるサイズとなります。IPO株数は公募株及び売り出し株合わせて21,240枚と比較的多く、海外への販売はありません。

最近のIPO目論見書はビジョンが前面に出されていることが多く、このサーキュレーション(7379)のIPO目論見書も事業内容欄1ページに丸々ビジョンが書かれていましたが、ビジョンはビジョン欄を設けて、せめて事業内容欄にはビジョンではなく、ちゃんと事業内容を記載してほしいところです。

サーキュレーション(7379)はプロ人材「プロシェアリング」サービスを運営する企業で、プロ人材「プロシェアリング」と呼ばれる高い専門性を有する人材の経験や知見を複数の企業でシェアすることで、雇用リスク無しで即戦力を活用し、経営課題の解決を支援するサービスの提供を行っております。

創業以来8,005件のプロジェクトを支援し、2021年4月末時点でフリーランスや経営者、兼業・副業をしている会社員など17,116人が各テーマごとのプロ人材「プロシェアリング」として登録しており、すでに名立たる有名企業もこのサービスを利用しているようです。

サーキュレーション(7379)IPO人材カテゴライズ

サーキュレーション(7379)IPO導入企業

サーキュレーション(7379)の株主の中にはベンチャーキャピタルの保有株は無く、既存の上位大株主には解除価格無しで180日間のロックアップが掛かっているため、上場時の大きな売り圧力はありません。

公開規模がIPO想定価格(1,610円)ベースで39.3億円と東証マザーズ市場への上場としてはやや荷もたれ感がありますが、6月のような大渋滞にさえならなければ十分吸収可能なレベルかと思われます。

IT系のような派手さは無いものの、独自性が高く、すでに多数の大手企業がサービスを利用していることから、業績も急拡大(2020年7月期のマイナスはCM放映などの先行投資を実施したため)しており、予想以上にニーズは高いようです。とは言えやはりIPOは需給が重要となるため、需給面で見るとひとまずの初値評価はC級評価といったところでしょうか。

とりあえず現時点での管理人の個人的なこのサーキュレーション(7379)のIPO参加スタンスは全力申し込みで行く予定で考えています。IPO株数も公募株及び売り出し株合わせて21,240枚と多くあるので当選の期待値は高くなる一方で、IPO主幹事がみずほ証券というところに一抹の不安を感じています^^;

<追記>
マネックス証券がこのサーキュレーション(7379)のIPO裏幹事委託幹事)になると公式サイトで発表がありました。

サーキュレーション(7379)のIPO取り扱い決定マネックス証券
サーキュレーション(7379)IPOマネックス証券

<追記>
やはりCONNECTコネクト)がこのサーキュレーション(7379)のIPO裏幹事委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。

サーキュレーション(7379)のIPO取り扱い決定CONNECT(コネクト)
サーキュレーション(7379)IPOCONNECT(コネクト)

<追記>
やはりauカブコム証券がこのサーキュレーション(7379)のIPO裏幹事委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。

サーキュレーション(7379)のIPO取り扱い決定auカブコム証券
サーキュレーション(7379)IPOauカブコム証券

<追記>
やはり岡三オンライン証券がこのサーキュレーション(7379)のIPO裏幹事委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。

サーキュレーション(7379)のIPO取り扱い決定岡三オンライン証券
サーキュレーション(7379)IPO岡三オンライン証券

サーキュレーション(7379)のIPO(新規上場)業績等

サーキュレーション(7379)のIPO経営指標
サーキュレーション(7379)IPO経営指標

サーキュレーション(7379)のIPO売上高及び経常損益
サーキュレーション(7379)IPO売上高及び経常損益

口座開設だけでも3,000円GET!今一押しのキャンペーン!

FXTFCP62000
延長が決まったFXTFのキャンペーンで1万円を2万円に増やす方法を完全攻略!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加