リベロ(9245)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。本日は2社のIPO新規上場承認発表がありました。もちろんみんな(発行会社、証券会社、取引所)大好き同日上場です。

IPO新規上場承認発表2社2021.8.23

リベロ(9245)に関しては当記事でご紹介させて頂きますが、もう1社のデジタリフト(9244)のIPO詳細記事についてはまた後ほど別記事にてご紹介させて頂きます。

リベロ(9245)の上場日は9月28日(火)デジタリフト(9244)と2社同日上場、上場市場はIPO市場では人気の高い東証マザーズ市場への上場で、IPO主幹事はまたしてもIPO愛好家人気の高いSMBC日興証券となっております。

8月25日(水)追記

8月24日(火)にジィ・シィ企画(4073)ROBOT PAYMENT(4374)が9月28日(火)上場でIPO発表されたので、4社同日上場となります。

ちなみにこのSMBC日興証券は口座開設後3カ月間はIPO優遇抽選(ブロンズ)対象となるためIPOの当選確率がアップします。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SMBC日興証券公式サイト
SMBC日興証券IPO
口座開設後3カ月間はブロンズステージでIPO当選確率アップ!

リベロ(9245)のIPO(新規上場)情報

設立:2009年5月13日
業種:サービス業
事業の内容:新生活サービスプラットフォームの構築と提供による部屋探し、引越し、電気・ガス等のライフラインの手配、クラウド賃貸契約サービスの提供等

リベロ(9245)IPO上場承認

上場市場東証マザーズ
コード9245
名称リベロ
公募株数478,000株
売出し株数0株
オーバーアロットメント71,700株
IPO主幹事証券SMBC日興証券
IPO引受幹事証券野村證券前受け金不要
SBI証券
いちよし証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券100%完全抽選
東海東京証券
あかつき証券
auカブコム証券委託幹事
IPO発表日8月23日(月)
上場日9月28日(火)
仮条件決定日9月8日(水)
ブック・ビルディング期間9月9日(木)~9月15日(水)
公開価格決定日9月16日(木)
IPO申し込み期間9月17日(金)~9月24日(金)
時価総額88.3億円
吸収金額9.2億円
想定価格1,680円(168,000円必要)

そして上記をご覧の通りこのリベロ(9245)のIPO幹事団(シンジケート)の中には三菱UFJモルガン・スタンレー証券が入っているため、グループ会社となるauカブコム証券のIPO幹事入りもほぼ確定でしょうかね。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ auカブコム証券公式サイト

当ブログ限定タイアップキャンペーン開催中!

リベロ(9245)のIPO(新規上場)事業内容等

リベロ(9245)はグループ会社で、株式会社リベロ及び連結子会社となる株式会社リベロビジネスサポートの2社で構成されており、新生活に関わるすべての人の課題解決と同時に社会課題の解決を目指す新生活サービスプラットフォーム構築と提供をしております。

リベロ(9245)IPO事業概要

具体的には移転に伴う新生活関連サービスという幅広い市場をターゲットとして、新生活サービスプラットフォームの構築と提供を通じて、当該市場における部屋探し、引越し、新電力、ガス小売事業者が販売するガス、インターネット回線等のライフラインの手配、また法人においては社宅管理等をワンストップで提供し、一元管理することで新生活を迎える方へのサポートに加えて、新生活に関わる不動産事業者や引越事業者、ライフライン提供事業者等の幅広いニーズに応える事業を展開しております。

リベロ(9245)IPO事業系統図


※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

【手取金の使途】
差引手取概算額727,796千円に本第三者割当増資の手取概算額上限110,431千円を合わせた、手取概算額合計上限838,228千円については、①移転者サポート事業拡大のための人件費及び採用費、②移転者サポート事業に係る新規契約獲得のための販売促進費及び広告宣伝費、③移転者サポート事業に係る業務基幹システムへの設備投資資金に充当する予定であります。
また、上記調達資金は、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
(リベロのIPO目論見書より一部抜粋)

リベロ(9245)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

リベロ(9245)の市場からの吸収金額はIPO想定価格1,680円としてオーバーアロットメント含め9.2億円と規模的に東証マザーズ市場への上場としては小型サイズとなり荷もたれ感はありません。IPO株数は公募株のみで4,780枚と少なめです。

上述の通りこのリベロ(9245)の事業内容は新生活支援サービス「新生活ラクっとNAVI」をメインサービスとし、クラウド転勤支援サービス「転勤ラクっとNAVI」、クラウド賃貸契約サービス「ヘヤワリ」、引越しプラットフォーム「HAKOPLA(ハコプラ)」など新生活に関わる様々なサービスのプラットフォームの構築及び提供をしています。インターネットを利用した新生活コンサルティングといった立ち位置でしょうかね。

リベロ(9245)IPOサービス及び売上高構成比

リベロ(9245)は2009年の設立からサービス提供者及び依頼者に支持される強固なネットワークを構築し続けており、これまで関わった新生活サービスプラットフォームとしてのサポート数やネットワーク数を見ると以下の通り、多くの実績を持っております。もちろん実績とともに業績もしっかり右肩上がりで堅調に推移しています。

リベロ(9245)IPOネットワーク

リベロ(9245)の株主欄を一見するとカタカナ社名の企業が多くあったので、ベンチャーキャピタルの保有株が多くあるのかと思いきや、ベンチャーキャピタル投資ファンドの保有株はありませんでした。ほぼすべての株主に90日間及び180日間のロックアップが掛かっていますが、一部170,000株のみ公開価格の1.5倍となれば解除され売却可能となります。

リベロ(9245)の上場日は9月28日(火)デジタリフト(9244)と2社同日上場と残念ではありますが、幸いにも両社ともに吸収金額は10億円以下と小粒で同日上場のハンデはほぼ無いかと思われます。

セクターはサービス業となるものの、中身はIPO市場では人気の高まりやすいネット関連、募集株の内訳も売り出し株無しの公募のみで、ベンチャーキャピタル不在、と人気業態の上に余計な売り圧力も無しで需給不安もありません。地合いを考慮しないで言うと評価は間違いなくA級評価でしょうね。地合いさえ回復していれば上場日初日値付かずも十分あり得るかと思います。

よって管理人の個人的なこのリベロ(9245)のIPO参加スタンスは目隠しで全力申し込みで問題無いと考えております。IPO主幹事は個人的には相性の良いSMBC日興証券ということで、一定ステージも上げていることから通常当選はもちろんのこと優遇当選も含めて積極的にIPO当選を狙って行きたいところです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SMBC日興証券公式サイト
SMBC日興証券IPO
口座開設後3カ月間はブロンズステージでIPO当選確率アップ!

<追記>
やはりauカブコム証券がこのリベロ(9245)のIPO裏幹事委託幹事)になると公式サイトで正式に発表がありました。

リベロ(9245)のIPO取り扱い決定auカブコム証券
リベロ(9245)IPOauカブコム証券

リベロ(9245)のIPO(新規上場)業績等

リベロ(9245)のIPO経営指標
リベロ(9245)IPO経営指標

リベロ(9245)のIPO売上高及び経常利益
リベロ(9245)IPO売上高及び経常利益

会員登録だけでAmazonギフト券2,000円GETの大チャンス!

WARASHIBEcp2000
WARASHIBEのキャンペーン大幅増枠!Amazonギフト券2,000円GET!

オススメ情報

IPO歴10年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPOにオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。
line友だち追加