マイクロアド(9553)がIPO新規上場)承認発表されましたので、事業内容や考察および初値予想などに関する詳細をご紹介させて頂きます。昨日(5月26日)はIPO新規上場承認発表が1社あり、6月IPOはこれで12社目となりました。

一昨日5月25日(水)はIPO新規上場承認発表が1社も無かったので、てっきり6月はもう打ち止めかと思いましたが、まだまだ月末集中攻撃は進行中のようです。もう6月末分はお腹いっぱいですが、まだ空席がある上に今日(5月27日)は週末なので、お構いなしで複数社のIPO新規上場承認発表がありそうです。

IPO新規上場承認発表1社2022.5.26

マイクロアド(9553)の上場日は2022年6月29日(水)で、今のところは単独上場、上場市場は東証グロース市場(市場再編後の新興市場)への上場で、IPO主幹事は6月IPO初主幹事でIPO愛好家人気の高いSBI証券となっております。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SBI証券公式サイト
SBI証券

マイクロアド(9553)のIPO(新規上場)情報

設立:2007年7月2日
業種:サービス業
事業の内容:データプラットフォーム事業

マイクロアド(9553)IPO上場承認発表

上場市場東証グロース
コード9553
名称マイクロアド
公募株数669,000株
売出し株数1,645,000株
オーバーアロットメント347,100株
IPO主幹事証券SBI証券
IPO引受幹事証券大和証券
楽天証券100%完全抽選
マネックス証券100%完全抽選
松井証券前受け金不要
岩井コスモ証券
東海東京証券
アイザワ証券
極東証券
丸三証券
水戸証券
むさし証券
SBIネオトレード証券委託幹事
CONNECT(コネクト)委託幹事
IPO発表日5月26日(木)
上場日6月29日(水)
仮条件決定日6月9日(木)
ブック・ビルディング期間6月13日(月)~6月17日(金)
公開価格決定日6月20日(月)
IPO申し込み期間6月21日(火)~6月24日(金)
時価総額123.1億円
吸収金額36.7億円
想定価格1,380円(138,000円必要)

売出株式1,645,000株のうちの一部は欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国及びカナダ除く)の海外投資家にも販売される予定となっており、国内販売株数及び海外販売株数の最終的な内訳は本募集及び引受人の買取引受による売出しの需要状況等を勘案した上で、売出価格決定日6月20日(月)に決定されます。

マイクロアド(9553)はSBI証券主幹事案件ということで、もちろんIPO幹事団(シンジケート)は12社と多く、そこにIPO主幹事がSBI証券となることからSBIネオトレード証券、平幹事の中には大和証券が入っているため、グループ会社となるCONNECTコネクト)がIPO委託幹事(裏幹事)入りとなる可能性が高いことから、最終的には14社まで増えることになりそうです。

詳細や口座開設はコチラ ⇒ SBIネオトレード証券公式サイト
SBIネオトレード証券

詳細や口座開設はコチラ ⇒ CONNECT(コネクト)公式サイト
CONNECT

マイクロアド(9553)のIPO(新規上場)事業内容等

マイクロアド(9553)はグループ会社で、株式会社マイクロアド及び連結子会社11社(株式会社マイクロアドデジタルサイネージ株式会社エンハンス、他9社)、非連結子会社2社及び関連会社1社で構成されており、データとテクノロジーの力によって、マーケティングを変革し、人々の生活をより良いものに、より充実したものにすることを目指して事業運営を行っています。

マイクロアドグループは、データプラットフォーム事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしていませんが、セグメントを構成する主要なサービスとして「データソリューションサービス」「海外コンサルティングサービス」「デジタルサイネージサービス」の3つのサービスによって事業を展開しています。

マイクロアド(9553)IPOビジネスモデル

データソリューションサービス

多様な購買・消費行動を分析し、その分析データを活用して、顧客企業の様々なマーケティングの課題解決を行うサービス「UNIVERS」と、メディア企業向けの広告収益最大化サービス「MicroAd COMPASS」及び企業の総合的なマーケティング課題の解決を行う「マーケティングコンサルティングサービス」を行う「国内コンサルティングサービス」からなります。
マイクロアド(9553)IPOデータソリューションサービス

海外コンサルティングサービス

企業のデジタルマーケティングにおける総合的な課題解決を行うコンサルティングサービスとして、各企業に対する現地でのプロモーション施策の立案、広告枠の買付け及び運用、広告クリエイティブの制作などを行っています。

デジタルサイネージサービス

屋外広告や交通広告のデジタル化の促進と、インターネットを通じたネットワーク化による一元的な広告配信サービスとして「MONOLITHS」の提供を行っており、 「MONOLITHS」はデジタルサイネージを設置しているロケーションオーナー向けのCMS(Contents Management System)で、ロケーションオーナーは「MONOLITHS」によりデジタルサイネージに掲出するコンテンツをWebブラウザよりリアルタイムで配信管理することができます。


※上記動画再生時は音が出ますので音量にご注意下さい。

【手取金の使途】
手取概算額834,362千円については、①データソリューションサービスにおける人材の採用費として、294,362千円(2023年9月期に103,026千円、2024年9月期は前期の採用人材に係る人件費と合わせ191,336千円)、②システム開発資金として、540,000千円(2023年9月期に270,000千円、2024年9月期に270,000千円)にそれぞれ充当する予定であります。
(マイクロアドのIPO目論見書より一部抜粋)

マイクロアド(9553)のIPO初値予想主観及びIPO参加スタンス

マイクロアド(9553)の市場からの吸収金額はIPO想定価格1,380円としてオーバーアロットメント含め36.7億円と規模的に東証グロース市場への上場としては中型サイズとなり、やや荷もたれ感のある水準となります。IPO株数は公募株及び売り出し株合わせて23,140枚とやや多めにありますが、海外投資家への販売もあります。

上述の通りマイクロアド(9553)の事業内容はデータプラットフォーム事業ということで、消費者のオンライン・オフラインの膨大な消費行動データを集約したデータプラットフォーム「UNIVERSE」を軸に、業界業種に特化した様々なマーケティングプロダクトを展開しています。

マイクロアド(9553)のデータプラットフォーム「UNIVERSE」は企業の保有する顧客CRMデータ、マイクロアドが保有する4億ユニークブラウザのPCおよびスマートフォンの行動データを、単一のIDによって統合的に結び付け分析する機能を提供しています。マイクロアド(9553)がハブ(中継)になり、第三者のデータ保有企業との連携も支援し、様々なデータを統一的なIDで、横断的に集約・分析する環境を提供しています。

マイクロアド(9553)IPO UNIVERSE

マイクロアド(9553)は2007年7月に東証プライム市場上場のサイバーエージェント(4751)により100%出資の子会社として設立されています。

そのためサイバーエージェント(4751)はマイクロアド(9553)の親会社であり筆頭株主で、発行済株式総数の63.0%を保有しています。IPO新規上場)後は親会社からその他関係会社となる予定となっているため、親子関係は解除される予定となっています。役員や出向者の派遣も無く、人的関係もありません。第二位株主はソフトバンク(9434)で発行済株式総数の19.7%を保有しており、現在はその他関係会社に該当しますが、IPO新規上場)後はその他関係会社から該当しなくなる予定となっています。

マイクロアド(9553)の直近の業績はお世辞にも良いとは言えず不安定な状況で、どちらかと言うと業態的にはすでに成熟状態と言ったイメージが強く、公開規模はIPO想定価格(1,380円)で36.7億円と海外投資家への販売があるものの、東証グロース市場への上場としてはやや荷もたれ感もあります。IPOラッシュということも含めると初値評価はD級評価寄りのC級評価といったところが妥当でしょうか。

いずれにしてもこの規模感になるとIPO参加スタンスを決めるにはまだ早く、とりあえず管理人の個人的なこのマイクロアド(9553)のIPO参加スタンスは中立で、今後の株式市場の動向や大手初値予想会社の見解を見ながら決めて行きたいと思います。次回初値予想記事の時までにはIPO参加スタンスを決める予定です。

IPO主幹事はSBI証券で、そこそこのIPO株数があるため、海外販売分を除いたとしても当選確率は比較的高そうな感じがします。IPOチャレンジポイント使用時の「複数配分廃止説」のウワサもあるため、IPO愛好家としてはIPOチャレンジポイントボーダーよりも配分数が気になるところです。とは言えポイントを使用する予定はしていませんが^^;

マイクロアド(9553)のIPO(新規上場)業績等

マイクロアド(9553)のIPO経営指標
マイクロアド(9553)IPO経営指標

マイクロアド(9553)のIPO売上高及び経常損益
マイクロアド(9553)IPO売上高及び経常損益

投資家登録(無料)だけでAmazonギフト券1,000円GET!

CREAL
クリアル(CREAL)とAmazonギフト券1,000円GETのタイアップ開催中!

オススメ情報

IPO歴15年以上の管理人のIPO当選実績を基にランキング形式でIPO投資にオススメの証券会社をご紹介させて頂いております。
IPO投資用オススメ証券会社ランキング

IPO情報はもちろん、下記IPOゲッター公式LINEでしか語れないマル秘情報も配信頻度は多くありませんがたまに配信しています。もちろん1対1のチャットも可能ですよ。 line友だち追加